束縛彼氏と結婚はあり?なし?

束縛彼氏と結婚はあり?なし?

「俺以外の男性の連絡先は全て消せ」「今まで何をしていたんだ」と彼女への束縛が強い男性っていますよね。男性への嫉妬はもちろん、同性の友達との付き合いにまで口を出す人も存在します。

同じ女性の友達だからと思っていても、「俺と会うより優先するのか?」と愛情を比べる人もいます。「本当に女性なのか証拠の写真を送れ」と友達を巻き込んで証拠を渡す場合もあるでしょう。

束縛をする男性は、基本的に自分に自信がありません。堂々と強い態度で束縛するので、とても自信満々な強い男性に見られがちですが、実際のところは逆なのです。

今回は、そんな束縛彼氏との結婚について、ありかなしかをまとめました。束縛彼氏と長く付き合っていると、「私を愛してくれている」と勘違いをしやすくなってしまいます。

いちいち行動のチェックが入ったり、友達付き合いを制限させるような男性なら、ぜひ参考にして、もう一度考えてみて下さいね!

束縛彼氏との結婚がありの理由

嫉妬深さは愛情の裏返し

嫉妬深い彼氏を持つ美人女性

束縛彼氏の話を友人から聞いた場合、あなたならどう思うでしょうか?大半は、「面倒くさいなぁ」「うわ、私なら絶対に無理」とその束縛ぶりに驚くことも多いです。

しかし、実際に束縛されている彼女を見ると、意外にも不満を持っていないケースも少なくありません。その理由は「強い愛を感じる」からです。束縛をするということは自分に執着しています。

誰にも取られたくないと強く思うからこそ、自分が行動範囲をコントロールしたいと束縛に繋がっていきますよね。それを好きな人から感じた時、「嬉しい」と思う女性は結構います。

それどころか、「可愛いなぁ」と感じる人もいるようです。嫉妬深いということは、それだけ愛情が強いということ。

それほど自分を好きになってくれる人がこれまでいただろうか。この先いるだろうかと思うと、とても貴重な存在に思えてきます。愛された結婚の方が幸せになれると考える女性も多いです。

束縛する彼氏は自分にも厳しい

自分にも厳しい束縛彼氏

束縛をする彼氏は、「彼女だけではなく自分にも厳しいので安心できる」と考える女性は多いです。少し窮屈に思うような束縛も、その基準で自分も動くのなら悪い話ではありません。

例えば、「他の男が来る飲み会には参加するな」という男性は、自分自身も他の女性が来る飲み会には参加しない人が多いです。

異性の友達をよく思っていない場合は、彼自身も女友達がいないことが多いです。つまり、浮気をするような要素が無いので逆に安心して結婚できるという考え方もあるでしょう。

交際をしていて浮気が発覚したら別れる選択もできますよね。でも、結婚だとバツがついてしまうことや、子供がいた場合の経済面を考えると簡単には別れられません。

少々束縛はしても、やましいことがないことをお互いに把握できるなら、安定した家庭が気づけるかもと思う人は多いです。

束縛彼氏との結婚がなしの理由

束縛は治らない

束縛したがる彼氏

束縛する彼氏が旦那様になると、変わってくれると思いますか?結婚をしたということは、彼の物になったのだから束縛を緩めると思っていたら大間違いです。束縛癖は結婚では治りません。

それどころか、どんどんエスカレートする可能性だってあります。「人妻なのに飲み会に参加するのか?」「どうして結婚しているお前を誘うの?」といちいち干渉してくるかもしれません。

彼の要求に合わせていると、いつしかそれが普通の生活になってしまいます。少しずつ無理をすることで、負担が日常化してしまうのです。

彼からしたら束縛をしている自覚がない場合も少なくありません。束縛彼氏との結婚生活はあなたが一方的に合わす形になりやすいので、リラックスできる結婚生活にはならない可能性が高そうです。

