復縁に手紙が良い理由・悪い理由

次に、「なぜ」を問いかけないこと。悲しい気持ちを表現するとなぜ私じゃだめだったの?など、マイナスにとらえられがちな印象になることがあります。

切ない想いを彼に伝えたい気持ちをここは一旦堪えましょう。最後に、必ず彼と付き合えたことや一緒に過ごした時間に対して感謝の気持ちを入れてください。

別れ際にひどい言葉を投げてしまった場合や取り乱してしまった場合、残念ながら印象が悪いままで残っている可能性があります。

素直に感謝の気持ちや謝罪を伝えることで、払拭できる場合があります。

手紙のデメリット

復縁したい気持ちを手紙で伝える場合のデメリットは、【手間がかかる】ことだけといえます。

あなたが本気で彼と復縁したいと思っているのであれば、いくら手間がかかっても気にならないはず。手間をかけることが復縁成功のポイントとなる理由を次からご紹介していきます。

メールよりも心をこめて文章をかける

手紙の下書き

手紙はメールやLINEと比較して、より良い文を書くことができます。手書きの文字は字のキレイ、読みにくいに関わらず、真剣に書くほど心が現れるもの。

誠実な気持ちを読み手に伝えることができます。手紙の内容には二人の楽しかった思い出や自分の近況を盛り込んでください。

相手が読んで楽しいと思う手紙を心をこめて書きましょう。

残るので、時間差での返信も期待できる

手紙を読む長い髪の女性

メールやLINEと違って、手紙は物体として残るものなので、捨てない限り何度でも読み返すことが出来ます。

手紙を何度か読むことで彼自身、気持ちの整理をつけたり、あなたへの感情の変化が現れる可能性があります。

メールやLINEはすぐ相手に届いていることは自分でもわかりますよね。それが原因で返信がないと気持ちが沈んだり、ネガティブな思いに陥ってしまいます。

何度もメールやLINEを送ってしまい復縁が遠のいてしまう可能性があります。

手紙は時間差での返事が期待できるので、自分の気持ちにも余裕をもって待つ事ができるといえます。

書いているうちに気持ちを整理できる

丁寧に文字を書く女性

手紙を書くには時間がかかります。出すことにも切手を買って貼ってポストにいれる等、メールやLINEよりも手間がかかるものです。

手間がかかるのでできるだけ手紙は書きたくないと思っている人も多いかもしれません。でも、あえて手紙をおすすめする理由は、復縁成功率が高いというからだけではありません。

復縁したいと思う気持ちや、相手に対する想いを書いているうちに、だんだん気持ちの整理がつくことがある可能性が高いからです。

復縁を願っている時、四六時中彼のことが頭から離れずに仕事や勉強も手がつかない…なんて思考に陥っている場合があります。

どちらかというと、ポジティブな思考ではなくネガティブな思考。その状態で復縁を迫ったとしても、その後のお付き合いが果たしてうまくいくのか、不安になるケースもあります。

自分の気持ちを紙に書くことで整理をし、まずは彼への気持ちをポジティブな思考に変換しましょう。そして正直な想いを手紙に託してみてはどうでしょうか

復縁後のお付き合いを想像しながら、付き合っていた時の反省点や彼への感謝の気持ちなどを交えて書いてください。

手紙は復縁に最適

愛の手紙

メールやLINEだと便利過ぎてつい、返信を急かしたり何度も送ってしまいたくなります。

手紙は、返事がこなくても冷静な気持ちで待つ事、正直な想いを彼に真摯に伝えることが出来たという達成感があります。そして自分の気持ちが整理することが可能です。

手紙を出そうと考えている方へ、必ず、下書きをすることをおすすめします。

下書きをして何度も読み返し、彼が読んだらどう思うか、自分の真剣な思いが伝わるのか確認してから手紙を出しましょう。

あなたの真剣な気持ちがどうか、彼に伝わって復縁が成功できますように。

関連記事:復縁占いが当たった!口コミで評判の先生のエピソードを紹介

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。