復縁を誕生日LINEきっかけでする方法とは?

元彼と復縁するためには、連絡を取るようになるきっかけが大事になってきます。では、どんなきっかけが一番効果的なのでしょうか。

注目しておきたいのは「誕生日おめでとう」のLINEメッセージです。元彼の誕生日が来たら、久しぶりに誕生日LINEを送ってみましょう。

復縁のきっかけを作るためには、誕生日LINEがとても有効的なのです。では、復縁を誕生日きっかけでしていくためには、どのようなポイントに気をつけるべきなのでしょうか。

今回は、誕生日LINEでの復縁方法のポイントをまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。

復縁を誕生日LINEきっかけでする方法とは?

まずは「誕生日おめでとう!」などと軽く連絡

誕生日おめでとうの連絡

誕生日LINEだからと言って、あまり固く考える必要もありませんし、やたらに長い文章を送る必要もありません。まずは「誕生日おめでとう!」と軽く連絡をしましょう。

元彼とどんな別れ方をしたかにもよりますが、今は関係が切れている二人です。心のこもったメッセージを送るのは、かえって逆効果で不審に思われてしまうことも多いのでやめましょう。

一言おめでとうの文を伝えて、あとは可愛い感じのスタンプがある程度で良いでしょう。大事なのは誕生日LINEをきっかけにできるかどうかという点です。

きっかけ作りなので、あくまで自然に誕生日を祝ったという状況を崩さないようにすることが大切です。そのうえで、彼の出方をうかがうようにしましょう。

返事が来なかったら諦める

諦める女性

もし彼から返事が来なかったら、残念ながら諦めるしかないでしょう。誕生日LINEはただの挨拶ではなくお祝いですから、微妙な人から届いても「ありがとう」の返事はするものです。

それなのに返事が返ってこないということは、「関わりたくない」ということの意思表示でる場合が多いです。

無視してしつこくLINEを送ってしまうようでは、ドン引きされてしまって逆効果になります。もしくは返事をする余裕もないくらい、忙しくて切羽詰まっているかです。

ですが、どんなに切羽詰まっていても、大事に思っている人への誕生日LINEくらいは返事をするでしょう。つまり、あなたはもう彼にとってその他大勢になってしまっている可能性もあります。

いずれにせよ返事が返ってこないのであれば、諦めて身を退くしかありません。

「ありがとう!」など一言返信が来た場合

ありがとうの連絡に頬を緩ませる女性

一言お礼の返事が来る場合も多いはずです。よほどひどい別れ方をしていない限りは、一応の建前でお礼の返事は返してくれることでしょう。

本心では実際嫌がっている可能性もあるため、本題はそのあとですね。「最近何してるの?こっちは〇〇頑張ってるんだ」などと近況を軽く返してみるのが良いですね。

いきなり「最近何してるの?」だけでは変に勘ぐられてしまうので、こちらの情報を添えることは忘れないようにしましょう。

しばらく返事を待ってみた結果、それ以降返事がなかった場合も、残念ながら諦めるしかありません。彼は礼儀で「ありがとう」と返事したのみで、それ以上踏み込ませるつもりはないのです。

「もう連絡してこないでほしい」という無言の意思表示である場合も多いですね。復縁できる可能性があるのは、それ以降の返事が返ってきてからです。

誕生日LINEは良いきっかけにはなりますが、返事がまともに返ってこないのでは望みは薄いのも事実です。

「ありがとう!最近どう?」など疑問形とセットの返信ならチャンスあり

好きな人からの返信を喜ぶ女性

もしありがとうというお礼LINEと一緒に、「最近どう?」という言葉があったら嬉しいですよね。

「元気?」という何気ない言葉でも良いです。要は、こちらが返信する必要がある疑問形とセットだった場合は、チャンスがあるということです。

無視されてしまったり、お礼のみでは、それ以上踏み込むのは難しいものです。ですが、疑問形とセットで返ってきたということは、気まぐれでも彼は話をするつもりがあるということになります。

このチャンスを逃さないようにすることが大切ですね。実は彼も話したがっている可能性だって十分にあります。

感じの良いやり取りが続いたなら、「1回会わない?」と軽く連絡してみましょう。もし結果として彼が前向きな答えをくれたなら、復縁できる可能性はありだと言えるでしょう。

