失恋を引きずる女性の特徴とは?

恋をすると生活が充実しますよね。彼氏がいる生活はとても楽しいものですが、恋が終わってしまうととても寂しく、長い間引きずってしまうという人も少なくありません。

「あの人は元気かな」「何をしているんだろう」「もう彼女がいるのかな」と彼氏が気になってしまい気付けば未練タラタラの状態。自分でも次の恋に行きたいのに、なかなか前へ進めません。

いつまでも元彼のことを引きずっていると、自分も苦しいだけではなく、恋愛に憧れながらも恋のチャンスを無駄にしてしまいます。別れは辛いものですが、なるべく引きずらない方が良いでしょう。

今回は、失恋を引きずる女性についていくつか特徴を紹介します。自分も当てはまるという人は、今のうちに改善して下さい。失恋は辛いものですが、早く新しい恋で幸せを掴みましょう!

失恋を引きずる女性の特徴とは?

感情の発散が下手

落ち込む女性

失恋を引きずる女性の特徴として、「感情の発散が下手」ということがあります。別れ話自体でも、別れた後の生活でも言えることです。

別れ話の時に「嫌!別れたくない!」と泣きだす女性っていますよね。泣いてすがる人もいますが、できない人もいます。ショックですが、取り乱すことができないのです。

また、別れた後の生活でも泣きじゃくることができず、辛い思いをただひたすらに耐えている場合が多いです。「仕方ない」と頭で理解している分、感情がついていきません。

感情を発散させることが上手な人は、例えみっともなくても自分の気持ちを出すことで、スッキリしています。自分の感情を吐き出すことが、彼を引きずらないポイントと言えそうです。

もしも泣けないという場合は、失恋ソングを聞いたり、一度思い切り泣ける雰囲気を作ってみるのもおすすめですよ。

独りで抱え込んでしまいがち

一人で失恋の悲しみを抱え込む女性

失恋をしてしまったら、あなたはどのように過ごしますか?友達に連絡をとるでしょうか。1人でじっと耐えているでしょうか。実は、この行動でも引きずる確率は変わります。

友達や家族など失恋した辛い気持ちを誰かに言えれば、失恋はつらいものの少し気持ちが楽になります。一緒に泣いてくれたり、共感してくれたりするからです。心のよりどころとなるでしょう。

しかし誰にも相談できず、1人で抱え込んでしまう人は引きずる可能性が高くなります。ずっと、彼への気持ちを発散することなく1人でどんどん蓄積してしまうのです。

理由としては「言いづらい」「しつこいと思われたくない」というプライドから。または「話したくない」と閉じこもってしまう人も多いです。

もしも知人に言いにくいならSNSなどネット上の失恋コミュニティなどを利用しても構いません。
人から共感されたり、体験談を聞くことで「自分だけではない」と少し気が楽になりますよ。

ネガティブ思考

ネガティブに考える女性

失恋をしてしまった場合、次の恋につなげるためにも何故振られたのか理由を知りたいですよね。反省するのは良いことですが、ただネガティブに考えるだけでは意味がありません。

例えば、「私がわがまま言いすぎたよな」「あんな言い方をしなければ良かった」「ここが悪かったのかな」と考えませんか?ひたすらネガティブに反省するのは精神的によくありません。

反省した後に、「次は素直にこう言ってみよう」「こういう言い方をした方が良かったのかも」とプラスに改善していきましょう。次の恋愛につなげる意識で反省するようにして下さい。

ネガティブな思考をひたすら考えると、「だから嫌われたんだ」「こんな人誰も好きになってくれない」と悲観的になります。自信もなくなってしまいますので、前向きな反省をして下さいね。

依存していた

仕事のできる男性

付き合っていた時に、ほとんど彼氏に依存していた女性というのは、失恋を引きずる場合が少なくありません。依存をしている分、彼の存在が大きいのです。

例えば、何かを決める時にはいつも彼に合わせていた。いつも彼に頼っていた。彼と会いたくてべったりとしていたなどですね。依存して、彼中心の生活だった場合、彼が抜けると大きな痛手です。

「こんな時、○○君だったら…」「もう○○君と過ごす休日ではないんだ…」と生活に入りすぎていた分辛いのです。付き合っている時から趣味や友人関係を充実させることが大切です。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。