女性からのキスの誘い方7選とは?

女性にもたまらなくキスがしたくなるときってありますよね。

相手の男性からの愛情を深く感じたいとき、不安なとき、精神的に疲れを感じたときなどです。でも、「自分からキスに誘うのは気が引ける…」という女性も多いでしょう。

積極的すぎることで男性にドン引きされてしまったらどうしよう、という心配もありますよね。誘い方に失敗して恥ずかしい思いをするのも避けたいところです。

今回は、女性からのキスの誘い方について、方法を7つご紹介いたします。

キスの誘い方はわからないけれど、彼ともっと仲を深めたいという女性の皆さんは参考にしてみてくださいね。

女性からのキスの誘い方7選とは?

腕を組んで顔の距離を近づける

腕を組んで男性に近づく女性

男性にとって相手の女性にキスをしたくなる状況とはどんなときか考えていましょう。その状況を自分で作り出すことで、自然と男性をキスに誘いやすくなります。

まず1つ目として、顔の距離を近づけるということがあげられます。腕を組んでぎゅっと男性に寄り添うことで、自然と顔は近くなります。

近くに恋人の顔が来れば、そのままついキスをしたくなってしまう男性は多いものです。自然とキスをしてもらえるように、顔の距離を縮めることはとても効果的なのです。

また、相手の顔をじっと見ることで、恋人が自分にとって特別な存在であることを改めて感じるきっかけにもなります。

特別な存在であることの安心感、一緒にいることもありがたみなどを感じて、急にスキンシップをしたくなる心理があります。

座っているとき肩にもたれかかる

彼の方にもたれかかる女性

恋人同士密着しているということは、ハグやキスなどのスキンシップに発展しやすくなります。相手の温もりを感じることで、より相手の愛や温もりを感じたいと思うようになるのです。

そのため、横に座っているときは肩にもたれかかることが、より自然とキスを誘いやすく空気を生み出しやすくなります。

肩にもたれかかることは、恋人同士でなければ他の人とはやることはありません。

恋人としての甘い雰囲気を作りやすく、特に女性が肩にもたれかかる行為は男性にとって可愛らしい仕草の一つです。

「可愛い!」と感じてもらうことで、「キスしたい」と思ってもらえるきっかけにつながります。

彼の前でリップを塗ってみる

彼の前でリップを塗ってキスアピール

彼の前で唇のケアを始めることは、キスを意識してもらう大きなきっかけになります。

特にリップを塗ることは、男性から見てキスを誘う行為の一つと捉えられる可能性があるからです。

キスを意識したとき、彼をがっかりさせないためにリップを塗って唇をケアする女性は多いです。

そのため、リップを塗っていると、「キスすることを意識しているのかな?」と思ってもらえる可能性があります。

すぐにキスしてもらえるわけではなくても、この後キスをすることへ意識してもらえることにつながります。

甘えたり、ボディタッチなどのスキンシップが苦手な女性は、このようにリップを塗ると良いでしょう。

万が一失敗してしまっても、お誘いが不発に終わるような恥ずかしい思いはしなくて済みます。

はしゃぎながら2人きり場所へ誘導

2人きりになれるムーディな場所

キスをするなら、2人きりの場所であることが大事です。

人目を気にせずキスをしたいという女性もいますが、人目を気にしてキスができない男性も多いです。

人がいるところにいてはキスのきっかけはなかなか訪れないため、キスをしたいのなら2人きりの場所へ誘導することは不可欠です。

誘導する際、はしゃぎながら移動すると、「可愛い」と思ってもらうことができ、男性の触れたいという気持ちをかきたてます。

そして2人きりの場所へ移動したあとは、急に静かにしてみて、2人きりであることをより意識してもらえると良いです。

また、はしゃいでいたのに2人きりになった途端静かになるというギャップも、男性にとっては魅力的と感じることも多いです。

さらに、2人きりの場所はなるべく景色の良い静かなところが望ましいでしょう。景色の良さ、落ち着いた静けさなどは、ロマンティックな雰囲気に浸りやすいからです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。