誕生日LINEでは会うことを目的とする

好きな人とデートする女性

誕生日LINEをきっかけに復縁するポイントは、会うことを目的として会話をすることです。

誕生日LINEから良い感じのやり取りができたからと言って、そのまま復縁したいことを伝えるのは現実的ではありません。

すぐに復縁することは諦めましょう。段階を踏んでじっくり復縁のチャンスをうかがっていくべきですね。会うときはデートではなくても、友達を含めた複数人でも良いでしょう。

むしろ最初は複数人の方が、彼も変に構えなくて済むので良いかもしれませんね。会うことの誘いは、「久しぶりに会って話さない?」など軽めに言ってみることをおすすめします。

復縁を前提として真剣に誘うのは、いきなり重すぎるのでNGです。彼も拒否してしまうかもしれません。

「良いお店があるから」「一緒に行く友達が足りなくて」など、何かしら口実をつけて軽く誘えるのが一番ですね。あくまで彼を構えさせないように誘うことが大事なのです。

誕生日LINEを送る際のポイントは?

送るのは誕生日の21時ごろ

夜の21時

誕生日LINEを送る際のポイントについても整理しておきましょう。誕生日LINEの返事をもらいやすくするためにも、送る時間帯もある程度考えておく必要があります。

返事が来やすいのは21時頃なので、このあたりの時間帯を狙うと良いでしょう。仕事や学校が終わり、ご飯も食べて一息ついている頃なので、多くの人が21時頃にLINEのやりとりをしやすいのです。

また、もし彼の仕事の状況や返事を返しやすい時間帯を知っているなら、その時間帯を狙っても良いですね。大事なのは返事を返してもらいやすい時間帯に誕生日LINEを送れるかどうかです。

気合を入れて0時などの日付が変わる瞬間を狙うひともいるかもしれません。その方が愛が伝わると思いがちですが、恋人同士ではない今、日付が変わる瞬間は避けた方が良いでしょう。

恋人同士ではないのに、日付が変わった瞬間に誕生日LINEを送るなんてそもそも気合が入りすぎていて疑問ですよね。

また、いくら誕生日とはいえ、寝ている場合も多いので返事は見送られてしまいやすいのです。絶対に返事を返してもらうことを狙うなら、21時あたりを目安に誕生日LINEを送ると良いでしょう。

別れてから3か月後以降のほうがよい

3か月後

復縁したくて焦る気持ちは分かりますが、なるべく別れてから時間は空けるべきです。できれば別れてから3ヶ月後以降、最低でも1ヶ月は空けたいところですね。

久しぶり感があった方が、復縁もうまくいきやすいのです。そもそも時間があまり空いていないと、別れた傷跡などもありますので連絡をそもそも取りたくない人も多いです。

つまり、あまりに早いうちに連絡してしまうと、無視されてしまうことも多いということです。ほとぼりが冷めれば、お互いに「最近どうしてるんだろう?」という気持ちが生まれやすくなります。

お互いへの興味関心を戻しておくためにも、時間は空けておくべきなのです。

理想は占いの先生に相談すること

紹介した誕生日LINEの送り方、内容やタイミングは一般論になります。あなたの元彼の近況はわからないので、当てはまらない可能性もあるでしょう。

おすすめは復縁に強い電話占いの先生に相談してみることです。元彼の近況や誕生日に送るべきLINEの内容、タイミングを教えてくれます。

せっかくの誕生日というチャンスです。1年に1回しかないので、ミスはできません。短い時間でもプロの鑑定士にアドバイスを求めるとよいです。

復縁に強い電話占いはピュアリです。数々の女性を復縁に導いてきた先生たちがいます。

初回10分無料なので、ぜひ利用してみてくださいね。

初回10分無料
復縁成功率98%

誕生日は自然に連絡できるのでおすすめ!

誕生日の連絡

誕生日LINEをきっかけに復縁する方法について紹介してきましたが、いかがでしたか?

それなりに円満な別れ方をしているなら、誕生日LINEを送ることくらいは結構自然なことです。

変に不自然さを感じられることなく、復縁のきっかけをつかむことができるため、誕生日LINEはオススメです。

彼から好感触な返事が返ってきたら、ぜひ会う約束をして復縁のチャンスを待ちましょう。

その際、誕生日LINEはあくまで会うきっかけを作る目的なので、焦ってやり直したいと伝えることはしないようにしましょう。

返事を返してくれたということは、会いたいかもという気持ちが彼の中に生まれていることは事実です。ぜひそんな彼とじっくりと距離を縮めていきながら、復縁できるのがベストですね。

関連記事:復縁占いが当たった!口コミで評判の先生のエピソードを紹介

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。