歯が当たる…正しいキスの7つのやり方とは?

正しいキスの仕方を知っていますか?歯が当たって痛い思いをした、雰囲気を壊してしまった、なんて方もいるのではないのでしょうか。

実際に失敗をしたことがなくても、自分のキスが果たして正しいものなのか、どう思われているのか、不安になったりしますよね。

せっかくのキスですから、失敗はもちろん、不安は取り除いておきたいものです。

顔の角度や姿勢、距離感、口を開くときや舌を絡ませるタイミングなど、キスには大切なポイントがいくつかあります。

今回は、正しいキスの7つのやり方について紹介します。

紹介する7つのやり方だけが正しいキスのやり方、というわけではありません。ですが、今後キスをするときの失敗を回避したり、不安を取り除く助けになります。

彼にキスの相性がピッタリと思ってもらえる、キスのやり方の参考にもなるはずです。

歯が当たる…正しいキスの7つのやり方とは?

まずは軽く唇を合わせるソフトキス

ほっぺにキス

彼とキスをする雰囲気になったら、まずは軽く唇を合わせる程度のソフトキスからはじめましょう。

ソフトキスであれば唇を合わせるだけですので、最初から歯が当たってしまって雰囲気が台無し、という事態は避けられます。

何度か同じようなソフトキスを繰り返して、彼とのキスのタイミングを確かめましょう。そうすることで、最初からキスを失敗してしまうリスクをかなり下げることができます。

また、ソフトキスはムードを演出するのにも効果的です。最初から長めのキスをしたり、舌を絡ませるようなディープキスをするというのも、情熱的で良いムードが演出できます。

一方、軽く唇を合わせる程度のソフトキスから始めると、じょじょにお互いのテンションが上がっていきます。

自然な形でムードを演出できますし、ゆっくりと濃厚なキスに切り替えていくことで、雰囲気も良くなっていきます。

顎を下げてキス

顎を下げたキスをしやすい体勢

キスをするとき、顎の角度はどうなっていますか?

歯が当たってしまった経験がある方は、その時の顎の角度を思い出してみましょう。

歯が当たってしまう場合、顎を上げた状態でキスをしている可能性があります。顎を上げた状態でのキスは、どうしても歯が当たりやすい角度になってしまいます。

女性がときめくキスとして「顎クイ」というキスもありますが、顎を上げることはキスの正しい方法としては適切ではありません。

キスをするときは、顎を少し下げてみましょう。それほど大げさに下げる必要はありません。気持ち程度に、顎を引くイメージで充分です。

それだけで、キスのときに歯が当たってしまうのを避けることができます。

顎を下げることで、キスにガツガツしすぎない、恥ずかしがっている様子や控えめな印象を与えることもできます。正しいキスの方法を実践しながら、可愛らしさもアピールしましょう。

口を少し開く

口を少し開いてキス

キスをすることに緊張して、口元に力は入っていませんか?または、無意識に口元を結んでしまっている可能性もあります。

キスをするときは、舌が出て、少し空間ができる程度を意識して口を開いてみましょう。そうすることで、キスの最中に歯が当たってしまうという事態を回避できます。

歯が当たってしまうことを回避できるだけでなく、彼もキスがしやすくなります。

口を開かないでいると、中々次の展開に持っていくことが出来ず、彼も困ってしまいます。拒否しているわけではないのに、そう思われてしまうのも悲しいですよね。

舌を絡ませるディープキスに切り替えるときもスムーズに進めることができます。口を少し開くだけで、お互いの息を感じながら雰囲気の良いキスをすることができますよ。

ゆっくり舌を絡ませる

ゆったりとしたキス

ソフトキスから始まって、雰囲気が良くなってきたら、ゆっくりと舌を絡ませましょう。このとき、唇でキスをするのではなく、舌でキスをすることを意識することが重要です。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。