初デートで焼肉はあり?

初デートは、長時間拘束されにくい食事やカフェでのデートが定番です。行くお店やメニューには気を使いたいところです。

初デートだと、選んだお店の雰囲気やメニューが、デートの内容だけでなく判断基準に直結しやすいからです。

味はもちろんのこと、メニューの提供時間が早いか、お店のインテリアが可愛いか、店員さんが親切か、アクセスがいいか。考慮しなくてはいけないポイントは、考えれば山ほどあります。

初デートで焼肉はあり?

網焼きで焼かれた肉

焼肉が嫌いな人はかなり少ないでしょう。また、味としては当たり外れの少ないメニューでもあります。

デートで焼肉に行くという選択肢は、確かに間違ってはいません。しかし初デートということに限って、焼肉にいくことはどうなのか…。

初デートで焼肉は基本的にはNGです。理由は多々ありますがですが、具体的に例を提示しながら、NGな訳を紹介していきます。

会話に集中できない

肉を焼いたり取り分けたりする女性

焼肉に行ったら、最初にサラダを頼むことが一般的でしょう。サラダは大皿でどかんと提供され、小皿を人数分とトングが添えられています。

注文が終わり、ドリンクがきて「やっと落ち着いたかな?」と思われるタイミングで運ばれてきます。もちろん運ばれてきたらどちらかはサラダを取り分ける作業に入るわけです。

絶妙なタイミングで運ばれてくるサラダは、せっかく話そうと思う決意を見事に打ち砕くのです。話し始めていた場合も、見事なほどに話の腰を折るのです。

焼肉は鉄板焼きとは異なり、もちろん焼かれて提供されるわけではありません。自分たちで焼かなくてはならないし、注文したお肉が徐々にぼちぼち店員さんによって運ばれてきます。

必然的に、相手と話しながらお肉を焼かなくてはいけないし、店員さんともコミュニケーションを取らなくてはいけません。

初デートというものは、「相手のことをもっと知りたい!」という気持ちがあるものです。相手のことを深く理解するためには、会話はなくてはならないものです。

大会話をサラダの取り分けやお肉を焼くこと、複数回にわたり訪れる店員さんに妨げられてしまっていいのでしょうか?

せっかくの初デートで会話に集中できないなんて事態は、極力避けたいものです。焼肉に限らず、忙しい食事は初デートには不向きなのです。

気遣いポイントが多い

気遣いに頭を悩ませる女性

サラダは会話に集中できない要因として登場しましたが、他にも難点があります。実はサラダの取り分けには、気を遣わなくてはいけないポイントが多々潜んでいるのです。

どちらがサラダを取り分けるか、また、サラダボールの中に嫌いな野菜が入っていないか…。上に乗っている卵は崩しても大丈夫な人か、奇数個乗っているトマトはどうしようか…。

サラダ1つ注文しただけで、悩まなくてはいけないことが出てきます。いちいち聞くのも億劫だし、でも聞かないと気が利かない人とも思われかねない…。

サラダで気を遣わなくてはいけないなんて、本当に嫌になっちゃいますよね。

どうしても初デートで焼肉に行かなくてはいけない場合は、あえてサラダを頼まないのもいいでしょう。また、取り分けをお任せしてしまうのも上手い選択肢です。

お肉の焼き加減の好みは人ぞれぞれです。赤いのが残っているくらいレアなお肉が好きな人もいれば、しっかり焼き色がつくくらい焼いたお肉が好きな人もいます。

お肉の種類によって焼き加減はもちろん変わってくるし、好きな焼き加減が異なる人もいます。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。