離婚のきっかけとなる7つの出来事とは?

現代では愛し合って結婚した夫婦でも3人に1人は離婚するという時代です。離婚に至るには夫婦に必ず何か原因があるはずです。

離婚の原因としては、様々なものがあるますが、よくある離婚理由というのはある程度決まっています。1番イメージされやすいのが浮気じゃないでしょうか。

しかし、近年では浮気ばかりではなく、それよりも多い離婚の原因が存在します。夫婦の在り方や世間の考え方も変わってきているので、色々な家庭環境があります。

誰も、最初から離婚したいと思って結婚する夫婦はいません。できれば、離婚せずに夫婦円満に幸せになっていくのが1番良いのは間違いありません。

これから結婚を夢見る方や新婚さんの方でも、よくある離婚のきっかけを知っておくことで様々な対策を打つことができます。

これから離婚のきっかけとなる出来事を紹介していきますので参考にしてみてください。

離婚のきっかけとなる7つの出来事とは?

お金にだらしない

金遣いの荒い夫

結婚生活で1番多くの夫婦がぶち当たるのがお金の問題かもしれません。夫の稼ぎが多い夫婦はそこまでお金に悩むことも少ないですが、ギリギリの生活をしている夫婦も多いのです。

特に、子供がまだ小さく女性が働けない場合に、夫の収入だけでやりくりしていくのが難しくなると非常に揉めます。

またお金ないという悩みは人の心を非常に小さくします。精神的にも不安定になり、離婚を考えだすきっかけにもなります。

特に、どちらかがギャンブル依存症だったり、内緒で借金を抱えてしまうと夫婦間に亀裂が入り、取り返しがつかなくなります。

また、妻が浪費家の場合も夫が耐えられなくなり、離婚したいと思うようになるようです。男性からすれば、勝手に浪費されていたらストレスですよね。

家庭を放置する

家庭を放置気味の夫

現代の男性でも女性には家庭を守ってほしいと思っている方がたくさんいます。イクメンなんて言葉も流行りましたが、それでも家事は女性にやってもらいたいと内心では思っています。

とはいっても、男性も手伝って協力していくのが夫婦が円満にいく秘訣でもあります。しかし、中には家事を全くしない、もしくは夫に任せっきりという女性もいます。

夫が仕事から帰ってきたら、家の中は汚く、ご飯も作ってくれなかったら家に帰ってきたいと思えませんよね。当然耐え切れなくなって離婚を考えるきっかけにもなります。

家事が苦手なのは仕方がないので、せめて最低限の家事はする努力をすれば夫も理解してくれます。努力もせずに、最初から放棄しているから夫も呆れてしまうのです。

性格の不一致

性格の合わないカップル

性格の不一致も離婚に踏み出す原因の1つとしてよくある事例です。いくら顔が良くても一緒に同じ空間で暮らしていくには、ある程度性格が合わないと難しいです。

一緒にいるだけで、イライラするような状態では共同生活はまず難しいでしょう。性格が合う合わないというのは、ある程度時間をかけて生活してみないと分かりません。

相手の性格が悪くても受け入れられる程度のものならいいですが、どうにも受け入れられない場合はどんどんストレスになります。

これから先、何十年も性格の合わない人と一緒にいると思うとかなりゾッとしますよね。やはり、多くあるのは結婚してから性格の不一致を徐々に感じてくるパターンです。

それを防ぐためにも、付き合っている段階から顔よりも相手の性格を重要視して見た方が安全と言えるでしょう。

浮気をされる

浮気をされて怒る女性

離婚と言えば浮気と言えるほど、イメージしやすいはずです。浮気というと男性がするイメージですが、実際のところ、女性の浮気も多々あります。

女性は一度や二度の浮気の場合、許す方も多いですが、男性は女性の浮気を許さない傾向にあります。浮気の捉え方は男女でもかなり違うので難しいところです。

ただ、浮気癖のある方はその後もなかなか治らないので、それに愛想が尽きて離婚のきっかけになることも多々あります。

浮気というのは、その人の倫理観の問題でもあるので、言って治るようなものでもありません。しない人は言わなくてもしないし、する人は言ってもします。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。