元彼への『未練』と『執着』の違いとは?

元彼への『未練』と『執着』の違いとは?

別れた元彼のことを思い出すと、まだまだ苦しく切ない気持ちになることってありますよね。「好き」という気持ちが消えるどころか、元彼を想うとどんどん気持ちが増してくることもあるでしょう。

元彼への未練かと思っていたら、いつの間にか恋愛感情よりも執着心が強くなっていることもよくある話です。今回は、「純粋な恋心の未練」と「自己中心的な執着」の違いについて説明します。

元彼をなかなか忘れられずに苦しんでいる人は、それが未練なのか執着なのか、一度考えてみましょう。自分では気付かないうちに執着している場合もあるので参考にして下さいね!

元彼に未練がある状態とは?

元彼のことが純粋にまだ好き

元彼への純粋な気持ち

元彼に未練がある状態とは、「まだ純粋に元彼が好き」という状態のことを言います。どんなにひどい振られ方をしていても、「でも優しいところがあるの」友達から庇うような感じです。

このタイプの人は、よく言えば一途なのですが、悪く言えば恋愛フィルターで盲目になっています。浮気されても「私が彼に構えなかったから悪かった」と反省するようなタイプです。

会えなくなった今でも元彼が好き。会いたい気持ちがある。恋しい。元彼のことを悪く思うでもなく、嫌うでもなく、ただ彼が好きという気持ちでいっぱいの状態です。

未練があると、どうしても次の恋には行けません。無理やり気持ちを切り替えようとすればするほど、元彼を思い出すからです。結局「やっぱり元彼が…」となるので無理をしない方が賢明です。

ふとした瞬間に思い出す

元彼を思い出す女性

元彼へ未練があると、ふとした瞬間に楽しかったころを思い出してしまいます。別に元彼の話が出たわけでも、街で見かけたわけでもないのに何となく思い出したことはないでしょうか?

例えばクリスマスやバレンタインなど、イベント時に思い出す人は多いです。「去年の今頃は、どこのホテルに泊まるか一緒にはしゃいだな…」と彼がいた頃と、今を比べてしまいます。

イベントシーズンではなかったにしても、彼とよく聞いていた音楽や彼の付けていた香水が偶然あると思い出します。急に彼が恋しくなって、まだ好きだったことを自覚することもあるでしょう。

一度自分の未練を意識してしまうと大変です。「もう忘れなくては…」「今更どうにもできない…」と分かっています。でも、自分の気持ちに蓋を出来ない人がほとんどです。

元彼以上の存在に出会えていない

元彼以上の恋

元彼へ未練がある状態とは、元彼以上に好きな人が出来ていない状態です。彼以上の人に巡り合えていないともいえるでしょう。出会いがあったとしても、どうしても元彼と比べてしまいます。

相手に悪い所があれば、「彼はこんなこと言わなかった」「彼なら…」と比べ、やはり彼が良いとなるでしょう。しかし、もしも相手に悪いことが無かったら?それでも答えは一緒です。

「彼と同じことを言った」「彼もこうだったな」と結局は彼を思い出し、彼と同じところを見つけてしまいます。相手を気に入ったように見えて、これでは元彼を追いかけていることと変わりません。

元彼とは違う。元彼よりも素敵な人だと思わなければなりません。元彼に未練がある人は、そう思える人にまだ出会っていないと言えるでしょう。

元彼に執着がある状態とは?

見返したい

元彼を見返そうとする女性

元彼に未練ではなく執着がある状態とは、「見返したい」など彼への意地がある場合です。例えば、付き合っていた彼が他の女性に乗り換えたとしましょう。すごくショックな出来事ですよね。

ここで、未練がある人なら「彼に戻ってきて欲しい」「私はまだ彼が好き」というように、彼に恋をした状態です。しかし、未練ではなく執着を持っている人は根本的に違います。

私よりも他の女を選ぶなんて許せない。絶対に私を選ばせてやる。私が振られたなんて受けいれられない。あの女より良かったと後悔させてやるなど、自己中心的な見栄がほとんどです。

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。