「これは無理だ…」片思いを諦めるべき7つの瞬間とは?

どんなに好きな気持ちが強くても、交際まで発展するかは分からないのが片思いの辛いところですよね。好きな気持ちが大きい人が彼女になれるなら苦労しませんが、現実はそうもいきません。

片思いをしていると、もうダメかもしれないと思いつつも、どうしても諦められないこともあります。頭では分かっていても、気持ちがついていかないのです。

そこで今回は、「これは無理だ…」と思えるような片思いを諦めた方が良いパターンやサインについてまとめました。人の恋愛話だと判断できるのに、自分になると気付かない場合も多いです。

ぜひ参考にして、もしも片思いの彼からこのようなサインがあるという場合は、もう一度考え直してみた方が良いかもしれません。私には必要ないと頑固にならず、一応読んでみて下さいね!

「これは無理だ…」片思いを諦めるべき7つの瞬間とは?

LINEの1つ1つの返信が明らかに遅い

LINEの返信を面倒くさがる男性

最近では、LINEを通じて連絡を取り合う人が多いですよね。昔のように手紙やメール、電話でなくなったとしても、好きな人への気持ちは共通しています。

恋をしていると「もっと話をしたい」と思いませんか?返信がくると嬉しいし、LINEのやり取りをしているととても楽しいと感じます。そういう行動を重ねて、恋愛に発展することも多いです。

一般的に、好きな人に連絡はしたいものです。もしも好きな彼からのLINEの返事が、明らかに遅いと思った時には、脈なしのサインかもしれません。

男性は、女性よりもマメではないから…と思って現実から目をそむけてはいませんか?もちろん、忙しくてLINEの返事を忘れる男性も多いです。

「返事遅れた!」というような気遣いの一言があるか?彼からもLINEが来るか?会話は続けてくれるかをチェックしましょう。会話をすぐに打ち切るようなLINEなら諦めた方が良さそうです。

タイプの女性を聞いたら真逆だった

自分とは真逆のタイプの女性

思い切って好みの女性を聞いた時に、彼の回答が自分と真逆なら脈なしのサインと言えそうです。もちろん、彼の好みに近づいていく中で、彼が意識し始めて付き合うというパターンもあります。

しかしそういう場合は稀なことが多く、大抵は「君は対象外」というようなニュアンスを含んで牽制しています。少しでも恋愛対象に見れるなら、わざわざ真逆のタイプを言ったりしませんよね?

男性の場合、他の女性からも支持をされたい場合が多いので、脈なしな態度を取らない男性も少なくありません。そういう背景でも真逆のタイプを言われたのなら、少し考えた方が良いでしょう。

あなたのことは恋愛対象として見ていないという意味があったり、現在あなたとの恋を全く意識していないからこその言葉です。

挽回のチャンスはゼロではありませんが、彼の印象を変えるのは大変です。自分のキャラクターを変えてタイプに合わせる努力をするよりも、素でいれる次の人を探しだすのもおすすめですよ。

恋愛の話題を振ると「彼女とか興味ない」と言われる

彼女に興味がはないと言われる女性

片思いの彼の恋バナは気になりますよね。今彼女がいるのか、タイプの女性はどんな子なのかなどはもちろん、過去に付き合った女性などどんなことでも聞きたいでしょう。

恋愛の話題を振ってみても「彼女とか興味ない」という連れない態度の彼。「クールでカッコイイなぁ…」なんて、うっとりしていたらどんどん遅れてしまうので要注意です。

彼女には興味ないと言っている時点で、あなたも含めて彼は好きな人がいない状態です。もしかすると、「あなたとの恋愛にも興味ない」と暗に言われている可能性もあります。

通常、少しでも気があれば「じゃあ、付き合う?」と言えるように保険は取っておくものです。「恋愛したいよねー」と話を合わせることも出来るのに「興味がない」とハッキリ言うのは問題です。

あなたとの恋愛の発展は考えていないという意思表示をしていると考えられますので、片思いを辞めるか考えた方が無難です。

悩みを相談すると他の適任者を紹介される

他の人を紹介する男性

恋の発展に役立つことと言えば「共通の悩みや相談」ですよね。相談をしているうちに情が沸いて、付き合うことになったというのはよくある話です。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。