復縁に手紙が良い理由・悪い理由

大好きな人との別れは辛いものです。もしも、復縁できる方法があるのならば、あなたはそれを実践しますか?

復縁するにはまず連絡を取ることから始める必要があります。復縁の連絡手段はメールやLINEよりも手紙を有効的に使うことで、復縁が成功する確率が上がるという話があります。

メールやLINEではなく、あえて復縁したい想いを伝えるツールに手紙を使うメリット・デメリットをまとめました。

復縁に手紙がおすすめの理由

積み重ねられた手紙

復縁するにはまず、別れてしまった相手に連絡を取る必要があります。そのツールに【手紙】をおすすめする理由をいくつかご紹介していきます。

手紙が復縁に有効的になるためには条件があります。①別れてからまだ時間があまり経過していないこと(1か月~2か月以内)。

②別れるときにしつこくしたり、メールやLINEを連続で送って拒否されていないという前提条件です。

まず、時間があまり経過していないという条件の理由には二人の【温度差】の要因があげられます。別れてから1年以上忘れられないという場合などの時、自分はずっと彼のことが好きな状態です。

相手のことを事細かに覚えていたり、いいところばかりにフォーカスをあててして過ごしていると思います。

時間が経過することで相手はもうあなたを忘れて新しい相手が出来ている場合もあります。つきあっていたときの情熱が冷めている可能性は非常に大きいのです。

別れて間もない場合、相手もあなたに対して何かしらの感情を持っている場合や二人の感情の温度差があまりないケースがあります。

その感情にうまく訴え、時間が経過していない段階で手紙を送ることが復縁につながる可能性が高くなります。

次に、別れ際にしつこく復縁を迫らずにメールやLINEを拒否されていない場合です。時間を少し置くと、相手も別れを悔やんでいるケースがあります。

終わりよければすべてよしという言葉があります。別れ際の対応が復縁できるかできないかの分かれ道、という重要なポイントになってきます。

誠実さ・真剣さが伝わる

ラブレターの入ったポスト

手紙は、メールやLINEなどのメッセージと比較して真剣さや誠実さがより伝わりやすいツールです。

メールやLINEで復縁メッセージを送った場合のデメリットと、手紙にしたほうが良いというメリットをご紹介していきます。

メール・LINEのデメリット

長文は読みたくない

復縁をしたいというメッセージを相手に伝えたい場合、色々な想いがあるため文章が長文になる可能性があります。

メールやLINEで長文が送られてきて、読む気が失せた~なんて経験はありませんか?

きちんと相手に自分の今の気持ちを伝えたい場合は、メールやLINEで長文はやめましょう。手紙の長文の方が読んでもらえる確率は高くなります。

メールやLINEは無機質に感じる・真剣味に欠ける

絵文字やスタンプを使いすぎて真剣味に欠けたり、逆に文字だけだと無機質に見えて気持ちが伝わらない可能性があります。

手紙のメリット

真剣な気持ちが伝わる

今やメッセージツールから淘汰されつつある手紙ですが、年賀状や招待状などは今もメールよりも手紙が主流です。

LINEやメールと比較して手紙が真剣さや誠実さが伝わる理由は、書く機会があまりない手紙を書いてくれたんだというところ。

メールやLINEと違い手紙は簡単に送ることは出来ないので、その場の思いつきの気持ちではないという真剣さが伝わります。そして、手紙は書いたり送ったりすることに手間がかかります。

それは、受け取る彼にも伝わるはず。時間をかけてまで手紙を書いて伝えたいことって何?と相手も気になり、メールやLINEよりも読まずにスルーされる確率がぐんと下がります。

手紙を書く上でのポイント

手紙で復縁をするきっかけをつかみたい場合、書く上でいくつかのポイントがあります。

①長すぎず短すぎない文章にする ②相手に対して「なぜ」を問いかけない ③感謝や謝罪の気持ちを伝える

まず、長すぎない文章にすることがポイントです。短すぎるとそっけない印象をあたえるので、便箋2枚くらいに収められるように想いを綴りましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。