離婚して後悔しがちな7つのことは?

現代社会では夫婦の離婚というのも珍しくないものになってきました。新しいスタートという意味でも離婚には大きなメリットがあります。

でも、離婚にはデメリットも生じます。離婚後しばらくは、嫌だった夫婦生活から解放されて清々しい気分ですが、何年も月日が流れると色んな事を思い始めます。

特に、今まで専業主婦で働いたことがない方は、多くの苦労が待っています。経済的なく苦しみや仕事と子育ての両立で精神的に病んでしまうケースも珍しくありません。

若い頃は、片親の家庭を他人事のように見ていたけれど、離婚して初めて片親の大変さが分かるなんて事もあります。

しかし、離婚というのは本人からすれば夫婦生活が嫌になって新しいスタートが切れたのだから喜ばしいことのはずです。

それなのになぜ離婚をしてしまったことを後悔するのでしょう?実は離婚をした方は、様々な理由で後悔しているのです。

これから離婚を考えてる方は、離婚後に後悔しがちなことを知っておいたほうがいいでしょう。そのうえでご自身が離婚を考える際の参考にしてみてください。

離婚して後悔しがちな7つのことは?

仕事と子育ての大変さ

仕事と子育ての両立

子供も産むと女の人は強くなるといますが、離婚して片親になると母親としてさらに強くなります。自分がこの子を育てるんだという責任感から一生懸命になるからです。

子供は親がいないと生きていけないから、母親だけが頼りなのです。2人で生活していかなければいけないため、ガムシャラに働く毎日でだんだんと疲労も溜まってきます。

仕事から帰ってきたらビールでも飲みながらゴロゴロというわけにはいきません。帰ってからも子育てに家事という大切な仕事が待っています。

ときにイライラしてしまい、子供に当たってしまうこともあります。そんなときは、必ず後で子供に対して申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

自分の時間がほとんど取れないことが、自分自身をどんどん追い込んでいってしまっているのです。

経済的に苦しくなる

経済的に苦しい家庭

父親が物凄くお金持ちなら別ですが、多くの場合は離婚時の財産分与も雀の涙です。いくら養育費をもらっているとしても、それだけでは必ず生活に困窮してきます。

今まで、社会に出ていなかった主婦の方には高給取りの就職も難しく、余裕のある生活は難しいでしょう。

そうなると、子供に欲しいものも買ってあげられない、服も中古ばかりと何かと節約の毎日になります。子供が大きくなるにつれ、習い事や受験など、お金の問題は山積みです。

また、離婚後は新居の引っ越しなど、何かとお金がかかります。女性1人で生計を立てることは大変な苦労がつきものです。

まずは、離婚の際には自分に不利な内容にならないように夫とお金の話をきちんとまとめておくことが重要です。

時間がとにかくなくなる

足りない自由な時間

結婚していたときは、夫が働きに出ていたのでその間の落ち着いた時間に友人とランチやテレビを見る時間があります。

しかし、離婚後は昼間は自分が働きに出なければいけません。帰ってきても子育てに追われ夕食の支度、子供の学校の宿題や準備、小さい子がいれば寝かしつけるまでとにかくフル稼働です。

こんな状態では、とてもじゃないけれど自分の時間なんて取れません。人は生きていくうえで自分の自由な時間というのはとても大切です。

ストレスを抱えたまま放っておけば、うつ病になるケースもあります。そうなる前に、できるだけ両親の力を借りるなど、頼れる人がいれば遠慮なく頼った方がいいです。

あなたを育ててきた親ならあなたの苦労もきっと分かってくれるはずです。

再婚が難しくなる

人気のない既婚者

離婚後しばらくは、結婚なんて考えたくないと思う方が多いです。その後少し落ち着いてくると、子供のためにも自分の老後の為にも新しい夫を見つけたいと思うようになります。

やはり、1人で子供を育てていくのは大変ですし、将来1人というのも不安になります。再婚のために婚活をするも、独身の頃のようにうまくはいきません。

バツイチということで、多くの独身男性から恋愛対象として見られないことも多いのです。特に子供がいる場合は、男性はあなたと近づく前に将来のことを考えてしまい、一歩引いてしまいます。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。