デートでおすすめのご飯の種類とは?

たいていの場合、デートに食事はつきものです。女性としては、選んだお店や料理のジャンルがダイレクトに相手の男性を見極める材料になってきます。

お店選びや料理のジャンル選びはかなり高い重要度を占めてきます。

そこで今回はデートでおすすめのご飯の種類に焦点をあてて、シチュエーション別に徹底的に解説していきます。デートで迷った時に参考にしてみてくださいね。

「なんでもいいよ!」と答えがちなデート中におすすめご飯の種類とは?

パプリカ入りサラダ

「何が食べたい?」の質問に対して、恋人からの「なんでもいいよ!」という回答…。正直なところ、この回答が一番嫌だし、めんどくさいと感じる人が大半です。

こんな時は、誰でも食べたことがあるようなオーソドックスな食べ物を言うことが無難ですし、おすすめです。

具体的に言ったら、ハンバーグ、ステーキ、パスタ、うどん、カレーライスなんかがいいですね。というのも、あまりにマニアックな料理を言ったら、お店選びが大変になるからです。

いざとなったらファミレスでことが済んでしまうのも、ハードルが高くなく、利点となります。また、あまり高くつくようなご飯は言わないようにしましょう。

回らないお寿司やフレンチといったものがこの手に分類されます。相手に、お金のかかる人扱いされてしまうことを避けるためです。

食事は大事なコミュニケーションの場

マグカップが2つ置かれたカフェ

食事はただ美味しければいい、と思っている人は多いです。ですが、味と同じくらいその場の雰囲気を大切に考える人もいます。

食事を大事なコミュニケーションの場として捉えているからです。もちろん料理自体が美味しいことは絶対条件です。

しかしその場があまりにも清潔でなかったり、あまりにも周りがガヤガヤしていて落ち着いて食事を楽しむことができないような場ではどうでしょう?

せっかくのデートなのに相手とのコミュニケーションをとることもままなりません。正直なところ味もさることながら、行くお店の雰囲気やセンスも評価の対象になってきます。

気負わない程度に洒落たお店をセレクトしてもらえると、相手としては嬉しい限りですよね!

まだ距離が遠いときのバイキングは微妙

ビュッフェ式でサラダを取り分ける女性たち

バイキングはお互いに好きなものを好きなだけ食べることができて、その上お金の心配もしなくていいです。気軽に入りやすいという点もメリットですね。

しかし、まだお互いの距離が縮みきっていない場合、バイキングは避けた方がよいです。ふつう、本当は好きなものを好きなだけ食べたい。

でも「大食いって思われたくない…」という心理が見え隠れします。その結果、満足いくまで欲のまま食べられず、フラストレーションが溜まるからです。

また、バイキングはご飯を取りに行くために席を立たなくてはならず、落ち着いてご飯を食べることが難しいものです。デートで食事をコミュニケーションの場として捉える人は多くいます。

そんな人にとっては、どうしても慌ただしくなってしいがちなバイキングは、あまり好まれないものなのです。

一方でバイキングは好きなものをお腹いっぱい食べられることのでき、幸せな時間を共有できる料理です。また、注文を決める際の迷いも省くことができます。

そういった理由から、バイキングが好きという声も根強くあります。どうしてもバイキングに行きたい場合は、テーブルオーダーバイキングのお店を選んでみてはどうでしょうか?

テーブルオーダーバイキングならば、席を立たずにバイキングを楽しむことができます。会話重視の人にも比較的おすすめかもしれませんね!

バイキングのお店をチョイスするとしたら、相手が何を重視しているかをしっかり見極めてからにしたいものですね。

フレンチなどあまり親しみがないものはNG

赤ワインとハンバーグ

フレンチや懐石料理など、高級であったりマナーが厳しい料理は避けたほうがいいです。マナーが気になって食事や会話に集中できないからです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。