復縁がどうでもよくなったときの対処法とは?

復縁って、本当にうまくいかないもので、疲れてどうでもよくなってしまうことは多いですよね。

復縁は、昔のことをあれこれ考えてしまうので、お互い慎重になりやすいものです。少し元彼と歩み寄れたからと言って、すぐにヨリを戻せるわけではないでしょう。

そんな「3歩進んで2歩下がる」的な状況がずっと続けば、「もう飽きた…」とさえ思えてしまうことはありますよね。「他の人に目を向けた方が良いかも…」という気持ちにもなるはずです。

かと言って、復縁を諦めてしまう決意をするのも難しいものです。では、復縁がどうでもよくなってしまったときはどうすれば良いのでしょうか?

復縁がどうでもよくなったときの対処法とは?

闇雲に復縁しようと思わない

復縁するために元彼に連絡しようとする女性

あまり闇雲に、復縁にこだわりすぎるのもよくないことです。復縁しようと必死になりすぎないように、冷静になりましょう。

まずはLINEのやり取りを当たり前にして、元彼と交流をするための基盤を固めましょう。

彼と当たり前にやり取りをするようになったら、デートに誘う流れに持っていくと良いですね。計画を立てて実行していく流れを忘れないことです。

がむしゃらなアピールは、空回りしてしまいがちです。その時思いついたことで彼にアプローチしているだけで、自己満足に過ぎない場合も多いのです。

復縁しよう復縁しようと必死になりすぎると、地道に彼と交流していく努力を忘れてしまいがちになります。

時には彼の気持ちすら無視してしまっていませんか?復縁では焦らないことが何よりも大切なのです。

一度別れている仲だからこそ、丁寧に距離を縮めていきましょう。前は付き合っていたから…と面倒臭がって手順をすっとばさないことが必要になってきます。

気持ちが落ち着くまで復縁から離れる

復縁から離れる女性

復縁がどうでもよくなると、関係を修復したいはずなのに、元彼と会うこと自体がしんどくなってしまうことも多いですよね。

矛盾しているようですが、復縁したいと思う願望と、その時感じているゆううつな気持ちは別物な場合が多いです。

そんな複雑で矛盾した気持ちを抱えていると、復縁を頑張るにしても疲れてしまいますよね。

一度気持ちが落ち着くまで、復縁から離れることも大事でしょう。あえて元彼から距離を取るのもありです。

離れて自分の気持ちを整理し、気分が楽になるように努めることが大切です。そのとき、元彼とどうやって復縁しようとは考えないようにしましょう。

考えるだけで「つらい…」「面倒臭い…」と感じることは多いはずです。ネガティブになってしまうことがよくないことなのです。

気持ちが落ち着けば、また頑張ろうと思える日が来るはずです。無理に復縁しようとせず、どうでもよくなったときは、一度復縁から離れて別のことを楽しみましょう。

SNSなど不都合な情報をシャットアウトする

SNSでの連絡

復縁中は、「元彼は別の人が好きなのかも…」など、不安な気持ちに陥りやすいものです。元カノとはいえ、お互いほとぼりが冷めれば復縁できる保証は全くありません。

だからこそ、「もう新しく好きな人ができてるのかも」と心配してしまいやすくなります。ただでさえ復縁にはお互い慎重になるので、ネガティブに物事を考えてしまいがちです。

まずはSNSなど不都合な情報をシャットアウトするようにしましょう。

元彼のタイムラインやつぶやきは極力見ないようにし、情報を頭に入れないようにすることが必要です。

意識していなくても、知らないうちにネガティブな要素を感じて、揺さぶられているのかもしれません。

復縁は難しいものなので、そんな難しいものを成功させるためには、少しくらい都合良くポジティブに考えることが大事なのです。

そのためにも、SNSなどの嫌なことを考えてしまうきっかけになるものは、極力遠ざけるようにしましょう。

やりたいことをやる

好きなことをする女性

復縁がどうでもよくなったときは、一度復縁はお休みし、やりたいことを一生懸命やりましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。