初デートで盛り上がる10の話題とは?

初デートというのは誰でも緊張するものです。せっかくデートができることになったのに失敗はしたくないですよね。特に初デートではどんな話をしたらいいのかと悩む方も多いでしょう。

会話が途切れてしまわないか、ちゃんと盛り上がるかなど、ドキドキしている人も多いはずです。

どんなにおしゃれをして臨んでも、話をした印象が悪ければナシだなと思われる可能性も残念ながらあります。

なので、初デートを成功させるためにはなるべく盛り上がる話や雰囲気が良くなる話をする必要があります。

そしてせっかくの初デートのチャンスですから、もっと相手のことを知り距離を縮め、次のデートに繋げるのが一番理想的です。

そこで今回は初デートで困らない10の話題を紹介します。ぜひこれを参考に素敵な初デートにしてください。

初デートで盛り上がる10の話題とは?

見た目(ファッションなど)を褒める

草原でじゃれあうカップル

初デートとなれば相手もおしゃれをしてくるはずです。気合を入れて着てきた服や髪型などを褒められたらやっぱり嬉しいですよね。

なので、まずは掴みとして出会ってすぐにファッションなどの相手の見た目について褒めましょう。

具体的に褒めなくても、普段と違うなと思うところが1つはあるはずなので、そこを「いつもと違うね!」と褒めるだけで十分です。

そうすれば会話の糸口になり、似合うよ、可愛いよ、素敵だよと言えばOKです。できるだけ会ってすぐに言う方が互いの緊張もほぐれますし、自然です。

そして相手がおしゃれをしてきた気持ちをくみ取り、その変化に気付いて褒めましょう。相手に好印象を与えること間違いなしです。

血液型家族のことなどパーソナルなことを話す

占星術の書かれたカード

相手のことを知る、そして自分のことを知ってもらうために血液型や家族のことなどパーソナルなことを質問してみましょう。

関係を深めていくのにあたり、この情報はお互いにとって必要な情報です。それにこういったパーソナル話というのはお互い話しやすい話題です。

特に初デートが始まったばかりでまだぎこちない時に込み入った話をすると、もっと緊張してしまいます。それにまだ仲が深まっていないのに、いきなり具体的な話をするのは抵抗を持ちやすいです。

なので、まずは自分のパーソナルな話をすることで簡単に自己紹介をしましょう。血液型は占いがあるので当たっているか否かの話をすれば話題につきません.

家族の話をすると特別な事情がない限り場が和みます。このようにパーソナルな話なら抵抗なく話せて、そこから少しずつ話を広げることで徐々に打ち解けられるはずです。

休日の過ごし方

カップでコーヒーをすする男性

相手の事を知るためにも初デートでは休日の過ごし方を聞いてみましょう。そうすると自ずと相手の生活や好みがわかります。そしてこの話題はとても盛り上がりやすい話題でもあります。

休日の過ごし方だったら、ほとんどの人がある程度話すことができる話題なので話しやすいです。また休日にしていることから、自分との共通点が見つかればその話に広げることもできます。

もし自分が知らないことでも、やってみたい、行ってみたいと返答すれば空気は和み、同じように話を広げることも可能です。

また料理が好きとか、スポーツをやっているなどといった自分のアピールをするきっかけにもなります。相手の話を聴きつつ、自分の休日の過ごし方についても話してみましょう。

出身や学生時代など過去の話をする

土の上にある野球ボールとバット

出身や学生時代の話も比較的話しやすい話題なのでおすすめです。出身はどこか?という質問から、学生時代の話も入れつつ今日までの話をすれば、話は簡単につきません。

また、相手のことを知ることもできます。なので初デートではおすすめの話題の1つです。そこから共通の話題や気になる話題を広げていけばきっと盛り上がることができるでしょう。

またお互いの過去のことを知ると親近感を抱きます。子どもの頃というのは、大人になってからよりも成長が著しく様々な経験をするので、過ごした時間を濃く感じるものです。

よって子どもの頃の話をするとお互いがお互いをよく知っている感覚になり、心を開きやすくなり親近感も生まれるのです。そのため相手が嫌がらなければ、幼少期からの話を聴いてみましょう。

そして相手の話を聴くだけでなく自分の子どもの頃の話もしましょう。そうすることで相手にも自分が気を許していることが伝わるでしょう。

第一印象や思っていたことを話してみる

日差しを浴びながら振り返る女性

相手の第一印象を伝えることは、相手に好意を伝えることのできる良いきっかけとなります。やはりお互いに相手にどう思われているかは気になるところ。

相手と関係を深めていきたいのであれば、初デートの時に思い切って相手の印象を伝えましょう。その時ぜひ心がけていただきたいのが、恋愛心理学の鉄板と言われている『ゲインロス効果』です。

これは最初にあえてマイナスの印象を伝え、その後にプラスな印象に変わったと伝えた方が、良い印象を与えるというものです。

マイナスからプラスに変わったというギャップが相手の喜びを助長させるのです。なので、相手に印象を伝えるときは、『ガサツかと思ったけど女の子らしいんだね』、『ひ弱そうだったけど男らしいんだ』。

といった感じでマイナスなイメージからプラスになったというような言い方をしてみましょう。また相手のイメージを伝えたら、今度は自分の印象を聞いてみましょう。

相手が基本的にプラスなイメージを答えてくれるはずなので、できるだけそれに寄り添った行動を心がけましょう。その方が次のデートに繋がりやすいからです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。