結婚は何歳ですべき?

金銭的な余裕はあるのか

金銭的な余裕

結婚をするにはお金も必要です。昔は大金を知らはっていた結納や結婚式も最近では簡易的になりました。結納はしないケースも多くなっていますし、結婚式も写真だけなど小規模が多いです。

新婚旅行や指輪のコストを下げたとしても、毎日の結婚生活の中でまとまったお金が必要になることもあるでしょう。お中元にお歳暮、親戚付き合い、冠婚葬祭など出費は独身時代より多いです。

結婚を考える時、「金銭的に余裕はあるのか」ということは、自分にも相手にも当てはまります。十分に生活していける年齢なら問題ありませんが、もしも足りないのなら話し合いが必要です。

結婚を焦っている人に考えて欲しいこと

数十年を共にする人をいい加減に選ばない

数十年を共にする結婚相手

結婚を焦っている人にありがちなのですが、周囲の結婚ラッシュや周りからの催促で「結婚」ということが目的になる人がいます。結婚はスタートであることを忘れてゴールだと思ってしまうのです。

当然ですが、結婚はゴールではありません。目的ではなく、「人生をより幸せに生きるための道具」でしかありません。そこを理解せずにただ結婚をすることに執着しては幸せにはなれないのです。

結婚をすると数十年を共に暮らすことになります。自分の思い通りに動いてくれない子育てもしなければなりません。いい加減にパートナー選びは絶対にNG。よく考えて選ぶようにして下さい。

まずは準備をするべき

結婚の準備

結婚に焦って誰とでもいいやと思ったり、少し引っかかるところはあるけれど目を逸らして結婚をするのはやめた方が無難です。デートをする分には良いですが、結婚はきちんと考えて決めて下さい。

結婚を焦って、自分が納得していない相手とスピード婚をしても良かったという結果はあまり聞きませんよね。「あの時忠告を聞いておけば」「もっと考えておけば」という人の方が多いです。

結婚に焦っているのなら、いつでも結婚ができるように自分磨きや結婚に繋がる行動を習慣にするように心がけましょう。焦っている時ほどよく見極めて、自分の準備を整えて下さい。

本当に結婚は必要なのか考えよう

本当に追い求めた結婚

「結婚をして子供を育てることが女の幸せ」と言われた時代がありましたね。愛する人と家庭を築き、愛する人との子供を授かることはとても素敵なことには変わりありません。

しかし、幸せの感じ方は人それぞれですよね。一般的に幸せとされる結婚も、あなたにとって幸せかと言われると必ずしもそうではありません。

周囲の結婚ラッシュで焦っている時には、あえて「結婚は本当に必要なのか」と考えてみましょう。子供が苦手な人もいます。人との共同生活が窮屈な人もいます。

自分の働き方にセーブをしたくない人もいますし、早く家庭に入りたい人もいます。出産の年齢の希望も違うので、一概に何歳で結婚をすると幸せというものでもありません。

結婚は本当に必要なのかを考えた時に、「皆しているから」「親が安心するから」などの理由も浮かびますよね。でもそれ以外に「自分にとって必要かどうか」もきちんと考えるようにして下さい。

結婚を何歳でするかは自分次第

結婚するための婚姻届け

結婚は何歳でするべきかをテーマに、いくつかまとめましたがいかがだったでしょうか?男女共に未婚率が高くなっている現在、人の生き方も幸せの感じ方もそれぞれです。

社会的な風潮や、年配者の言葉などで「30歳までには結婚をしなければ」という暗黙の雰囲気がありますよね。しかしそれも絶対ではないのです。

結婚で幸せになれるかは人それぞれ。自分やパートナーの性格や相性にもよります。相性が良くてもお互いの環境が結婚に向いているかどうかでも変わります。

「自分の幸せは何なのか」「何歳までに実現させたい幸せなのか」を良く考えてみて下さい。総合的に判断することで、自分の適齢期がいつなのか、少しずつ分かってくるはずですよ!

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。