【恋愛心理学】愛の言葉から判断する男性心理とは?

女性であれば好きな男性に愛されたいと思うのは当然ですよね。付き合った当初は愛を感じることができたのに、しばらくすると愛されているのか不安に感じることもあるでしょう。

男性は、女性のようにお喋りの方は少なく、顔の表情もそんなに激しく変化しません。ですから、彼からの愛を感じにくいと悩む女性も多いのです。

しかし、実はあなたが思っている以上に彼は愛情表現をしてくれている可能性もあります。あなたは気付かないかもしれませんが、その愛情は彼の言葉の中に潜んでいます。

男性からすると愛のある言葉を言ったつもりでも、女性には伝わりづらいところもあります。声が小さいとか、気持ちがこもってないなんて言われがちです。

ここが男女の難しいところなのですが、女性が求める理想と男性の行動にギャップがあるのです。

女性からしてみれば、大好きな相手に好きと言ったり、逢いたいと言ったりするのは当然と考えるかもしれません。

しかし、日本の男性は欧米人のようにオープンな性格ではなく、恋愛に関してはシャイな方が圧倒的に多いのです。

逆にホストなどの一定の職業の方や、女遊びの激しい遊び人の方であれば、愛情表現の1つや2つは、なんてことないでしょう。

しかし、一般の男性でさらりと愛情を表現できる方はなかなかいません。

そんなシャイな日本人男性でも、本命の彼女には特別な思いを抱いています。本命の彼女にしか絶対に言わない言葉もあるのです。ぜひ、その言葉に注目してみてください。

男性が本命にしか言わない愛の言葉

愛を表す言葉

カワイイ切り抜き文字

男性は、いわゆる「好き」や「愛してる」といった愛情表現に代表される言葉は本命の彼女にしか言いません。シャイな男性でも本命の彼女には愛のある言葉を伝えたいと思っています。

それも連発するのではなく、なにかの拍子にサラッと言ったり、特別な記念日の日に言ったりします。男性は大切な言葉は何回もつかえば、1つ言葉の価値がなくなると思っています。

どうでもいいと思っている相手に好きなんて言葉はつかったりしません。彼がたまにでも、愛の言葉を言ってくれたら、安心してください。

たとえ、気持ちがこもってないと感じたとしても彼なりの愛情表現なんだと理解して、素直に喜んであげてください。

特に付き合う前であれば、「付き合いたい」という言葉が出てこなくても「好き」と言われたら本命の彼女と思っていいでしょう。

将来のことを想像させる言葉

アンティークの聖書

彼との未来が見えない、本当に結婚してくれるのか不安と感じる女性も多いことでしょう。そんなときは、彼から将来に関するポジティブな言葉を言われたことがあるか思い出してみてください。

男性は本命の彼女にしか、けっして2人の将来の話はしません。たとえば、「結婚したいね」、「いつまでも一緒にいよう」のようなフレーズは本命の彼女のみに言う言葉です。

男性は、心に決めた人にたいして将来を強く意識し始めます。逆に本気じゃない相手には、結婚や子供の話は絶対にしません。

もし、あなたが結婚や将来のことを真剣に考えているなら、彼に2人の将来について聞いてみるといいでしょう。

ここで気を付けてほしいのが、あからさまに結婚などの事をしつこく聞いてはいけません。彼に重く思われないようにさりげなく聞くのがコツです。

彼が結婚などの話を何回も何回も流すようならば、本気じゃない可能性もあります。たとえ本気だとしても、しばらく結婚はしたくないと考えている可能性が高いです。

真剣な相談をした後の言葉

座ってメッセージを送る男性

男性はプライドの高い生き物ですから、なかなか外部に自分の弱みを見せることができません。これは気の許せる友達にいたっても同じです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。