手に入らなかった女性にも未練は残るものなの?

男性は過去の恋に対してどの程度未練を抱くものなのでしょうか?

男性は思いきりがはっきりしている人も多いですし、女性に対してはあまり未練を感じなそうな気もしますよね。

特に周りに対しては自分の弱さを見せない男性は多いものです。だからこそ、過去の恋のことは潔く忘れてしまいそうな印象も受けるものです。

ですが、男性も過去のことに対して未練を感じることはあるのです。では、未練を感じる相手が、手に入らなかった女性だった場合はどうでしょうか?

男性にどのくらい未練が残るものなのでしょうか。今回は、手に入らなかった女性に対して男性はどれくらい未練を残すものなのか、以下で解説していきます。

手に入らなかった女性にも未練は残るものなの?

本当に好きな女性だった場合は残る

本当に好きな女性

相手の女性が本当に好きな人だった場合、当然未練は感じるものでしょう。誰にでも「こんな人には二度と会えない」と感じるくらい運命的な恋をする瞬間はあるものです。

素敵な女性に恋をして、結果として手に入れることができなかったら、誰でも後悔や未練を感じることでしょう。

本当に愛した女性に対しては、どんなにハキハキとしている男性でも未練を感じてやまないはずです。自分がもっとこうしていれば…と過去の行動を悔やむかもしれません。

もっと違った未来があったら…とどうしようもないタラレバを考えしまうこともあるかもしれません。本当に好きな女性の前では、どんなに大胆不敵な男性でも弱くなってしまうものなのです。

肉体関係狙いの女性には残らない

肉体関係狙い

未練が残るかどうかは、真剣な恋愛感情があったかどうかです。そのため、例え手に入らなかった女性だとしても、相手が肉体関係のみの人であれば未練は残らないでしょう。

肉体関係のみの女性には、ほとんど恋愛感情などないからです。恋愛感情のない相手に対しては、ドライな態度で接することができる男性も多いものです。

もし過去に体の関係のみだった男性がいた場合、自分に対して未練を感じてもらえている可能性は低いと言えるでしょう。

重要なのは、真面目な恋愛感情を抱いて接していた相手だったかどうかなのです。

片思い期間が長いと残りやすい

片思い期間が長い男性

長い間片思いを続けて、結果として手に入らなかった女性もいるでしょう。片思いを長く続けてきたということは、それだけ相手のことを長く深く好きでいたということです。

長い間片思いをしていた女性に対して、思い入れがないわけがありませんよね。当然片思いを長く続けてきた女性に対しても、男性は強く未練を残すことになります。

片思い中は相手の気持ちが分からずモヤモヤすることも多いため恋愛感情が膨らみやすいのも特徴です。

すると必要以上に相手の女性への思い入れが強くなってしまう傾向があります。結果として振られても、思いを伝えることなく諦めることになっても、ショックは長く残るでしょう。

そんなショックな気持ちを、長い年月を重ねても片思い相手の女性に対しては残してしまうのです。

他の女性と交際すれば徐々に薄れる

他の女性と交際する男性

手に入らなかった女性に対して、男性が未練を残すことはあることです。ですが、それも自分自身に恋人がいないとき限定であることも多いのです。

なぜなら、自分自身に新しい彼女ができれば、手に入らなかった女性のことを気にする必要なんてなくなるからですね。

過去の女性以上に夢中になれる存在ができるため、自然と未練もなくなっていくのです。新しいことをどんどん経験し、昔のことの記憶が徐々に薄れていくのと同じでしょう。

つまり、もし過去に何かしら接点があった彼と復縁したいなら、彼が新しい恋人を作るまでがチャンスというわけです。

自分自身にも経験はあるはずです。過去の恋を気にしていた時期はあれども、新しい恋が始まればけろりと忘れてしまったことはあるのではないでしょうか。

未練が残るとは言っても、何年も何十年も同じ人に対して未練を抱えているわけではありません。他の女性と交際すれば、手に入らなかった人に対する未練は消えていくものなのです。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。