一目惚れの意味、メカニズムとは?

人が恋に落ちる時は、恋愛のホルモンが分泌します。PEAというホルモンで精神的な作用が物凄く高まるとされています。

PEAは恋愛ホルモンとも呼ばれ、一種の麻薬のようなものです。恋に落ちると、PEAが大量に脳内に分泌され、ドキドキしたり、緊張したりするのです。

PEAが分泌された状態は、脳には非常に良い状態であり、とても幸せな気分にさせてくれます。そうなると、もっと体感したいと思い好きな人の事ばかり考えるのです。

では一目惚れにもPEAは関係しているのでしょうか。一目惚れというと、一瞬会っただけの状態が多いので、あまり関係がないようにも感じますが、そんなことはありません。

一目惚れをするメカニズムにPEAが大きく関わっていることが分かっています。一目惚れというのは、外見から入る情報により、引き起こされます。

女性の多くは、まず外見から判断し、そのうえで外見から内面を推測しようとします。結果、一目惚れに結びつくことが多いようです。

人は誰でも、異性に対する好みを持っています。顔立ちや、声、スタイルなど実に様々です。自分の好みにピタッと重なった瞬間、PEAが大量に分泌されます。

たとえ初対面でも、恋に落ちたという錯覚が起こりうるのです。一目惚れから恋に落ちるということは珍しいことでもありません。

誰にだって一目惚れは自然と起こる可能性があります。そして人生を変えるような恋愛に発展することもあるのです。

一目惚れの意味、メカニズムとは?

実は外見ではなく内面も見ている

楽しそうな男性

男性の場合は、ほとんどが一瞬見た女性の外見で好きになります。一瞬で可愛い、素敵だと感じれば恋に落ちます。

しかし、女性の場合は少し一目惚れへのステップが長くなります。外見が素敵だと感じても一目惚れまでいかないこともあります。

実は女性は、男性の外見から内面の性格などを判断していると言われています。
外見から見て内面を推測していくのです。

一般的に選び手の女性は、全員を選ぶことはできないので、寄ってくる男性の中から優れた遺伝子を選ばなければいけません。

優れた遺伝子を見つけるためには、洞察力が必要になります。もちろん遺伝子のことまで意識している人はいません。ほとんどの場合が、無意識の状態で行っているのです。

外見から来る勘違い

かっこつけている男性

人は外見が良いと得をすると言われますが、その通りです。外見が自分の好みだと、性格も良さそうと判断してしまうのです。

たとえば魅力的な男性を見ると、そこから「仕事ができそう」「紳士っぽい」などと勝手に相手の外見以外の部分も判断しています。

仕事ができそうということは将来有望だとか、勝手に自分で判断しているのです。ですから、外見の魅力が多い男性はその分、女性からの評価が高くなりやすいです。

逆にいえば、1つでも女性の好みにハマると、一目惚れに結び付く可能性は格段に上がります。女性は、素敵だと思う感覚がバラバラなので誰でも一目惚れされる可能性があります。

もちろん、外見が素敵だからといって内面が素敵とは限りません。変な男性に一目惚れしてしまわないように注意も必要です。

自分と違う遺伝子を求める

心地よい静けさ

多くの人は、自分に足りないものや真逆のものを持った人に惹かれると言います。あなたにも経験がありませんか?

同性の友達の場合は似ている女性が友達になることが多いです。同じような人達と一緒にいる方が居心地が良いからです。

異性の場合には、自分に持ってないものを求める傾向にあります。具体的には似ているところもありながら、尊敬できたり、ないものを持っている方に惹かれやすいのです。

自分にはない遺伝子を求めており、自分に足りないところを補うという意味でも自分と違う人を求めるのです。自分と同じ人を尊敬したりはしませんよね。

人は相手が自分にないところを持った人間なのかを見極める能力があります。見極める能力が高い人は、一目惚れにも自然と結びつきやすいといえます。

匂いによるフェロモン

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。