恋愛がわからない…素敵な男性を見つけるには?

「恋愛がわからない」と思っていませんか?「そもそも人を好きになる気持ちがわからない」と思っている人もいるのではないでしょうか。

草食系男子、絶食系男子という言葉があるように恋愛経験が少ない人は増えています。20~40代の未婚男女のうち3割が、一度も付き合ったことがないそうです。

しかし「彼氏いない歴=年齢」である状況から抜け出したい場合、どうしたら良いのでしょうか。ここでは、そんな人のために素敵な男性を見つける方法を紹介します。

焦る必要はありません。自分のペースで良いので、一歩踏み出すことが大切です。周りの人に興味を持ち、心を開けば恋ができる日も近いです。

恋愛がわからない…素敵な男性を見つけるには?

見た目から好きになることは少ない

見た目の良い男性

あなたの好きなタイプはどんな男性ですか?例えば芸能人で言うと誰でしょう。

その芸能人の好きなところは何ですか?「顔」と答える人もいるかもしれませんが、多くの人は「顔+何か」に惹かれて好きになったのではないでしょうか。

話す言葉のチョイスやメンバーに対する態度、ファンへの対応など…。実際、芸能人レベルに顔の良い男性はそこら辺にはいません。

自分の好きな顔のタイプも大切ですが、内面にも目を向けてみましょう。出会った男性が生理的に無理でなければ、心を開いてお話してみるのがおすすめです。

確かに、かっこいい男性とお付き合いしていれば友達に自慢できます。しかし、顔はいつか劣化してしまうことを忘れないでくださいね。

髙すぎる理想は、ストライクゾーンを狭めてしまいます。

人に興味を持つ

人に興味を持つ女性

素敵な男性を見つけるには、人に興味を持つことが大切です。自分の居心地のいい世界に居すぎないようにしましょう。

例えば、2次元などに浸りすぎるのは要注意です。ひとりで熱中できる趣味があるのは素敵なことです。

でもその趣味について、一緒に話せる相手ができたらもっと素敵ですよね。まずは顔と名前を覚えて、相手の話をよく聞いたり自分から話しかけてみましょう。

美人でモテモテに見える人でも、何かしらの努力をしているものです。自分はモテないからと言って諦めてしまうのではなく、モテる人に変身しませんか。

また、より明確に目標を持つために「理想の条件を紙に書く」という方法も効果的です。自分の求めている人はどんな特徴があるのか、意識することができます。

恋愛したい、という気持ちにもなるのでおすすめです。

価値観の違いを理解する

価値観の違い

たとえ家族や親友でも、自分と全く同じ意見ばかりではありませんよね。全く同じ思考の人はいません。

違っていて当たり前なのです。考え方が違っているからこそ大切なのは、お互いに違いを理解することです。

好きな食べ物、嫌いな食べ物など小さなことから理解を深めましょう。「これだけは譲れないこと」を決めておくと、相手にも理解してもらいやすいです。

また、自分とは違う人と出会うことで「こんな考え方もあるのか」と、視野も広がります。ネガティブに考えるのではなく、尊敬できる部分に目を向ける必要があります。

お互いの違っているところを、プラスに考えられると良いですよね。自分の苦手なことは手伝ってもらい、相手の苦手なことをやってあげると絆も生まれます。

相手を知ることで好きになる

相手への興味

友達から「職場や学校に良い人はいないの?」と聞かれたことはありますか?「いい人なんていない」「絶対ない」と答えていませんか。

始めから完全否定するのは要注意です。良い人を見逃している可能性があります。

彼氏の第一印象を聞くと「初めは○○だったけど…」という人がかなり多いです。初めは暗い人に見えたり、怖そうに見える人でも中身は違うかもしれません。

よく漫画などで、ヤンキー少年が捨て猫を拾っているシーンがありますよね。俺様キャラだった人が、自分を頼ってきた時はきゅんとくるのではないでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。