制約の増える結婚生活にプラスして束縛されるのはストレスフル

束縛にストレスを感じる女性

束縛をされていても、交際時には苦痛ではなかったのに、結婚をした途端に嫌で仕方がなくなってしまう場合も少なくありません。結婚をすると独身時代よりも自由時間が減るのが大きな原因です。

独身の時には、基本的に彼と合っている時に合わせれば良かったですよね。飲み会の報告や連絡、交友関係に気をつけていれば、彼と合わない日は割かし自由だったはずです。

しかし、毎日顔を合わせる結婚生活ではそういうわけにもいきません。旦那様が束縛をする男性でなかったとしても、一般的に女性の自由時間は、男性と比べて結婚で極端に減ってしまいます。

男性は仕事が遅かったり、仲間との付き合いで飲みに行ったりする人も少なくありません。家庭のことは奥様メインで独身時代と変わらない生活を送る人もいますよね。そこもストレスが溜まります。

ただでさえ家族全員分の家事や食事の支度、後片付けをして自由時間は前より少なくなっています。その上、彼からの束縛で自由に制限がかかったら、ストレスフルになるのは時間の問題です。

年齢が高くなるにつれて信用して欲しい

彼に信頼を求める女性

付き合った初めはお互いにラブラブな時期ということもあり、交際期間もまだ浅いということで束縛が気にならない場合も多いです。しかし、交際期間が進んで結婚生活を重ねてくるとどうでしょう?

「いい加減に信用してよ」「浮気しない性格だと、長年の関係で分からない?」とうんざりする場合も少なくありません。

制限ばっかりして何様なのか?自分を管理しないでとケンカになることもあるでしょう。最初は気にならなくても年数を重ねると、信頼して欲しいと思うようになり、束縛が鬱陶しくなってきます。

愛情が重すぎる

重すぎる愛情

束縛が強い男性は、一般的に彼女のことが大好きです。誰にも取られたくない。他の男性から狙われたくない。もしくは、他の人に魅力を感じて欲しくないという心理があるでしょう。

しかし、その愛が強すぎると2人の中で上下関係を築いてしまいやすくなります。そうなると、彼もあなたが従って当然という気持ちが出てきます。

もしもあなたが反抗したり、彼の束縛したい気持ちが理解されないと分かった時、どうなるか想像つきますか?「どうして俺のことを分かってくれないんだ!」と癇癪を起こす可能性があるのです。

今までは優しかったのに、怒りだした後に手が付けられなくて、そこからDVに発展してしまう場合もあります。重すぎる愛情は、少し危険だということも踏まえて結婚をやめる女性は多いです。

独りよがり

独りよがりな女性

結婚生活に大切なのは「相手に寄り添う気持ちや行動」です。束縛彼氏にはこの概念が抜けています。「俺が不安だから合わせて欲しい」と彼女に言いますが、では彼女の気持ちはどうでしょうか?

彼氏に合わせることで友人からの誘いが少なくなって、交友関係に影響が出るかもしれません。束縛でストレスが溜まるかもしれません。

そういう相手の立場や気持ちに気付かずに、自分の要求だけを通す男性は結婚生活に向いていません。独りよがりの性格では、結婚生活に支障が出てきますので、止めた方が無難です。

束縛は結婚しても治らない

束縛してくる彼との結婚

束縛彼氏との結婚がありなのかなしなのかについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

束縛彼氏の愛情が嬉しいと感じていても、結婚するとどう感じるかは分かりません。

結婚をすると、これまで以上にたくさんのコミュニティと関わります。親戚付き合いや、子供を含めた保護者同士の付き合いが、元々あった友人関係にプラスで出てきます。

周囲の雰囲気や自分の立場によって、「人妻だから付き合いに参加しなくても良い」とばかり言っていられない場合もあるでしょう。束縛彼氏が旦那様でも本当に無理はないのかよく考えて下さいね!

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。