ロールキャベツ男子の脈ありサインと特徴は?

ロールキャベツ男子の脈ありサインと特徴は?

近年、男性と一括りに表現するのではなく、『○○系男子』と小分けにして呼ぶ傾向があります。『草食男子』、『肉食男子』などがそのいい例ですね。

今回の記事では「ロールキャベツ男子」にカテゴライズされる男子に注目!ロールキャベツ男子特有の特徴や脈ありサインについて、徹底的に紹介していきます。

そもそも、ロールキャベツ男子とは一体どのようなものなのでしょう?料理としてのロールキャベツを思い浮かべてみてください。ご存知の通り、お肉をキャベツで包み、柔らかく煮込んだものです。

まさにロールキャベツ男子も料理と同じで、草食男子でラッピングした、根本的には肉食男子のことを表します。

では、ロールキャベツ男子の本質が理解できたところで、以下具体的に特徴を挙げて解説していきます。ロールキャベツ男子の突破口として、うまく活用してみてくださいね。

ロールキャベツ男子の特徴とは?

中性的

お茶目な男性

ロールキャベツ男子は一般的に、外見はものすごく目立つようなタイプではありません。めちゃくちゃ派手だったり、奇抜で目を引くような格好もしていません。

誰からも好かれるような、清潔感のある中性的な雰囲気を醸し出していることが多いです。流行に過度に敏感なファッションもせず、ナチュラルな雰囲気をまとっています。

また、かっこつけたりもせず、いつも穏やかでニコニコしているため、だれからも親しみやすい印象を与えます。我が強いこともなく、聞き役や相談役をしていることが多いため、女友達も多めです。

自己主張も少なめで、周囲への協調性が強いため、一見頼りないイメージもありますが、実は知性派である場合も多々あります。

実は肉食なのに、意図して草食を演じることができている点からも知性は見え隠れしています。自分の印象を考え、意識的に草食を演じきるのは、なかなかの計算高さなのです。

がつがつした態度は見せないが、内面は熱い

燃え上がった情熱

ロールキャベツ男子は、穏やかで協調性の塊にもかかわらず、意外にも頭脳派だと先に話しました。

肉食の特徴であるがつがつした態度は万人受けしないことを理解しているため、意図的に受け入れられやすい草食系を演じています。ロールキャベツは、あくまで「みせかけ」なのです。

キャベツで隠されたお肉、つまり本質の肉食の特徴であるがつがつ感を隠すものの、熱い心は持っています。ただ、草食でうまく隠されているだけなのです。

ロールキャベツ男子は知的で計算高い場合が多いです。口に出さないし、当たり障りなく周囲に合わせているだけで、実は内心ではしっかりした考えも持っています。

周りには明かさない大きな夢や野望を持っていて、密かに努力を積み重ねていることもあります。

また、顔色を変えず、穏やかでいつもにこやかに振舞っていますが、内には並々ならぬ思いを抱えていることもあります。表に出さないだけで、意外にも情熱家だったりします。

分け隔てなく接する

友達の一人

ロールキャベツ男子は、ディープな人付き合いを好みません。マイペースといえばマイペースなのですが、ある意味面倒くさい人種と言ってもあながち間違いではありません。

広く浅く、波風立てずみんなと平等に仲よくしする一方で、実は交友関係を面倒いと思っている側面があります。面倒くさいため深い人間関係を築いていこうとしていきません。

常に一定の距離感を保ちながら交友関係を築き、自分で引いた線引きより中に入ってこようとする人を疎ましく思っています。回避依存症に似た特徴を持っているのです。

ロールキャベツ男子の回避依存症的な傾向は恋愛においても見られて、距離を縮めようとする女性を避けたくなります。つまり、自分に好意があり、追ってくるような相手からは逃げたくなるのです。

誰とでも分け隔てなく接するため第一印象はいい反面、恋愛においては攻略することが難しいタイプといえますね。

仲が良くなると態度が変わる

甘える男性

ロールキャベツ男子は、相手から追われると逃げたくなります。相手から迫られることにはかなりの抵抗があります。一方で、自分から心を許した相手には全く違う態度を示すのです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。