恋愛問題を自己解決するには?

恋愛の悩みは心が沈み、何にも手がつかなくなって大変ですよね。しかし、恋愛の悩みを何でも人に相談して解決しようとするのは待ってください。

確かに、恋愛は人を盲目にし、冷静な判断力を失わすこともあります。時には周りの人の意見が必要になることもあるでしょう。

しかし、恋愛を長続きさせたいのなら、自分で解決しようとする姿勢を持つことが大切です。恋愛に正解はありません。相談相手が出した答えが必ずしも正しい答えとも限りません。

今回は恋愛問題を自己解決する方法と、恋愛の悩みのなかでもよくある問題と解決法をお伝えします。

恋愛問題を自己解決するには?

問題を紙に書き出す

恋愛の問題を書き出す女性

頭で色々と悩んでいると、次から次に考えが出てきて、答えがまとまらなくなってしまいます。

そんなときは、自分が悩んでいたことは何だったのか、一体どんなことなのか、まず文章にして書き出してみましょう。

例えば、彼が最近連絡してくれる回数が減ったということに悩んでいるとします。そこで、まずは自分のしてほしいこと、彼の状況、彼が考えているであろうことなどを全て書きだしてみるのです。

また、2人が今後も気持ちよく関係を継続していくには、こうなれば良いなという部分も書き出してみましょう。

彼の気持ちや状況と自分の気持ちや不満を文字にして客観的に比較してみることで、頭の中より上手く整理できます。

同じことを頭のなかでいくら考えても、解決する可能性は低いものです。むしろ、ぐるぐる考えて、悩みから抜け出せなくなります。

不安な気持ちが更に大きくなる、気持ちが引いてしまって別れた方が良いかもという極端な結論が出てしまう可能性も否めません。

しかし、書き出してみると、頭の中では深刻に感じていた悩みが実はどっちでも良いような悩みだったりするんです。自分で勝手に難しく考えていたりするんですよね。

悩みが完ぺきに解決せずとも、書くだけであなたの気持ちがすっきりしますよ。

自分か相手の問題かに分ける

干渉しづらい彼の問題

恋愛だけでなく全ての人付き合いの面でいえますが、相手次第の問題はどうにもできません。考えてもしょうがないものです。

しかし、自分が変わることで問題が解決するなら話は別ですよね。問題の中には相手が変わらなければ解決しないものと、あなたが変われば解決するものがあります。

問題を解決しようと考える時、この問題は自分の工夫でなんとかなるものかどうか分けてみるのも問題解決法の1つです。

例えば、彼がいつもデートの時間に遅刻してくるとします。嫌ですよね、何度も繰り返されるとまるで自分とのデートが面倒なのかと憶測してしまいそうです。

当然あなたは悶々としだし、どうしたら治るのかなど頭の中で考え出すでしょう。そんなとき、彼に「遅刻しないで」と注意しても初めの1、2回守るだけでまた遅刻する可能性も高いです。

それでは、あなたのストレスは更に大きくなるばかりでしょう。彼次第の問題は彼が変わらない限り、難しいのです。

彼に任せるのではなく、あなたがわざと待ち合わせの時間よりも10分ほど遅れて着くようにしてみましょう。

そうすれば、彼と同じ時間ぐらいか、待つとしても少しだけですよね。彼が早く来ていたら、待つ身を味あわせてやれば良いんです。

自分の少しの工夫で対応できるものかどうか分けることは、あなたのストレスを少なくする解決法ともいえます。

ポイントは自己完結

自分で恋愛問題を解決する女性

他の人の意見が聞きたい、という感情は理解できます。しかし、本当に相談相手の出した答えのほうが信用できるものなのでしょうか。

相談相手は第三者であり、直接的な関わりはありません。直接的な関わりを持たない人の答えと、当事者が考えた答えは質が違います。

当事者のあなたしか見えない解決の糸口がきっとあるはずなのです。出来るだけ自己解決出来るよう、努力しましょう。

周囲に流されること無く熟考して、自力で結論を出すこと、自分自身の成長にも繋がります。

自己完結をするためには当事者であると同時に、物事を客観的な視点でも捉えなければなりません。物事に対する理解は、感情が加わりがちです。

そのために、まず自分の考え方のクセを知っておきましょう。例えばメールの返信が遅いとき「嫌われた」と感じるか、「相手が忙しいから」と思うか、という感情のクセです。

1つの物事に対してあなたが頻繁に感じやすい感情はあなたの思考に関係しています。感情のクセがあなたを苦しくしているのかもしれません。

そうなると、悩みが出るごとに第三者に相談しても、根本的な解決にはなりません。

感情のクセを知ることは、事実と感情を区別することに繋がります。区別できれば、感情に左右されること無く、客観的に物事を捉えることが出来るでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。