【恋愛心理学】色を恋愛に使う7つの方法とは?

恋愛と色の関係性をご存知でしょうか?一見、恋愛テクニックに色なんて関係ないようにも思えますよね。

しかし、実は、心理学的にも恋愛と色は深い関わりがあることが分かっています。全ての色が関係しているというわけではなく、恋愛により効果を発揮しやすい色というのがあります。

この色の効果というものを、時と場合でうまく使い分けることにより、思い通りの恋愛をすることができます。

逆に恋愛にとって相性の悪い色というものもあります。基本的には明るい華やかな色の方が恋愛向きで、暗めの寒々しい色は恋愛との相性が悪いとされています。

普段はあまり、明るめの色を身につけない人や色を全く意識しない人はこれから少し意識してみることをおすすめします。

特に、合コンに行く前や初デートの時など、初対面のときに相手に与える影響が大きいです。

では、実際にどの色が恋愛においてはどんな効果を発揮するのかを具体的に見ていきましょう。最も効果が出やすい定番の色で説明していきます。

【恋愛心理学】色を恋愛に使う7つの方法とは?

ピンクは女性らしさを表す

女性らしいピンク色

まずは、恋愛において女性はピンクを多めに取り入れるといいでしょう。ピンクというのは女性らしさを感じさせる色なのです。また見ている人を穏やかな気持ちにさせる効果があります。

男性がピンクを身にまとっている女性を見ると女性らしさを感じ取りやすいのです。ですので、ピンクという色は自然と恋愛しやすい状況を作り出す色なのです。

ピンクの中にも、薄いピンクから濃いピンクまで様々なものがあります。あなたの好みで選ぶのもいいし、迷ったら薄めのピンクにするとより女性らしく見えます。

また、どうしてもピンクが苦手な方は、ハンカチなどの小物でも効果はあります。ちょっとしたアクセントとしてピンクを使うだけでも全く使わないよりは女性らしさを演出できます。

赤は目立ちたいときにおすすめ

目立ちたがり屋向け赤色

赤色というのは他の色に比べてもひと際存在感の強い目立つ色です。ですので、意中の男性の視線を引きつける効果があります。

また、興奮作用の働く色でもあるので、いざというときの下着の色を赤にすると男性を興奮させることができます。

赤色の使い方としては、あまり派手に使いすぎない方が無難です。服もバッグも赤色だと、相手に恐怖心を与えてしまう可能性があります。

ですので、アクセント程度に赤を使うのがベストです。最もおすすめなのは、バッグや靴に赤を使うとファッションがより映えます。

他にも、口紅やチークなどに使う程度でも一定の効果があるのでおすすめです。とにかく赤色というのは、使い過ぎだけには注意と覚えておいてください。

緑は落ち着きを与える

癒し効果のある緑色

緑というと草や木などの自然をイメージさせます。これらは、マイナスイオンと言われるように気分を落ち着かせるときに効果のある色です。

恋愛においても、緑は穏やかなイメージを与え、一緒にいて落ち着くといった効果が期待できます。男性が落ち着きたい気分のときに緑を身につけている女性を見ると癒されます。

ですので、仕事でストレスの溜まって落ち込んでいる男性には緑の服を着て相談に乗るとより効果があります。

もし、あなたの意中の男性が落ち込んでいたら、緑の服を着て励ましてあげましょう。きっと男性は気分が落ち着いてあなたに心を開いてくれるでしょう。

デメリットとしては、緑は落ち着いた色なので、活発なイケイケタイプの男性にはマイナスです。イケイケタイプの男性には、華やかな色の方が効果があります。

黄色は明るいイメージを与える

ひまわりのような明るさのある黄色

黄色は、明るく活発なイメージを与える色です。周囲の人からも話しかけられやすい色で、人見知りの人などは黄色を着ていると周囲に溶け込みやすくなります。

ですので、パーティなど男性には話しかけられたいときには、黄色のファッションをするのがおすすめです。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。