先輩に一目惚れしたときのアプローチ方法とは?

サークル活動でも職場でも、年上の男性は憧れの存在ですよね。人をうまくまとめたり、分からないことを優しく教えてくれたり。

頼りになる先輩を好きになる女性は多いです。しかしあまり親しくなかったり、一目惚れで好きになった場合は「どうすればただの後輩を脱出できるの?」と悩みますよね。

そんなあなたのために、先輩に一目惚れしたときのアプローチ法をまとめました。あなたと先輩の関係を縮めるためのヒントにしてみてくださいね。

先輩に一目惚れしたときのアプローチ方法とは?

後輩の立場を利用しよう

先輩を頼る女性

サークル活動でも職場でも、先輩は後輩にものを教える立場です。後輩として、分からないことや疑問に思うことを積極的に聞いてみてくださいね。

基本的に男性は人に頼られたり教えたりすることが大好きです。先輩の得意なことであれば、はりきって教えてくれるでしょう。

あまり親しくない関係であなたのことを知ってもらうためには、やはり自分から存在をアピールすることが大事です。

たくさん質問をしたり、自分の力でできないことがあれば先輩に頼ってみたり。後輩の立場を利用してあなたの存在を印象付けてみてくださいね。

「遠慮してしまう」「恥ずかしい」と思う人も多いのですが、男性は女性、さらに後輩からしたわれると嬉しいものです。

あなたが先輩を信頼していることが分かれば、先輩はきっとあなたを好意的に見てくれるはずですよ。

ただし頼り過ぎには注意しましょう。先輩が忙しいときや都合の悪いときに引き止めてしまうと、空気の読めない後輩だと思われてしまいます。

また、限度なく甘えてしまうと先輩に負担をかけてしまいます。先輩の気持ちや都合を考えながら、後輩の特権を使ってアピールしていきましょうね。

「悩み相談」で自然に甘える

先輩に悩みを相談する女性

先輩との距離を縮めるのにおすすめなのが悩み相談。仕事の内容やサークル内の人間関係など、相談をもちかけてみてくださいね。

悩み相談という前提があれば自然に甘える女性を演出できますし、二人きりで話せます。先輩も「自分を信頼してくれているんだ」と分かるので、きっと快く相談に乗ってくれるでしょう。

ほかの男性ではなく自分を頼ってきてくれた女性は、それだけで可愛く見えます。自信も満たされるので「なんとか力になってあげたい」と思うはずですよ。

また、相談をすると二人だけの秘密ができますね。誰にも言えない秘密を共有することで、親密度が一気に増します。

「先輩にだけ話します」と言えば、彼はあなたのことを特別な存在として認識してくれるでしょう。

相談をするときは、いつもは周りに見せていないあなたの一面を出してみてください。

普段は元気に振る舞っている女性が二人きりのときだけ甘えたりすると、そのギャップにドキドキする男性は多いのです。

相談しながら一緒に食事をするのもおすすめです。人は満腹になると幸福感で満たされるので、そばにいる異性をより好きになりやすいのです。

話を聞いてもらうことで、先輩への気持ちもさらに高まるはずですよ。

定期的に相談できるようにセッティングする

定期的に先輩に相談する女性

一度相談に乗ってもらったら、定期的に相談したいと伝えておきましょう。

先輩にメンターになってもらうのです。メンターとは、仕事やプライベートのことを話せる相談相手。精神的な支えになってくれる人のことです。

人間関係や仕事の悩みのほとんどはすぐに解決するものではありません。継続して相談に乗ってもらうことで、あなたの存在をアピールしていきましょう。

男性は頼られるのが大好きです。女性から信頼されていると思うと、それだけで自尊心が満たされます。

上手に頼ることで先輩を良い気分にさせてあげられますし、悩みも聞いてもらえます。さらに二人きりで会う回数が増えれば、会うたびに親しくなれますね。

心の深い部分を開示することになるので、悩み相談をする側、される側は恋愛感情が生まれやすいのです。

定期的に相談に乗ってもらうためには、感謝の気持ちをしっかり伝えることが大切です。

とても頼りになる。相談に乗ってくれて嬉しい。心が軽くなった。そんなふうに、ありがとうの気持ちをきちんと言葉にして伝えましょう。

多少大げさなくらいでも良いのです。女性の喜ぶ姿を見られれば、それだけで男性は「また助けてあげたいな」と思えるのです。

成功をわかちあおう

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。