片思い相手をデートに誘う方法とは?

片思い相手をデートに誘うのは、誰でもドキドキしますよね。女性の方からデートに誘うのでしたら、なおさら緊張してドキドキします。

断られるのが怖くてなかなか一歩が踏み出せないものです。ですが、踏み出さなければ進展はありません。

片思い相手をデートに誘うにはどうしたらいいのでしょうか?今回は、その方法を紹介します。片思い中の女性の方は、是非参考にしてくださいね。

片思い相手をデートに誘う方法とは?

デートには自然な流れから誘う

カフェデートのアップルパイ

片思いの男性をデートに誘うには、自然な流れからデートに誘うようにしましょう。まずは、プライベートの話ができるまで仲良くなっておく必要があります。

そこまで仲良くない女性にデートに誘われても、男性はOKしないかもしれません。警戒してしまい、せっかくデートに誘っても断られる可能性があります。

デートに誘う場合は、あなたの気持ちを悟られないようにして下さい。あくまでも偶然を装った方が、自然な流れでデートに誘うことができます。

例えば、彼の好きなアーティストのライブやスポーツ観戦、見たがっている映画などが効果的です。彼の好きなものの情報を事前にリサーチしておき、デートに誘う口実にすると効果的です。

好きなものが同じだと、会話も弾みデートも誘いやすくなります。デートの誘いもOKをもらいやすくなりますよ。

強引には誘わない

好きな男性と共通の知人

強引にデートに誘うことは逆効果になります。あなたが必至になればなるほど、相手は引いてしまうものです。まだそれほど仲良くなければ、2人でのデートは断ってくるかもしれません。

その場合は、共通の友人を挟んでデートをするといいでしょう。相手はまだあなたに警戒心を抱いているのかもしれません。友人を挟むことで、徐々に打ち解けていけるはずです。

警戒心も徐々に解いていくことができるでしょう。友人に協力してもらって、2人きりになれる時間などを作ってもらうといいかもしれませんね。

相手が女性に慣れていない場合は、2人きりになると口数が少なくなるかもしれません。その時は、あなたから相手について何か質問すると言いでしょう。

ダブルデートであれば、彼も友達カップルに触発されて恋愛モードになるかもしれませんよ。

男性の優越感をくすぐる

男性の優越感をくすぐる女性

男性は、女性に対して優越感を味わいたいものです。優越感をくすぐるような誘い方は、男性はのってくる傾向があります。

例えば、「○○を教えてほしい」などの誘い方は、男性の優越感をくすぐります。人にものを教えることを好む男性は多いのです。

そのときは、相手の得意分野を言うようにしましょう。彼はきっと喜んで応じてくれます。教えてもらっている最中は、「すごい」「さすが」などの言葉を言うと、相手は優越感に浸ります。

ですが、「○○を教えてほしい」という誘い方では、相手にとってはデートにあたらないかもしれません。○○を教えてもらった後は、お礼にお食事誘ってみましょう。

お礼のお食事であれば、たいていの男性は断らないはずです。

お願い事をしてみる

お願いして買ってもらったプレゼント

お願い事をしてみるのも、デートの誘い方として効果的です。例えば、あなたの父親や共通の友達、上司などの誕生日プレゼントを買いに行く目的であれば相手も断りにくいものです。

頼りにされてることを、たいていの男性は喜びます。小さなお願い事であれば、喜んで引き受けてくれるでしょう。

2人きりで出かけることも、お願いであれば何の抵抗もなく受け入れるものです。だんだんと2人の仲を深めていきましょう。

仲が深まっていけば、普通のデートも誘いやすくなり、受け入れてもらいやすくなりますよ。

暇なときに軽めのデートに誘う

ハンバーガーショップで軽めのデート

彼が暇な時に軽めのデートに誘ってみましょう。夜にデートするとなると相手も身構えてしまうものです。近所のリーズナブルなランチ程度であれば、相手の男性も軽い気持ちで応じてくれるかもしれません。

誘う時は、相手が暇な時を狙ってくださいね。男性は一つのことにしか集中できない生き物です。仕事が忙しい相手をデートに誘っても、断られる可能性がとても高いです。

彼のルーティーンを確認する必要があります。暇な時の軽めのランチであれば、付き合ってもらうことができそうです。その時は、ランチだけですむ可能性があります。

強引に誘ってはいけません。またの機会を狙ってデートに誘えばいいのです。焦ると、実る恋も実らなくなってしまいます。

期間限定イベントに誘う

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。