一目惚れをしたときってどんな感覚なの?

誰しもが一度は経験したことがあるであろう、一目惚れ。その時の感覚を覚えていますか? 今回は一目惚れしたときの感覚を、7つ紹介します。

一目惚れをしたときってどんな感覚なの?

時間がとまったように見つめてしまう

時間が止まったような感覚

人は男女関係なく一目惚れすると、相手の目をじっと見てしまう傾向があります。あなたも一目惚れしたときに、相手から目が話せないような状況になったことはありませんか?

時間がとまったかのように、長時間見つめていたように思えるかもしれません。ですが、驚くべきことにその時間は「たった5秒から7秒」と言われています。

好きな彼を見つめている時間は、一瞬で過ぎる感覚と言っていいかもしれませんね。実際、5秒という短い時間しか相手を見つめていないわけです。

端からみると「本当に好きなの?」と思われてしまう時間でもあります。

実際、メンタリストDaiGoさんは「人間の脳は、行動から感情が生まれたのか、逆なのか判断できない」と述べているほどです。

あなた自身が「時間が止まったように感じた」のであれば、その感覚を信じましょう。彼に一目惚れしたと、自覚するには十分な事実と言えるでしょう。

表情が忘れられない

惚れたときの顔

女性の脳は、性欲や食欲などの原始的で本能的な欲求をコントロールする機能が充実していると言われています。そのため、一目惚れする際に男性の仕草や表情に惹かれることはあまりありません。

それにも関わらず「彼の表情が忘れられない」となっているのであれば、かなり感情を動かされた証拠です。「好き」の中でも、相当度合いが高いと言っていいでしょう。

一方、男性は脳科学的に、容姿やスタイルなど視覚的な第一印象で自分の好みの相手を見つけるとされています。つまり、即座に本能的に相手を求めてしまいやすいのです。

そのため、笑顔や仕草にすぐに心を持っていかれます。少しでも好みの女性だと感じたら、どうしても自分ひとりのものにしたいという欲望も出てくるのです。

女性目線からすると少し幻滅する表現かもしれませんね。

ですが、一目惚れの後にうかうかしていると知らない間に奪われてしまうことはありえます。「表情が忘れられない」ほど気になる彼がいるのであれば、迷わずアタックしましょう。

自分のその感覚を信じてあげてください。

初対面なのに話のテンポが妙に合う

話のテンポ

「言いたいことが言い合えるかどうか」は、お互いに心がどれだけ開けているかの基準です。

特に、初対面ならなおさらです。笑いのツボが同じだったり、趣味が同じだったりすると「この人、いいなぁ」となりませんか? 

同じことで笑えるということは、相性の良さを感じさせるために大切な要素の一つなんです。そして、相性がいいからこそ、話が途切れないし、テンポよく話がはずみます。

「あれ? 気づいたらこんなに話してたんだ!」という感覚があった時。気づけば、彼とまた明日話すことばかりに考えがいっている人もいるのではないでしょうか。

最初から無理をしていない、自然体である表れでもあるので、交際に発展する可能性もあります。一目惚れだからと気にせず、アタックしてみてくださいね。

なんとなく笑顔が続く

笑顔が続く関係

笑い合える関係って、素敵なものです。付き合いが長い友だちと遊んだ時のことを考えてもらうと、分かりやすいかもしれません。

「気づけば、彼と一緒にいるときはずっと笑ってるなぁ」と思ったら、それは惚れている可能性が高いのです。その人といると、気が許せるからこそ、笑顔も出てくるのではないでしょうか。

その感覚はあなただけではありません。男性も同じように感じている可能性が高いです。なぜなら、男性は笑顔にめっちゃくちゃ弱いから。

ほかの人との会話で笑顔になっている女性を見てキュンっとしたり、目があった時に笑顔を向けられるだけで好きになるそう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。