復縁したいなら連絡しない方がよい7つの理由とは?

元彼と復縁したいなら、どんな方法が有効的なのか考えたことはありますか?

がむしゃらに元彼と連絡を取ろうとしても、うまくいかないことは多いです。

彼がこちらをそもそも受け入れようとしてくれないこと多いですし、無視されてしまっては傷つくことも増えるでしょう。

そんな状況では復縁しようと思っても空回りしてしまうことばかりですよね。実は、復縁したいなら連絡しない方が良いこともあるのは知っていますか。

押すことにこだわるのではなく、引いてみることにも大事だということです。今回は、復縁する際に連絡しない方がうまくいく理由について解説していきます。

復縁したいなら連絡しない方がよい7つの理由とは?

彼の気を惹くことができる

彼への連絡

実は、別れたあとについ連絡を取ってしまう人は多いものです。強い決断で別れたとしても、やはり後悔や寂しさは残りますし、会いたいと思うのは当然でしょう。

特に別れたことによる寂しさは、当人が思っている以上に計り知れないものがあります。そのため、別れたあと全く相手が連絡してこないと、それ以上に寂しさを感じることが多いのです。

会えなくなって辛くないのか、本当にもうどうでもいいのかなど、寂しさを煽りやすいのですね。

そのため、意外と連絡をしないことで、彼が感じる寂しさを倍増させることができるのも事実です。復縁に成功するためには、彼をその気にさせていくことがポイントになります。

彼の気を惹くためにも、別れたあとは基本的に連絡をしないようにしましょう。

別れた直後は疲れている可能性が高い

別れた直後の男性

別れた直後は、心身ともに本当に疲れますよね。別れは自分たちが思っている以上に、かなりのパワーを使うものです。

本意にしろ不本意にしろ、大事なパートナーを失うことは大きな精神的ダメージになります。長い時間をかけて別れ話を重ねてきた場合も、とにかく疲労がたまっているはずです。

そのため、別れた直後はあなたに一切会わずゆっくりしたいというのが彼の本音でしょう。別れ話で疲れた体や心を癒したいという気持ちが働くため、復縁なんて考える余地はないのです。

変に刺激してしまうと、逆に悪影響になる場合もあります。これ以上心を乱されることを嫌がり、最悪な別れ方になってしまう場合もあるでしょう。

別れた直後は何かと気持ちが疲れているため、ゆっくり落ち着く時間がそもそも必要なのです。

空白の期間ができると新鮮な気持ちになる

空白期間

お互いのことを知らない時間ができると、「今…どうしてるのかな?」と気になることってありますよね。

長い時間一緒に過ごしてきた深い仲だからこそ、別れた後でも相手のことにはどうしても興味がわくものです。

空白の期間ができると、このように新鮮な気持ちが生まれてきます。復縁するためには、お互いに新鮮な気持ちで接することが大事になってきます。

新鮮な気持ちでお互いにドキドキしたり興味を持つためにも、一定期間空白の時間を作ることは必要なことなのです。

良い思い出が残りやすい

デートの思い出

別れた直後は、「○○が嫌だった」など、嫌な思い出ばかりが目立ってしまいがちです。すぐに復縁することが難しいのは、時間をおいて相手のことを冷静に見ることがなかなかできないからですね。

ですが、しばらく連絡を取らずに時間を置くと、今度は良い思い出の方が残りやすくなります。恋愛の場面だけでなく、嫌なことは忘れて良いことだけ印象深く残っている経験はないでしょうか。

学校や仕事などでもそんなシーンはよくあるはずです。時間を置いたことでお互いに冷静になり、好意的に見ることができるようになります。

好意的に見れるようになることで、ポジティブな印象を抱かせることができるようになるのですね。別れた直後は苦い思い出でも、時間が経てば「のど元過ぎれば熱さ忘れる」です。

ほとぼりが冷めれば、たとえ嫌なことでも「良い思い出だった」と気持ちの整理がつくようになるのです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。