ホワイトデーを元彼との復縁につなげる方法とは?

ホワイトデーを元彼との復縁につなげる方法とは?

日本には、恋人のためのイベントがいくつかあります。これらのベントは恋人でなくても、恋愛を進展させるきっかけにも使うことができるものです。

中でも『バレンタインデー』と『ホワイトデー』は、男女の距離が近づくイベントです。好きな相手がいる人は、利用するべきですね。

では元彼と復縁したい人が『ホワイトデー』を利用するには、どうしたら良いでしょうか。何か良い方法はあるのでしょうか。

今回はホワイトデーを元彼との復縁につなげる方法を紹介します。ホワイトデーをチャンスに変えたい人は、ぜひ参考にしてくださいね。

まだバレンタインの前の場合

バレンタインデーに復縁の気持ちを伝える

復縁したい気持ち

女性からの気持ちを伝える日としてバレンタインデーがあります。ホワイトデーを復縁につなげるのに、まずバレンタインデーに気持ちを伝えましょう。

復縁をする場合、

  • 元々恋人同士であった
  • 原因があって別れた

という点が通常の告白とは異なります。

そこで、好きだという思いを伝えるだけではいけません。別れた原因と対策まで、元彼に話す必要があるでしょう。

このような内容は、メールやLINEで伝えるのはニュアンスが難しいですよね。うまく伝わらないことも多いです。

そこでバレンタインデーは、直接会って告白するようにしてください。それが一番元彼の心にダイレクトに響きます。

その場で返事をもらうのではなく「私は復縁したい」という気持ちのみを伝えます。あとは元彼がホワイトデーというタイミングに返事をくれるでしょう。

ホワイトデーを返事の期限として設定する

返事の期限

通常ホワイトデーは、男性が女性にお返しをする日です。バレンタインデーでの気持ちに対して、返事をする日ですね。

まずは、ホワイトデーの1~3ヶ月前ほどに告白をしましょう。あなたの復縁したいという気持ちを知ってもらいます。

そして元彼に急いで返事をもらうのではなく、「考えてほしい」と時間を与えるのです。しかし無期限にしてしまうと、何もないまま時間だけが過ぎてしまうでしょう。

そこで、ホワイトデーを返事の期限として設定するのです。

「もし復縁してくれるなら、ホワイトデーの〇時に〇〇に来てください」

このように時間と場所も明確に伝えておくと良いでしょう。期間と期限があることで、元彼は復縁に対して強く考えるようになります。

1~3ヶ月ほどの期間が、長すぎず短すぎずにベストです。ホワイトデーは世の中の男性が返事をする日なので、便乗してみましょう。

バレンタインより後の場合

ホワイトデーに告白をする

ホワイトデーに告白

ホワイトデーは、多くのカップルが誕生する日です。そこで幸せな日にあやかって、ホワイトデーに告白しましょう。

最近では逆チョコといって、バレンタインデーに男性が告白することも増えてきました。つまりホワイトデーに告白をする女性がいても良いのです。

あくまでホワイトデーは、1歩踏み出すきっかけです。なかなか勇気が出ないという人は、ホワイトデーというきっかけを武器にして誘い出してください。

ただし、やはり復縁の告白は特別なものです。一度は別れを選んだ相手なので、慎重になる人も多いでしょう。

すぐに返事を催促せず、考えておいてほしいと猶予を与えてください。

手作りお菓子で気持ちを告げる

手作りお菓子

一般的に、バレンタインデーはチョコレート。そしてホワイトデーはクッキーというイメージがありますよね。

そこでホワイトデーには、元彼に手作りお菓子をプレゼントしましょう。交際していたあなたであれば、元彼の好きな味を知っているはずです。

クッキーにこだわらず、元彼の好きなものであれば良いでしょう。一生懸命手作りすることが大切です。

ホワイトデー当日は、『渡したい物がある』と言って呼び出してください。そして手作りお菓子を渡しましょう。

「今日ホワイトデーだから、あなたの好きなお菓子を作ってみたの」。それだけ言ってください。

特に告白や復縁の話をしなくても、十分にあなたの想いは伝わるはずです。そのうえで、元彼がどのような行動に出るのか待ってみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。