離婚うつの原因と乗り越え方とは?

近年では、様々な原因でうつ病になる方が増えてきました。うつ病と聞くと人によっては「気持ちが弱いだけ」などと誤解されている方もいます。

しかし、うつ病というのは通常の病気と同じなのです。一昔前までは、そんな病気は認められていなかったですが、現代では非常に多くの方がうつ病に悩まされています。

うつ病の中でも離婚が原因で起こる『離婚うつ』というのをご存知ですか?これには大きく分けて2つあり、離婚の最中にうつになる場合と、離婚してからうつになる場合があります。

今回はどちらも含めた意味で『離婚うつ』について話していきます。基本的にうつ病になると、人体にとって悪影響となる様々な症状が起こります。

集中力がなくなる、落ち込みやすくなる、否定的になる、食欲がなくなる、体が重くなる、死にたくなるなどの症状が起こるのです。

うつ病は一般的には自分では気付きにくいので、このような症状が頻繁に起こるようであればうつ病の危険があります。

では、離婚うつになってしまう原因と、それを乗り越えていく方法を紹介します。

離婚うつの原因と乗り越え方とは?

お金の悩みが尽きない

お金について悩む夫婦

離婚後に大きな悩みとなってくるのがお金のことです。離婚後は養育費に生活費にと、独身の頃とは比べ物にならないくらいお金がかかります。

離婚後にお金のやりくりが難しくなり、多額の借金まで背負ってしまいうつ病になってしまう方が多くいます。

離婚後にお金のことで悩むケースで多いのが、離婚時にお金の話をきちんとしなかったことが原因です。特に養育費というのは子供が成人するまでかかってくる問題です。

けっして甘く見るべきではなく、子供を育てるということはお金がかかるのです。早く別れたいばっかりに、養育費の取り決めを書面で交わさないでおくと後で後悔します。

口約束などというものは、ほとんどの男性が破ります。初めは自分の子供が可愛いので払ってくれるかもしれませんが、もし新しい奥さんとの間に子供ができたらどうでしょう?

そういった場合に養育費の支払いがピタッと止まるケースが多々あります。手に職がない方であれば、親の協力なしではとても1人でなんとかなる問題ではありません。

そうやって借金が重なっていき、取り立てが厳しくなればうつ病にも繋がっていきます。

今後の将来が不安になる

夫婦の将来

離婚後の将来が不安になり、うつ病になってしまう女性もいます。1度離婚したとしてもまた新しくパートナーを見つけたいと思う女性も多くいます。

当然、女性1人で生きていくよりも男性と生きていった方が生活が楽になります。しかし、若い頃のように男性にモテるとは限りません。

厳しい現実ですが、若さというのはそれだけで女性にとっては武器になります。昔よりも若さがなくなった以上、他のところで勝負しなければいけなくなります。

思っていたよりも、新しいパートナーを見つけることの難しさに気付くときが来ます。ましてや、子供が場合は余計に男性が近寄ってきにくくなります。

女性側も1度離婚を経験している以上、パートナー選びにも極度に慎重になってしまいがちです。自分の気が付かないところで理想ばかりが上がっていってしまうのです。

夫の浮気やDVが原因

DVを繰り返す夫

夫の浮気やDVというのは、夫婦が離婚に発展する典型例です。しかし、浮気やDVにずっと耐え続けている女性もいます。

子供のためにも何とか離婚だけは避けたいと思って、浮気され続けても耐えてしまうのです。DVも同じで体がアザだらけになっても耐えてしまうのです。

そうなれば、当然精神的に辛くなってきます。そんな辛い生活を耐え続けていたら、うつ病になるのも当然です。

確かに、夫婦生活にはある程度耐えるということも必要ですが、いくらなんでも限度というものがあります。自分が悪くないのに、必要以上に耐える必要はありません。

もちろん様々な理由がありますが、体が崩壊しては元も子もありません。健康な体あっての人生です。うつ病になる前に対策をとりましょう。

『離婚うつ』の乗り越え方とは?

絶対に1人で抱え込まない

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。