恋愛で2年目の壁に当たる理由と乗り越える方法とは?

よく、倦怠期は「3」の付く時期にやってくると言われています。3か月、3年など…。

しかし、3年目にいきなり気持ちが冷めるのではありません。2年目に壁を感じ、それをどう乗り越えるかで3年目は決まります。

ここでは、そんな恋愛で2年目の壁に当たる理由と乗り越える方法について紹介します。米イリノイ大学の心理学者スーザン・スプレッチャー氏によると、結婚しても2年目が一番危険だそうです。

なんと「結婚生活の幻想が崩壊する期間」とも言われています。恋愛中分泌されるエストロゲンやドーパミンなどの脳内ホルモンは、約2年で通常の状態に戻ってしまいます。

つまり結婚生活でも、付き合ってからでも2年目をどう過ごすかというのは、とても重要なポイントなのです。

恋愛で2年目の壁に当たる理由と乗り越える方法とは?

ドキドキが薄れてきて相手の嫌なところが目に付く

相手の嫌なところを指摘する女性

お付き合いを始めて2年が経つと、マンネリを感じる傾向にあります。付き合い初めの頃は、日帰りや泊まりで遠出するカップルが多いです。

ですが、2年も経つとだんだん慣れてきます。1年目は初めてのことばかりで新鮮ですが、2年目はドキドキ感も薄れてしまいます。

慣れてくると、デートも近場で済ませるようになります。お互いの部屋ばかりになっている人もいるのではないでしょうか。

外食もレストランから、近所のラーメン屋さんなどになりがちです。すると、相手の嫌なところが目に付くようになるのです。

しかし、良いところしか持っていない完ぺきな人間なんていません。相手の悪いところを受け入れられないと、別れの原因にもつながります。

もちろん、暴力や浮気などは受け入れる必要はありません。相手の良い面と悪い面の両方を認めてあげましょう。

お付き合いが始まってすぐは、誰でも何かしら欠点を隠しているものです。ありのままの姿を見せてくれるぐらい、心を許してくれたと考えましょう。

お互いが気を遣わなくなる

遠慮がなくなるカップル

2年目にもなると、お互いが気を遣わなくなります。これにも、良い面と悪い面があります。

良い面としては「何でも話せる」ということです。しかし一方で、つい余計なことを言いがちです。

例えば「期待してないから大丈夫」「男のくせに…」など。軽はずみに「別れよう」なども、言わない方が良いです。

なぜ余計なひとことを言ってしまうかというと、心理学の「投影」に関係があります。つい言ってしまう一言とは、あなたの中で「自己嫌悪」していることなのです。

よく、お付き合いしている人は自分の鏡だと言います。自分の嫌っている部分を、相手に見つけたとき余計な一言を言ってしまう傾向にあります。

ですが余計なことを言ってしまうことを怖がり過ぎて、彼に遠慮するのも考えものです。人は「一段下から見上げてくる相手に恋はできない」からです。

卑屈になったり、彼の言うこと全てに従ってしまうのはおすすめできません。逆に、相手を少しぐらい雑に扱った方が良い場合もあります。

彼の気持ちが冷めてきているのを感じたときは、すがるよりあえて雑に扱ってみましょう。

周りに誘惑されがち

誘惑に負けそうな彼氏

刺激がなくなっても、好きな気持ちがなくなった訳ではないはずです。ですが2年目になると、周りの誘惑に負けてしまう場合もあります。

特に男性は恋愛にドキドキしないと、新しい刺激を求めがちです。他の女性に意識がすぐ向かってしまうのです。

あなたがもし、付き合いだした頃よりメイクや服装に手を抜いている場合は要注意です。女性らしい魅力を感じられなくなった時に、誘惑に負けてしまうことが多いです。

また周りの男友達が、浮気ばかりしている場合も要注意です。「みんなやっていること」だと思ってしまいます。

周りの環境も大切です。あなたが彼から信頼されていないケースも要注意です。

「他の男性と遊んでいるのでは?」と疑っていると、自分だって…という気持ちになりがちです。彼が今まで遊んできていない誠実なタイプな場合も、気を付けておきましょう。

遊んだ経験がない分、誘惑にハマると抜け出せないことがあります。

乗り越える方法とは?

感謝の気持ち、思いやりを言葉にする

ありがとうの気持ち

では、どうしたら2年目を乗り越えることができるのでしょうか。今からすぐできることとしては、感謝の気持ちや思いやりを言葉にして伝えましょう。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。