一目惚れした彼に書くべき手紙の内容とは?

一目惚れすると、どんな風に相手に思いを伝えて良いか分からないですよね。

友達であれば普通に呼び出して告白もできるものですが、相手は名前も知らなければどこに住んでいるのかもわからないのです。いきなり呼び出して告白するのにもハードルが高すぎますよね。

しかも、一目惚れ相手をいきなり呼び出して告白するのは、相手も戸惑わせてしまうことになります。そのため、思いを伝えるのであれば、直接ではなく手紙を書くのが良いとされているのです。

では、実際に手紙を送るとして、どんな内容を書けば良いのでしょうか。今回は、一目惚れした彼に書くべき手紙の内容について、詳しく解説していきます。

一目惚れした彼に書くべき手紙の内容とは?

気遣う言葉

彼に気を遣う言葉

最初はとにかく、いきなり驚かせてしまったことを謝り、相手を気遣い言葉を忘れないようにしましょう。

「いきなり手紙を渡して、びっくりさせてしまってごめんなさい」と一言あるだけでも大丈夫です。

最初からいきなり用件に入ったり、自分のことを話し始めるのでは、どこか独りよがりで自己中な印象が目立ちます。

まず、彼の立場に立って考えてみましょう。いきなり見知らぬ女性から手紙を渡されたら、戸惑うのが普通ですよね。

一目惚れの相手に思いを伝えることは難しいことなので、細やかな気遣いや言葉のチョイスが大事になってきます。

少しでも第一印象を良いものにするためには、手紙の最初に彼を気遣う言葉を入れておくことがベストなのです。

気遣いの言葉を入れておくだけで、「優しい人なのかも」という印象を心のどこかで持ってもらえるものなのです。

緊張のあまりいきなりダラダラと自分のこと書いてしまいがちですが、まずは一言、相手を気遣う言葉を忘れないようにしましょう。

自己紹介

自己紹介する女性

相手を気遣う言葉を入れられたら、次は自己紹介を軽く書いておくと良いでしょう。まずは名前を名乗ったうえで、年齢や職業など、簡単に自分の情報を書いておくことが大切です。

よく、一目惚れした彼に手紙を書く際、彼に気持ちを伝えることが先行してしまうせいで自己紹介を忘れてしまう人がいます。

手紙をくれたのはどこの誰なのか、彼は気になりますよね。もし自己紹介が全く書いていないと、怪しまれてしまう場合もかなりあります。

そしてマナーとしては、まず用がある方から名乗って自己開示をすることが大切なのです。ただし、この時あまりにも詳しく自分のことを書きすぎるのも問題です。

いきなり手紙を渡されて戸惑っている彼に、挨拶もそこそこで自分史を語られたら、その先を読んでもらえることはないでしょう。

自分のことを語りすぎる人は、そもそも周囲から煙たがられる傾向は強いです。自己紹介で書くべき項目としては、名前、年齢、職業などで十分でしょう。

好きになった理由

好きになったきっかけ

一目惚れした彼に渡す手紙の中で一番大事なのは、やはり好きになった理由です。

顔が好みで一目惚れした人がほとんどかもしれませんが、簡潔に「タイプだったので」と書くだけでは失礼にあたる場合もあります。

あまりに淡白で、「本当に好きなのかな?」と相手も怪しんでしまう可能性があるからです。もし顔がタイプなだけだとしても、彼を好きになったときの出来事やきっかけをよく思い出してみましょう。

顔がタイプの場合でも、例えば「いつも読書をしている横顔が、魅力的だと思いました」と伝える方が印象は良いですよね。

彼のどんなところを好きになったのか、好きになったきっかけは何だったのか、思い出せばきっと見つかるはずです。

そしてできれば、基本的に人が言われて嬉しいと感じる言葉を選んで伝えるようしましょう。軽そうな口調、ネガティブな言葉はチョイスしないようするべきです。

できるだけ女性らしさを思わせる丁寧な言葉で思いを伝えることができれば、より印象はよくなるでしょう。

連絡先

連絡先

思いを伝えたからといって満足せず、そのあと連絡先をしっかり書いておくことを忘れないようにしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。