キスが嫌いになる理由と対処法とは?

キスが好きじゃない。大好きな彼とのキスなのに、どうしても好きになれなくて、避けたくなってしまうことは、ありますか?

付き合い初めの頃であれば、緊張や今までとは違う感覚への違和感から、一時的な苦手意識が生じているだけかもしれません。

その場合は彼とのキスを何度か重ねるうちに、自然に解消できるので問題ありません。緊張感が適度にとけて、キスをすることにも慣れれば、じょじょに心地よく、感じられるようになるでしょう。

しかし、何度キスしても、どうしても慣れない場合は、困りますね。もっと幸せなキスをしたいのに、どうしてキスが苦手なの?

そんな疑問にお答えする、キスが嫌いになる理由と対処法を見ていきましょう。

キスが嫌いになる理由と対処法とは?

唾液や舌が絡む人は結構いる

唾液や舌の絡みが嫌いな女性

実は、キス自体が苦手な人は一定数います。特に、唾液や舌を絡ませるような、ディープキスが苦手という人は、少なくありません。

人の唾液や舌に触れる機会なんて、キスを除いて日常的にはありませんね。独特の行為と感触です。その感触や行為自体に不快感を持ったとしても、それはおかしなことではないのです。

好きな人とのキスが苦手だなんて、自分はおかしいのではないかと不安になってしまいそうです。しかし、気にしすぎることはありません。

彼への愛情や信頼の大きさとは関係なく、キス自体が苦手ということもあるのです。

彼氏のキスが下手

下手な彼氏のキスに悩む女性

彼のキスが下手な場合、積極的にキスをしたいとは思わなくなります。

ただ、下手というのは、ぎこちなさや不器用さという面もあります。しかし、それは避けたいほど重大な因子ではありませんね。

とろけるような上手なキスではなくても、思いやりを感じられるキスならば、ぎこちなさも愛しく思えますよね。

避けたくなるキスは自分よがりな一方的なキスではないでしょうか。

例えば、軽いキスで済ませたいのに、無理やり舌を入れてくる。デートの最中に口の周りを唾液でベトベトにされるようなキスは、嫌ですよね。

また、メイクや状況に因らず口の周りを汚されたり、唾液が付くこと自体に抵抗がある人は、割といます。

Hの最中なら、許容範囲が多少広がる場合もあります。ですが、どちらかというと止めて欲しいと思っている人も、少なくないはずです。

一方的で強引なキスは、嫌になってしまいますね。

彼の息が臭いなどエチケットの問題かも

息のくさい彼氏のキス

大好きなイケメンの彼だとしても、口臭があるときには、キスをしたくないですよね。不潔な状態で近付かれるのは、本能として不快です。

残念なことに、デート前やデート中は、口臭が発生しやすいシチュエーションが多数にあります。仕事で緊張感を持っている時やその後、寝起きや食後などです。

唾液の分泌が減少して口内が乾燥したり、糖分などの有機物を摂取したりすることが原因となります。悪臭を発生させる口内菌の増殖を助長してしまうのです。

これらは、キスのタイミングとも重なりやすいので、女性としても気を遣いますよね。メイク直しと同時に、簡単な口臭ケアや、口元の確認をしている人も多いのではないでしょうか。

男性も、マナーや身だしなみの一環として、気を配っている人もいます。ですが、女性ほど切実には、口内ケアの重要性を感じていない人もいるようです。

キシリトール配合のガムや、ミント・タブレットを携帯している人は男女問わず、割といます。

しかし、一般的に男性の方が女性より、ランチ後の歯みがき率や携帯用の歯ブラシを持ち歩いている率は低いでしょう。

お互いに、オーラルケアには、気を遣いたいところです。

対処法とは?

キスが苦手なことを伝える

キスが苦手

どうしてもキスが無理なら、キスが苦手なことを彼に打ち明けてしまいましょう。彼がキスしたいという欲求もありますが、キスには愛情表現としての側面もあります。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。