好きな男性にデートの誘いを断られたら脈なし?

勇気を振り絞って好きな男性を誘ってみたデート。そんな中で断られたら、言い方にもよりますが、一気にテンションが下がっちゃいますよね。

人によっては、1度断られたら心が折れてしまい、次のデートの誘いを諦めてしまうこともあるでしょう。一方で、そんなに簡単には好きな気持ちに諦めもつけられませんよね。

やっぱりデートにこぎつけたい…でも、1回目のデートで断られて、なんだか気まずいし…。もう1度断られたら、絶対にもう立ち直れない…!

ここではこんな女性の悩みをシチュエーション別に焦点を置き、その時の男性の心理を詳細に解説していきます。

しっかり理解して、好きな相手への適切なアプローチを進めていく参考にしてくださいね。

好きな男性にデートの誘いを断られたら脈なし?

前傾姿勢で謝る男性

女性だけでなく、男性もデートの誘いを断ることには細心の気を使います。後々の関係性を考えたり、相手を傷つけないようにするための優しさからくるものですね。

その『断り方』も男性によって様々です。はっきり言ってくれる人もいますが、大半はオブラートに包んだものです。

そんな『脈なしサイン』を早めに察知できれば、傷を大きくすることもなく、ムダな時間を費やすこともありません。

ここで、意中の彼からの『脈なし』なデートの断り方を、紹介していきます。できればキャッチしたくないサインではありますが、冷静に判断してみてください。

その先の新しい出会いに目を向ける、いいチャンスかも?!

100%ではないが、脈なしの可能性は非常に高い

悲しくて泣き出す女性

正直なところ、好きな男性にデートの誘いを断られたら、脈なしと考えていいでしょう。

断り方も多種多様ですが、デートが実現しなかった場合は100%ではないにしろ、脈なしの可能性が高確率です。

一方で断られた上で、日程の再調整や内容の変更の提案が彼サイドからあるなど、結果的にデートの約束にありつけた場合は別です。むしろ『脈あり』のサインです。

ここで問題なのは、『デートが実現するか、実現しないか』なのです。いくつか候補日をあげてデートに誘ってみることや、彼が忙しくなさそうなタイミングで誘ってみてください。

すると、彼の本心が読み取れることでしょう。1度はあえて断る人もいます(2回目も誘うか本気度を見る)。

過去に恋愛で大きな傷を負っていたり、極度に恋愛に怯えている男性は、女性からのデートの誘いをあえて1度断ることもあります。

この手の男性は、だいたいあなたへの好意はみられるにも関わらず、シャイでなかなか関係性が進展しない場合によくみられます。

人間不信の気にあるこの手の男性には、誠実に気持ちを伝えなくてはせっかく誘ったデートもまた断られてしまいます。

カジュアルに誘うのではなく、重くなりすぎない程度に本気さをアピールして、デートに誘ってみてください。

定番の脈なしデートの断られ方

雪が降る中悲しむ女性

それでは実際のところ、男性は気がない時どのようにデートのお誘いを断るのでしょうか。ここではよくある定番の断り方について、具体的に3つ紹介していきます。

直接的な言葉になっていなくても、暗に察するべきサインや読んでほしい行間…。そんな隠された男性からのメッセージなんかも詳細に解説していきます。

この隠されたサインをしっかりキャッチして、気になる男性のあなたへの気持ちを、しっかり見極めてみてください!

みんなで行こうと提案される

繁華街を歩く複数の男女

「1対1ではデートしたくない。でも、みんながいればいいかな…。」男性のこの心理には、大きく分けて3パターンの考え方があります。

まず1つ目。これはあなたを幹事にして、別の女性と出会う機会を狙っている(それか、あなたの友達の中で気になっている女性がいる)パターンです。

この際、高確率であなたの好きな男性は、あなたに興味がありません。デートではないし、進展の可能性もかなり低いし、ほぼないです。

それでも、少しでも気になる彼との距離を縮めてあなたのことを印象付けたいならば、思い切って乗ってみましょう。

しかし、決して舞い上がるのではなく、好きな彼と他の女性との絡みを見て傷つくことを十分に念頭に入れておいてくださいね。

次に2つ目。まだあなたと距離が近くなっていなく、彼の中ではまだ、二人で過ごすには自信がないパターンです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。