女性から一目惚れした男性にアタックする方法とは?

出会った瞬間ビビっときた。あなたはそんなドラマティックな出会い、一目惚れをしたことはありますか?

全然親しくないけれど、彼のことを考えるだけでドキドキが止まらない。もっと近付きたい。親しくなりたい。そう思ったら、自分からアタックあるのみです!

一目惚れしたときによく効くアタック方法を知り、彼との距離をグッと縮めてくださいね。

女性から一目惚れした男性にアタックする方法とは?

とびきりの笑顔で接する

とびきり笑顔が素敵な女性

彼にはとびきりの笑顔で接しましょう。あまり親しくない男性の印象に残るには、笑顔を見せるのが効果的です。

「あの子いつも笑顔だな」というイメージを持ってもらえれば、挨拶したり話しかけたりしやすくなります。

あなたに良いイメージを持ってもらえるので、彼と会話をするハードルもぐっと低くなりますよ。

どんなに美人でも、頭が良くても、どこか無愛想だったら台無しですよね。不機嫌そうだったり表情が乏しい人は、まわりに近寄りがたい印象を与えてしまいます。

逆にいつも笑顔を絶やさない女性は、まわりから見て親しみやすく安心感があります。一緒にいたら楽しそうだなと思えるものです。

とくに会話上手ではなくても、特段美人というわけではなくても、笑顔が素敵なだけで彼に好感をもってもらえます。

笑顔が素敵な女性こそ、一目惚れのチャンスを恋愛に発展させられるのです。

彼の好きなことを研究して会話に出す

彼の趣味を理解する女性

彼と雑談できるような仲になったら、彼の好きなことについて話してみてください。ファッションやスポーツ、ゲームなど、男性は何かひとつ自分だけの趣味を持っていることが多いです。

また、自分と同じ趣味の人には無条件で心を許すことも多いので、趣味の話を振るのはおすすめなのです。

好きなことの話題なら、いくらでも話し続けられますし会話が弾んで楽しいですよね。あなたと話すことを彼に楽しいと思ってもらえれば、ふたりの距離は一気に縮められますよ。

ただし、彼の趣味の話題をもちかけるなら、ある程度研究してからにしましょうね。

全く知らない状態でスポーツやゲームの話しをすると、話しを広げられず、彼に「つまらない」と思われてしまうことも。研究をして、ある程度の知識をためてから話しかけると良いでしょう。

決して詳しくなりすぎる必要はないのです。彼の趣味について「教えてほしいな」という姿勢でいれば、彼は喜んで喋ってくれるでしょう。

男性は自分の得意なことを人に教えるのが大好きですから。

頻繁に近くにいるようにする

一目惚れした男性と向き合う女性

彼と顔を合わせたり、話しかける回数を増やしましょう。心理学で「ザイオンス効果」というのですが、人間は頻繁に接する人にほど好感を持ちやすくなるのです。

毎日1回は彼の視界に入り、できれば話しかけてみたりして、接触回数を増やしてみてくださいね。近づいたあとの会話の長さはほとんど関係ありません。接触回数が、親密度を上げてくれるのです。

あなたがよく彼の近くにいることで、彼も自分が好意を持たれていると気づくでしょう。

ちなみにメールやLINEを何度も送っても、あまり効果はありません。実際に顔を合わせてあなたの雰囲気や仕草、笑顔を見てもらうことが大切なのです。

メールやLINEの情報では、あなたのイメージをあまり伝えられないのですね。LINEを1回送るなら、同じ1回でも、顔を合わせてあいさつしたほうが良いでしょう。

ただし話しかけ過ぎは要注意。彼をずっと追いかけ続けるような状態だと、ストーカー扱いされてしまいます。

しつこくすると嫌われてしまう可能性もあるので、不自然にならない程度に自分をアピールしましょうね。

服装で「色じかけ」してみる

セクシーな女性

一目惚れしたら、女性ならではの方法で彼の気を引くのも良いでしょう。少し露出の多い服を着たり、大人っぽい色気のある服を着ると、男性はドキッとさせられます。

女性らしい服装をしているだけで、男性はつい目で追いたくなったりするのですね。異性として意識してもらうことは、恋愛関係へと発展させるための第一歩。

「可愛い」「色っぽい」そんなイメージを彼に持ってもらえれば、二人の距離は少しずつ縮まっていくでしょう。

しかし露出が高すぎる服はNGです。彼は目のやり場に困りますし、軽い女だと思われることもあるからです。また、遊び慣れている女性だと勘違いされてしまうことも。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。