キスで分かる彼氏の8つの性格とは?

ふと目が合い、思わずはにかむ。赤信号を待っている間、さり気なく髪を撫でてくれた彼の手にキュンときた。

何もなかった顔をして運転を再開させた彼の横顔に、またキュンとなってしまった。嬉しくて、どきどきして、「このまま時間が止まらないかな」なんて、今日は本気で思えた。

恋人との時間の中で、黙っていても分かち合える、その一瞬一瞬が宝です。さらに、拍車をかけてふたりの温度を上げるもの。それがキスシーンですよね。

今回は、数あるシーンの中からキスシーンを切り取り、男性の行動心理や傾向の背景を考えていきます。

そこから見えてくる彼の性格について、ひも解いていきましょう。

キスで分かる彼氏の8つの性格とは?

目配せキス

様子を伺いキスする男性

キスするときに目配せしながら様子をうかがう男性は、フィーリングで相手の気持ちに気づくことが苦手なタイプです。

それらしいムードになったことは察知できていますが、相手の気持ちを確信するには至らないのでしょう。

元々自信がない、もしくは恋愛経験が少ない、あるいは過去にキスを拒否されたといった、トラウマがあるなどが背景にあります。

過去の女性と比べて、今の彼女は高嶺の花と感じている場合には、少し腰が引けているとも考えられます。

目配せキスに酷似しているのが、事前に「キスしてもいいかな…」と確認するタイプです。臆病でありながらも優しい性格の持ち主でしょう。

相手のことも、自分自身のことも傷つけたくないのです。おだやかな恋を望むのであれば満足できますが、アクティブな女性には物足りないかも知れません。

頬への優しいキス

頬への挨拶代わりのキス

会話にあいさつや前置きがあるように、キスにもステップがあります。

さわやかな頬へのキスを欠かさない男性は、相手の気持ちを第一に考え、気遣うことに長けていると言えます。

また、彼自身が子供の頃からたくさんの愛情を受けてきたため、前向きだけど焦らないという愛情表現が身についているのかも知れません。

愛されることに潜在的な自信がありますので、彼女のことも自然と信頼していくはずです。また、愛情表現にも長けています。

さわやかに気持ちを表現し、心地よい関係を築くこのタイプは、『安心感』という点で、申しぶんのないタイプと言えます。

ただし、優しすぎたり、ユーモアに富んだ会話が苦手だったりと、様々なシーンで物足りなさを感じることは否めません。

長いキス

ディープキスが好きな彼

とにかく長いキスをしたがる男性には、自己陶酔の気配が感じられます。相手がどう感じているのかへの配慮が浅く、キスという行為そのものに勝手に夢中になってしまいます。

寂しがり屋な性格が背景にひそんでいるか、寂しさの表現方法が一方通行になっているのかも知れません。

彼女への愛情表現についても不器用になりがちです。「好き、好き」の連続、忙しいと伝えてあるのにラインを何通も送るなどが代表的な例です。

愛情はあります。彼女とうまく関係を深めていきたいという気持ちもあります。自信のなさや寂しさがベースにある恋愛は、一方通行に気持ちを押す、束縛するといった行動に流れがちです。

強引なキス

強引なキスをする男性

強引にキスをしてくる男性には、押しの強い自信家が多いと言えるでしょう。このため、女性の気持ちに対して鈍感と言わざるを得ない場面が往々にあります。

たとえば、初めてのデートなのに近所のスーパーに行くようなラフな格好で現れる。大切であるはずの彼女との時間に、バイク雑誌やカーオーディオのカタログを読みふるといった行動です。

一緒にいたいという女性の気持ちを上手くくみ取れず、一緒にいるからオッケーと思ってしまう。せっかく目の前に彼女がいても、その表情や態度の変化を見落としがちです。

自分のやることに迷いがありませんのでとにかく、ぐいぐい引っ張ってくれることを求める女性にはマッチします。

また、いつも男友達に恵まれていて、リーダーシップを発揮してきたような男性であれば、昔かたぎの男らしさは期待できます。

ただし、出逢ってからの日が浅い段階から、隙あらばキスしてやろうという行動が目立つようなら、単に体がめあてということもあるので要注意です。

キスと同時にボディタッチ

キスしながら胸を触る男性

すぐに腰に手を回してくる、体を引き寄せる、胸や脚を触るなどのボディタッチを好みます。このタイプにも体めあての傾向を見て取ることがあります。

これまで女性にモテてきた、狙った獲物は外したことがないといった体験がそういった大胆な行動に走らせるのでしょう。

キスは次の行為へのステップに過ぎないと捉え、早く次の段階に進めたいと気持ちが先走っていきます。

男女問わず、成功体験を積むことは自分の魅力を高める糧になるはずです。残念ながらこのタイプは、これまでの体験に溺れているのです。

よほどの刺激を求めている女性か、相当な技量がなければ操れない男性として分類できます。

ただし、これまでの実績(モテてきた、成功体験がある、女性を惹きつける)はあります。ともすると、魅力的な男性が多いとも言えます。

モテてきた人はやっぱりモテるという定義は、誰もが知っている通りです。危険な香りや手に負えない雰囲気を、つい甘い蜜のように感じてしまう女性が多いのも事実でしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。