ホワイトデーを元彼との復縁につなげる方法とは?

スイーツデートに誘い出す

チョコレートケーキ

ホワイトデーには、各店でもホワイトデーイベントを開催しています。まずはホワイトデーのイベント情報を調べてみてください。

  • スイーツバイキング
  • スイーツクルージング
  • 高級スイーツ食べ比べ

などと、カップルが楽しめるイベントが多数あります。通常は男性が女性を誘うものですが、思い切って元彼を誘い出してみましょう。

スイーツ好きの男性であれば、喜ぶはずです。またホワイトデーに来てくれるのであれば、他に予定がない証拠です。

ホワイトデーの雰囲気の中、楽しくスイーツを楽しむことで距離が縮まります。そして復縁の可能性を高めてくれるでしょう。

自宅に招いて手料理をする

手料理

ホワイトデーを利用して、自宅に招いてみましょう。「なぜホワイトデーに?」と疑問を感じるかもしれませんが、イベントに便乗するだけで意味はありません。

まず元彼に「ホワイトデー空いている?」と連絡を入れます。そこで返事がNOだった場合は、現時点であなたとの復縁は考えていないのかもしれません。

ホワイトデーという特別な理由を出せば、元彼も特別な気持ちを感じます。それを断るというのは、気持ちのない証拠でもあります。

ただ本当に行けない場合もあるので、どのような断り方かで判断しましょう。具体的な理由を提示したうえ、別日の提案があった場合は、希望があります。

返事がOKだった場合、自宅に招きましょう。「手料理作るから食べに来て」と。そこで承諾すれば、元彼も復縁する意思があると考えられます。

当日は美味しい手料理を振る舞い、元彼に食べてもらいましょう。胃袋をつかんだうえで、復縁について話してみてください

細かいテクニック

バレンタインデーでアクションを起こさず気にさせる

アクションを起こす日にち

バレンタインデーではなく、ホワイトデーを復縁につなげることには意味があります。なぜなら通常は、女性はバレンタインデーで動くからです。

お互い少しでも意識している場合、元彼はバレンタインデーで何か起きると期待します。元カノからのチョコを待つわけです。

しかし、あえてバレンタインデーではアクションを起こさないのがポイントです。2月14日が何もなく過ぎていくことで、一度元彼の気持ちを落とします。

『もう俺のことは好きではないのか?』
『もしかして他の男にチョコ渡したのか?』

元彼はモヤモヤとした気持ちになります。そして以前より元カノのことを気にするようになるのです。

そこへ元カノからのホワイトデーのお誘いがくることで、元彼の喜びは倍増します。これはバレンタインデーに誘うよりも効果があるのです。

一度下げて引き寄せてから、いっきに押すという作戦です。この駆け引きで、ホワイトデーでの復縁が実現しやすくなるでしょう。

ホワイトデーが別れから半年ほどの場合は大チャンス

別れて半年後の愛の告白

ホワイトデーを復縁につなげるためには、別れの時期も重要です。

たとえば、
別れたのが2月であれば、1ヶ月後のホワイトデーは時期が早い
別れたのが4月であれば、11ヶ月後のホワイトデーは時期が遅い
ということです。

ホワイトデーで復縁するためには、別れたのが9~12月頃の場合がおすすめです。別れて3~6ヶ月は経過している頃ですね。

これくらいの期間があれば、ある程度気持ちが落ち着いています。復縁に対しても、情や勢いではなく、真剣に考えることができるでしょう。

また恋人がいないことに寂しさを感じる時期でもあります。タイミングは早すぎず、遅すぎないように計算してください。

ホワイトデーも復縁のチャンス

復縁のチャンス

ホワイトデーは女性が復縁につなげる日として、とても有効です。女性といえばバレンタインデーだと思いがちですが、そうではないのです。

恋をしている人のための素敵なイベントです。なかなか勇気が出ない人も、このイベントを踏み出すきっかけにしてみてくださいね。

関連記事:復縁占いが当たった!口コミで評判の先生のエピソードを紹介

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。