キスが疲れる理由と対処法とは?

キスをすることに疲れたり、しんどいと思ったことはないでしょうか。そのような場合が続くと、もうキスなんてしたくないとなってしまうことも。

さらに、無理してキスをしているとあなたと彼にも悪影響が出てしまいます。言葉で言わなくても、良くないことは雰囲気で伝わってしまうものです。

今回は「キスが疲れる理由と対処法」をまとめてみました。キスする事が嫌だと逃げ腰になっている方も、疲れる理由と対処法が分かればキスに疲れることなんて無くなります。

しんどくて疲れる苦痛のキスをするより、素敵でまたしたいと思えるキスをしてみませんか。

キスが疲れる理由と対処法とは?

力みすぎ

キスで力む女性

キスをする時に疲れてしまう理由の1つは力みすぎているという点です。人は唇や舌を動かすときに顔の筋肉も使います。力を入れすぎてしまうことによって筋肉を使ってしまいます。

キスをするたびに顔の筋肉を使っていたら、さすがに疲れてしまいます。変に力みすぎてキスをしていては、良いキスは出来ません。

キスが疲れるといったイメージが付いてしまうと、その時間が苦痛になってしまいます。せっかくのキスがそんなイメージではもったいないです。キスは素敵なことです。

キスは優しくお互いの唇を重ねるようにするのが一番です。キスをして疲れるのは力が入っているので、力を抜いて試してみてください。

キスをする時は「添える」イメージでしてみてください。そうすることで楽に「またしたい」と思えるようなキスを味わえます。

長すぎる

長いキス時間

キスに時間制限なんてありません。だからといって、長いキスをすることによって少し疲れてしまう場合も。長いキスが悪いわけではありませんが、ほどほどにするということをお忘れなく。

1回のキスが何分もかかると夢中になってない限り、息継ぎなど疲れてしまいがちです。キスの息継ぎは大きく息をするのではなく、キスの合間に軽くするものです。

それが何分もかかる長いキスであれば息継ぎのタイミングを見失ったり、苦しいと思うとムードも台無しになります。キスの長さは疲れないくらいにするのがベストです。

夢中になって止めれない場合はそれでもかまいませんが、長すぎると苦しくなってしまいます。相手に任せていると疲れる可能性がある場合は、自分からキスを切り上げることも大切です。

緊張している

彼とのキスに緊張する女性

気が張っているとキスするだけでドッと疲れてしまうなんてことも。これは力みすぎにも関係しますが、緊張していると変に体に力が入ってしまったり、精神的疲労にもつながります。

付き合った人と初めてのキスで緊張するなというのは難しいでしょう。ですが、長年付き合った人とのキスに毎回緊張していては心も体も持ちません。

もし、長年付き合った人とのキスで緊張することがある場合は、少し気持ちを落ち着かせてみましょう。自分がなぜ緊張しているのかを考える必要があります。

緊張することによってキスが嫌いになったり、避けるようになったら相手との関係も悪化します。「緊張」を取り除く方法が一番なのです。

対処法とは?

身体の力を抜くことを意識

キスのときにリラックスする女性

まず、キスに疲れないために取り組むべきことは身体の力を抜くこと。簡単に身体の力を抜くことが出来ない方は、自然体でいられる体勢でキスすることをおすすめします。

寝転がってキスなど楽な体勢でキスすると力が抜けやすかったりもします。自分がリラックスできれば無理なくキスが出来るはずです。

逆に、正座や直立など力の入りやすい格好だと、力の入りやすい人や緊張しやすい人にはおすすめできません。寝転がってと聞くと、ラフに聞こえるかもしれませんが、それくらいでいいのです。

ラフなスタイルがダメという規則もないですし、キスをする姿勢も決まっていません。だからこそ自分にとって楽かどうかが一番なのです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。