「離婚したくない!」女性ができる7つのことは?

ある日、突然夫から離婚したいと切り出されたら、あなたはどんな反応をしますか?おそらくあまりに急なことで、どうしていいか分からないですよね。

そもそも夫が離婚したいと言った理由もよく分からない場合もあります。浮気やセックスレス、性格の不一致、夫婦の離婚原因には様々な理由があるのです。

なによりも、あなたは離婚したくないという場合はなにか対策を取らねばなりません。あなたの反対の意思表示に夫がなかなか答えてくれない場合もあります。

しかし、一度離婚を考えた相手がもう一度考え直し、夫婦関係を戻すということは可能です。夫婦の関係は、実はささいなこと気づかぬ間に亀裂が入ることがあります。

どちらか一方だけが溜め込んで、1人で悩んで離婚に先走ってしまうこともあるのです。ですが、自分に非がなく、納得できない離婚なら全く受け入れる必要はありません。

必ず、どこかに解決策があるはずなので焦りは禁物です。では、あなたが離婚したくないと思ったときに取るべき行動をまとめてありますので、参考にしてみてください。

「離婚したくない!」女性ができる7つのことは?

離婚の原因を追究する

離婚の原因を追究する女性

離婚を決意したのには、様々な理由があるはずです。もちろん表面的な理由は離婚したいと言われたときに聞いているかもしれません。

しかし、あくまでそれは離婚を迫るためのきっかけに過ぎない可能性もあります。あなたが聞かなければ夫は離婚をしたい本当の理由を隠しているかもしれません。

そんなときに、あなたが無理に色々と聞き出せばさらに不快な気持ちにさせてしまう可能性もあります。ですので、まずは一度あなた自身が自分を見つめ直すのです。

夫婦生活で何か至らない点がなかったか、夫が何か不満を言ってなかったか、女を捨ててなかったかなど様々な原因が考えられます。

今一度、本当の原因を探ってみて直せるところがあれば1つずつ直す努力をしていくといいでしょう。

とにかくコミュニケーションをとる

彼とのコミュニケーションをとる女性

夫婦生活に最も欠かせない1つが会話です。中には会話をしない関係でもうまくいっている夫婦もありますが、会話をすることで相手の気持ちを知れます。

離婚を考えるとき、普段のコミュニケーション不足ということがお互いのすれ違いを起こしていることがあります。

仕事が忙しくて、あまり顔を合わせる時間がない場合でも、1日1分でもいいので顔を合わせて会話をしてみてください。

この努力を毎日繰り返すことで、お互いの信頼関係が回復してきます。相手が話してこないのなら、自分から積極的にコミュニケーションをとるように努力することが重要です。

会話の内容は、どんなことでも構わないのです。大事なことは、毎日たわいもない会話をしてコミュニケーションを楽しむということです。

話し合いを長引かせる

彼との話し合い

夫が一度離婚を決意してしまうと、早く別れてスッキリしたいという気持ちから勢いづいてしまいます。そんなときは、離婚する前に何度も話し合いの場をもうけて長引かせるのも手です。

話し合いで折り合いがつかなくても、長引けば長引くほど相手は離婚の熱が冷めてきます。ですので、話し合いで解決する目的ではなく相手の気持ちをいったん静める目的で行います。

一度離婚調停に持っていかれてしまうと、ほぼ修復は不可能になってしまいますので、それだけは避けねばなりません。

離婚を決意した夫の足を一度止めて、冷静な状態で時間をかけて解決の糸口を見つけていきます。男性は怒りでカッとなっているときが一番勢いがあるので、それが過ぎるのを待ちましょう。

なるべく別居をしない

別居は避けようとする女性

夫婦の仲が悪くなってときや離婚の話が出たときは、おたがいに距離を置こうとします。そして、一度別居して暮らそうという形になりがちです。

しかし、一方が離婚を切り出して、別居を切り出すとうまくいかないことが多いのです。この場合、別居の期間中に離婚調停などの手続きを進めていることがあります。

一緒に暮らしていると、離婚したくても相手の反対より調停手続きをするのが難しくなります。そういったことを防止するためにも、なるべく別居はしないほうがいいでしょう。

確かに、相手は離婚をしたいと思っているのですから一緒にいたくないかもしれません。しかし、一緒に住んでいれば話し合いや、離婚を回避するためのあらゆる努力ができます。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。