片思いで行きたいデート場所とは?

片思いのとき、念願叶って大好きな相手とデートができることになったら、喜びもひとしおですよね。普段なかなか2人きりになれることがないのであれば、ドキドキも増すことでしょう。

では、片思いのときに行ったら成功するデートスポットはどのようなところがあるのでしょうか?また、片思いのときにデートスポットを選ぶ際のポイントはあるのでしょうか?

今回の記事では、「片思いで行きたいデート場所とは?」をテーマに、片思いでのデートのイロハをレクチャーします!

デートスポットの選び方や時間配分、気になるお金事情まで、詳細に解説して行きます。気になる彼とのデートが待ち構えている方必見です!参考にして素敵なデートにしてくださいね。

片思いで行きたいデート場所とは?

攻めすぎて「重い」と思われるのは避けたい

気合の入った夜景の見えるデート場所

片思いのときにデートをする際は、「まだ片思い」であるということをしっかり念頭に入れておかなくてはいけません。

付き合ってない上に、相手があなたをどう思っているかもまだわからない状態です。立場をわきまえてデートを進めていく必要があります。

相手がまだあなたのことを好きでない場合、片思いで攻めすぎたデートプランを企画すると、相手に引かれてしまうこともあります。付き合う前から「重い」と思われるのは避けたいですよね。

ラフな感じで楽しめるデート、という点が、片思いのときにデートスポット選びのポイントになってくるのです。

目的は「知ってもらうこと」と「もう一度会いたいと思わせること」

知ってもらおうとアピールする女性

片思いの状態でのデートは、「相手にあなたのことを知ってもらうこと」が最優先事項になってきます。

デートの中で楽しく、充実した時を過ごすうちに、「もう一度会っても良いかなと相手に思わせること」ができれば大成功なのです。

つまり、「限られた時間の中であなたをいかに知ってもらえるか」を意識しながらプランを練ることが大切です。長期的な交際を考えているなら、あなたが素を出せるデートである必要もあるのです。

また、人となりはすぐに理解できるものではありません。焦って自分をアピールしすぎるのも、逆に相手に不信感を与えてしまいかねません。

1回や2回のデートで、相手にあなたを好きになってもらおうなんて浅はかな考えをしてはいけないのです。

無理なく、気軽に楽しい時間を共有していく中で、ゆっくりと2人の距離を縮め、お互いのことを理解していけるようにしましょう。

相手に合わせようとしすぎると失敗しがち

相手に合わせたデートプラン

そもそも、付き合っていない状態であなたとデートをするということは、相手があなたのことを嫌いではないことは明確です。

むしろあなたのことが実は気になっていたり、もっと知りたいと思っている証拠です。

もちろん、相手に対する気遣いや思いやりの気持ちは必要不可欠であり、あって当たり前のものです。しかしやりすぎるとよそよそしくなり、他人行儀になってしまいます。

本来は距離を近づけるためのデートなのに、逆に相手との距離を遠ざけてしまいかねません。恋愛は接待ではないし、無理に気を使いすぎると失敗してしまうということを意味しています。

つまり、相手を優先しすぎるあまり、合わせようとしすぎて悩むと失敗しかねないのです。よくわからない相手の趣味に合わせようとすると、逆に失敗してしまうのです。

相手に対する思いやりは忘れないながらも、カジュアルな気持ちで臨むことこそ、片思いのデートの心得なのでしょう。

「素の自分が出せる」場所を選ぼう

リラックスした場面

さて、いよいよ本題である片思いでいくべきデートスポットの、具体的な選び方に入ります。

わたしたちは自分が好きなことや楽しめることをしているとき、1番輝きを増します。自然とキラキラするし、相手からも魅力的に見てもらえます。

つまり、相手に自分を知ってもらうことが大切な片思いのデートでは、「素の自分が出せる」場所を選ぶことがおすすめなのです。

具体的には、あなたが読書家ならブックカフェを選ぶ、動物や魚が好きなら動物園や水族館を選ぶなどです。あなたがどのような人なのかが相手にしっかり伝わる場所を選びましょう。

あなたの好きなものに囲まれた場所なら、過度に緊張することもありません。ナチュラルに振舞え、自然と笑みがこぼれたりと、相手にも魅力的に映るはずです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。