デートを断られた…気まずい状態を乗り越えるには?

勇気を出して誘ったデートを断られてしまうとやっぱり落ち込みますよね。でも1度断られたからってそこで諦めてはいけません。恋愛は誰だって1度や2度の失敗はあるものです。

デートを断られたら落ち込むのは当然ですが、断る方も気まずさや申し訳なさを感じています。そこであなたが思いっきり落ち込んでしまうと、余計ギクシャクした関係になってしまうのです。

さらには最悪の場合、その反応が原因であなたの印象自体も悪くなることも考えられます。すると当然この先デートができる可能性は極めて低くなってしまいます。

しかしそこで落ち込む気持ちを抑えて、相手を気遣いその場に適した反応ができればあなたの印象が良くなる可能性もあります。そうすれば次に誘った時はOKしてくれるかもしれません。

そこで今回はデートを断られた際の気まずい状態を乗り越えるための方法を紹介します。

デートを断られてもそのまま泣き寝入りしたくありませんよね?それなら断られたことを逆にチャンスに変え、次こそデートに持ち込みましょう。

デートを断られた気まずい状態のときにまず考えること

左上を見る黒いタートルネックを着た女性

そもそもデートを断られた理由はどこにあると思いますか?

もちろん間接的に振られたという可能性も残念ながらありますが、必ずしもそうだとは限りません。

好意のある人からの誘いであっても断らざるを得ないことだってあります。またむしろ好意があるからこそ断ったという可能性も0ではありません。

にも関わらずデートを断られただけで落ち込むのは、少々早すぎます。理由も考えずに落ち込んでいてはチャンスを逃す一方です。

デートに断られたという気まずい状態のときにはまず、どうして断られたのかを考えてみましょう。そこからどう動くかはそれから考えることです。

そこでここでは具体的に、断り方からどういう判断をしたらいいのかについて説明していきます。

断り方を見て、脈あり・脈なしか判断

下を見つめる女性とコーヒーカップ

デートの誘いを断られた時は、相手がどんな風に断ってきたかに注目してみてください。相手の置かれた状況や言葉から脈ありか脈なしかを判断することができます。

ではどんな断り方だったら脈ありなのか。まずは断る理由を具体的に説明してくれる場合です。その場合、好意のある人でも泣く泣く断っている可能性が非常に高いです。

例えばその日は家族と出かけるからと断られたら、他の日はどうかなと思いますよね?脈なしの場合そう切り返されたら困るのであまり具体的な理由を言われません。予定が…と濁されるだけです。

逆に脈ありの場合、相手は断って嫌われないかという不安な気持ちを抱いているはずです。そのため本当は誘いを受けたいという意思表示として具体的な理由を言って断ってくることが多いです。

さらに加えて『今回はダメだけど、この日なら…』と相手から別の日を提案してきた場合は、脈ありだと判断していいでしょう。

また脈ありでもあなたが誘ったデートの内容がどうしても受け入れられない場合もあります。たとえば遊園地に誘われても乗り物があまり得意ではないからやむを得ず断るという可能性もあります。

このようにデート自体はOKでもデートの内容がNGで断られることもあります。またそれが過ぎると自分と合わないと脈なしにされてしまう場合もありますので注意しましょう。

他にもデートの誘いを冗談と受け取ってしまっていたり、あなたの気持ちを確かめるために断ってきたりする場合もあります。

人前や大人数の人の前で誘ったり、自分の代わりに友達に誘ってもらったりした場合も断る人は多いでしょう。

このような場合、あなたの誠意が伝わっていないから断っている可能性が高いです。相手の気持ちや立場を考え、真剣に誘ったかを思い返してみてください。

誠意が足りてなかったと少しでも思ったのであれば、落ち込んでいる場合ではありません。そのままにしているとあなたの印象は悪くなっていく一方です。もう一度真剣に誘ってみましょう。

そうしなければ脈ありか脈なしかの判断すらもできません。そうなると2人の関係を進展させることは難しいでしょう。

デートを断られた気まずい状態を乗り越える3つの方法

両手で頬杖をつく女性

デートを断られた段階ではまだ脈なしの場合でも今後も脈なしとは限りません。そして今後脈ありとして見てもらうためには、デートに断られた時の反応が1つの大きな鍵となります。

デートを断られた気まずい状態を相手に悪い印象を与えずに乗り越えることができれば、脈あり圏内に入る可能性はあります。またそれを利用して脈ありと意識させることもできるのです。

なのでデートを断られたら、それもまた1つのチャンスだと思って対応しましょう。そしてデートを断る方も非常に気まずい思いをしているので、その気持ちをくみ取った言動を心がけましょう。

ここでは具体的にデートを断られた気まずい状態を乗り越える方法を3つ紹介します。

これを参考にぜひ、デートを断られても相手を思いやった対応をし、次こそデートができるように良好な関係を築いてください。

好きな男性の親友に相談する

目をつむり耳を傾ける男性

デートを断られた時、相手はどう思って何を考えて断ったのかわからないことって結構ありますよね。するとどんどん気まずくなり、お互いに話しかけることもできなくなってしまうかもしれません。

そうなる前に好きな男性の親友に相談してみてはいかがでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。