大学内で一目惚れしたときの対処法とは?

「大学デビュー」なんて言葉があるほど、大学生活を始めることに期待を抱いている人は少なくないでしょう。恋もその1つ。

そんなワクワクドキドキの毎日の中で、一目惚れをしてしまうことも十分ありえます。折角のチャンスを棒にふるなんてもったいない! 大学内で一目惚れしたときの対処法を紹介します。

大学内で一目惚れしたときの対処法とは?

同じサークルや部活に入る

同じサークルでのつながり

一目惚れした人と距離を縮めるのは簡単です。その人が所属しているサークルや部活に入りましょう。サークル内恋愛は、誰もが1度は憧れているもの。

ですが、特に男性のなかには、近場での恋愛を避けたがる人が多いです。

同じサークルや部活だと、別れてしまった後に気まずくなりますから、当然でしょう。相手がそこまで考えないうちに、アプローチをすることが大事です。

具体的に何ヶ月とは言いませんが、できるだけ早い段階で、食事デートに誘いましょう。サークル内はライバルがいっぱいです。うかうかしていると、先にいかれてしまう場合もあります。

誰もが彼と仲良くなれるチャンスがあるんです。あなただけのために、待ってくれるなんてことはありません。

少しでも彼と話す機会があって、距離が縮まったら食事にでも誘ってみましょう。そうやって、サークル外で会う機会をすごしていくことが、交際へと発展する第一歩になってくれるのです。

同じ授業をとる

同じ講義

心理学では「個体間の親密さは、接触回数、 接触頻度が多ければ多いほど増す」といわれています。

この単純接触の原理を利用するために、一目惚れした人が受講している授業をとりましょう。同じ学部であれば、学年が違っても一緒にとれる授業が多いです。

もし学部が違っても、合同の授業があるはずですから調べて、彼と出来るだけ会う回数を増やしてください。もちろん、同じ授業をとればいいだけではありません。

授業の時はできるだけ近くに座ったりして、お互いに挨拶するくらいの関係性にまずはなりましょう。話してみて何かしらの接点を作っていくのです。

連絡先を交換しなくても、授業が同じならば会えるのです。約半年間、同じ授業をとって関わりを作れば、連絡先の交換など容易になるはずですよ。

また、同じ授業をとっていることで、会話の共通点も見つけやすくなります。価値観は人それぞれですが、似ている部分をもつ人に惹かれる傾向が強いです。

同じ授業も、その1つ。これをファーストステップにして、どんどん彼に近づいていきましょう。

思い切って話しかける

一目惚れした男性に話しかける女性

「いきなり話しかけるの!?」と思われるかもしれません。ですが、人は道ですれ違っただけの他人のことを、ほとんど覚えていません。

どれだけあなたが彼の視界に入ろうと思っても、入っていないのです。彼にちょっとでも気にしてほしいのであれば、あなたを認識してもらう必要があります。

そのためにも、思い切って話しかけてみましょう。こうすることで、あなたの存在を彼に植え付けることができます。もちろん1回ではダメです。何度も、何度も、話しかけるようにしてください。

「少し距離が縮まったかな?」と感じたら、自分の気持ちをサラッと伝えましょう。相手に自分の気持ちを知ってもらうことが肝心です。

自分に好意を持っていると知ると、急にその人のことが気になりだしたり、興味がわいてきたりします。これは「好意の返報性」と呼ばれており、恋愛心理学でもよく使われるテクニックです。

いきなり告白しろということではありません。「あなたといると楽しい」と自分の気持ちを伝えてみてください。ついでに、相手の良いところをほめましょう。

「優しいところが素敵」「かわいい」「かっこいい」など、言葉が恥ずかしいときは笑顔で話しかけることを意識してください。

これだけでもかなり、彼の記憶に残り、関係が進展しやすくなりますよ。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。