離婚を決意した女性が考えたい7つのことは?

現代の日本では、夫婦が離婚するということもそれほど珍しくなくなってきました。夫婦生活を送る中で、相手の言動が許せなかったり、腹が立ったりして離婚したいと思うこともあるでしょう。

夫への不満が日々溜まっていき、友人に相談するとあなたの味方をしてくれます。すると、もう離婚しかない、離婚するべきだと思うのも無理はありません。

むしろ、一度も離婚を考えたことのない人の方が少ないでしょう。それほど、赤の他人と一緒に暮らしていくというのは、大変なことです。

しかし、本当に離婚するとなるとあなたの人生は大きく激変します。それは、いい意味もあれば、悪い意味でもあります。

夫からの束縛から逃れたという幸せと、それと同時にお金の問題に直面します。子供の養育費や生活費など、自分自身も稼いでいかなければいけません。

また、バツイチという世間の肩書もついてきます。そういったことも踏まえて、幸せになるための離婚を考えていきましょう。

離婚を決意したときに、本当に考えるべきことをまとめてみました。

離婚を決意した女性が考えたい7つのことは?

本当に離婚という選択でよいのか?

離婚するか思い悩む女性

どういった過程があって離婚を決意したのかは分かりませんが、今一度そこに至った理由を思い返してみてください。

なせ、夫と離婚したいのか?夫のどこが許せないのか?など本気で考えてみてほしいのです。そこで、理由がハッキリしていて改善の見込みもないなら仕方ありません。

ですが、なぜ?という理由が明確に出てこないなら、踏みとどまった方がいいでしょう。少しでも相手に改善の余地があり、あなたが夫のことを思っているなら離婚はまだ早いです。

相手への愛情が少しでも残っているのなら、そこから変えていける努力をしてみることをおすすめします。それでもダメならその時は本気で離婚を決意すればいいのです。

今の勢いだけで離婚を判断するよりも、もう一度真剣に離婚原因について考えてみることをおすすめします。

離婚後のことを考える

離婚後を考える女性

離婚したそれでゴールではなく、新たな人生のスタートでもあります。その後には、あなたは夫なしで生活していかければいけません。

今まで完全に夫の収入に頼って生活していた場合は自分も働きにでるので最初は大変です。夫には子供の養育費を払う義務はあっても、あなたの生活費を払う義務はありあません。

生活していくには、最低限の衣食住が必要不可欠です。住む場所は決まっているか、毎月生活できるだけの収入が見込めるかなど、真剣に考えておかないと必ず後悔します。

自分だけならまだしも、子供がいる場合は教育にも影響が出てきます。「なんとかなるでしょ」という甘い考えは非常に危険ですので、前もって入念な計画を立てておいてください。

もし、まだ具体的に決まっていないのなら離婚の話はその後でもいいでしょう。

離婚後にもらえるかもしれないお金について

離婚後にもらえるかもしれないお金を計算する女性

まず、収入の少ない主婦にとっては離婚後の生活が1番の問題となります。実際の話、親の援助があればまだいいですが、それも厳しい場合は何とかして食べていかなければいけません。

そこで離婚後にもらえる可能性があるお金についてあらかじめ把握しておく必要があります。やはりもらえるものは全てもらっておいたほうがいいです。

たとえば、母子手当や児童手当などの公的な制度を利用するというものです。こういった制度はお住いの市区町村に問い合わせれば教えてくれます。

自分がどの制度の対象になるのかを事前に知っておくと計画が立てられやすくなります。また、母子家庭の住宅手当なども受けられる場合があります。

これらは、お住いの市区町村で制度が違うので、一概には言えませんが分からないときはとにかく聞いてみることをおすすめします。

離婚の際に相手に慰謝料を請求する準備

慰謝料の請求準備をする女性

どういった離婚原因により、離婚を決意されたのかは分かりませんが、相手に原因がある場合は慰謝料を請求できることがあります。

また、不貞行為などの場合は同時に夫の相手側にも慰謝料を請求できます。これらを請求していく際には必ず証拠が必要になります。

実際に離婚の話し合いになる前に、しっかりと証拠を押さえておきましょう。また、慰謝料の計算をする場合にも、分からなければ弁護士等に相談しておくといいでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。