注意したい元彼の怖い行動とは?

別れた元交際相手との人間関係の再構築は、予想よりもはるかに難しいものです。いじけて拗ねているくらいならいいですが、過度な執着からストーカーされるのも怖いですね。

ケンカ別れや一方的に振ってしまった場合など、別れ方が悪いと恨みを買ってしまうこともあるでしょう。相手の反応次第では、あなた一人で対処することが難しいことも出てくるかもしれません。

ストーカー規制法なども制定されていますが、実際問題、警察の対応は十分なものではありません。危ない芽は、早めに自分でチェックし、摘んでおくことが大切になってきます。

そこで今回の記事では、注意したい元彼の怖い行動についてピックアップします。ここでは具体的な例を7つ挙げて、詳細に紹介していきます。

あなたの身はあなたしか守ることができません。保身のためにもしっかりチェックして、元彼がハイリスクかどうかを確認してみましょう!

注意したい元彼の怖い行動とは?

友人に探りを入れてくる

サッカーサークル仲間

別れた後は付き合っているときと異なり、相手の情報が圧倒的に入りにくくなります。未練のある元彼にとっては、別れた後もあなたのことを知りたくて知りたくて仕方がないのです。

是が非でもあなたの情報を得たいとき、共通の友人にあなたのことについて探りを入れてくるケースがあります。これは、注意の必要な元彼の怖い行動の1つです。

自分では直接聞けないし、知ることのできないあなたの情報を、共通の知人を通して聞き出そうとしているのです。

あなたが元彼からの直接的な接触を避けているときや、日常生活の中では接点を持ちにくい距離感に元彼がいる場合に起こります。

あなたの周りの人と元彼が急に接近している様子があれば、探りを入れられている可能性が大きいとみてよいでしょう。

共通の知人に「探りを入れられていること」を相談し、可能な限りあなたの情報を流さないように丁重に依頼しておくことが大事です。周りを味方につけておくことが、あなたの保身へとつながります。

電話やメールを無視しても送り続けてくる

無視される電話

元彼があなたに未練たっぷりで別れても執着している場合、過度にあなたへ連絡をよこしてくることがあるでしょう。

「電話やメールをしないで!」と忠告しても、返信せずに無視しても、送り続けてくる行為は典型的な注意すべき元彼の行動です。

この手の粘着質なタイプの男性は、すでにストーカー化していると言っても過言ではありません。

ストーカー行為がエスカレートしていかないように、早めに警察に相談するなど、早速対策を練りましょう。

SNSに自分をにおわせる投稿をする

SNSに投稿する男性

SNSが広く浸透して、生活の一部になっている現代社会。いわゆる構ってちゃんは、Twitterに病んだ内容や心配させるような書き込みをし、周りからの慰めや同情を引こうとする傾向にあります。

SNSは書き込んだらリアルタイムに反映され、更新も自動的に行われます。書き込んだ時期をみれば何を暗に意味しているかなど簡単にわかります。

あなたの名前は出さなくても、別れた後に嘆き投稿があれば、わかる人にはわかります。意味深な内容の書き込みがあれば、あなたに非がなくてもプレッシャーがかかることでしょう。

このように、SNSにあなたのことをにおわせるような投稿をすることもまた、注意したい元彼の危険行動です。時折でなく頻発しているようであれば、注意して様子見しておくべきでしょう。

突然家に訪ねてくる

住んでいる団地

メールや電話であなたが連絡を無視を続け、あなたとコンタクトが取れなくなったとき、元彼が突然家に訪ねてくることがあります。

家の中に入ってしまえば、多少の騒音は消えてしまう上に、人の目につきにくい環境になってしまいます。また、部屋の中にでは必然的に2人きりになってしまいます。

男性の力には、どう抵抗しても女性はかないません。襲われるような危ない可能性も秘めた、かなり注意すべき怖い行動です。

もちろん全てが全て襲うような元彼とも限らないし、純粋にあなたと連絡が取れず、心配して家に訪ねてくる場合もあるでしょう。無意識で突然家に訪ねてくる可能性もあります。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。