3回目のデートで男性に告白させるには?

3回目のデートは、一般的に大きな節目とされています。それまでは友達関係だった異性でも、そろそろお付き合いを意識し始める人も多いです。

デート相手の男性のことが気になり始めている、もしくはすでに好きなら、なおさら早くお付き合いをスタートしたいですね。

最近では女性から告白することも普通になりつつあるけれど、本音はできれば男性から告白してもらいたいところですよね。今回は3回目のデートで男性に告白させる方法を説明していきます。

3回目のデートの意味合いとは?

LOVEと書かれたオブジェ

初めてのデートは相手のことをよく知るチャンスがたくさんあります。それは相手にとっても同じことで、自分のことを相手に知ってもらう機会でもありました。

2回目のデートでは、相手の知らなかった部分や自分が見せなかった部分を見せる機会もあったはずです。

同時に、相手の魅力的な部分が少しずつ見えてきて特別な存在へと変わってくる頃でもあります。

3回目のデートは、付き合っていない二人にとって初めての節目のイベントです。3回もデートをするということは、すでにお互いがただの友達以上の関係になりつつあることを意味します。

お互いの相性はこれまでの2回のデートでなんとなくわかっていて、相手をもっと知りたいから3回目のデートをするのです。

3回目のデートで二人の関係が変わるかも、と期待することはとても自然なことなのです。

お互いの気持ちの「確認」の意味合いが強い

彼女の話を親身に聞く彼氏

お互いがもっと相手を知りたいと思っているということは説明した通りですが、自分の気持ちについてはどうでしょうか。

一目ぼれをする場合ももちろんありますが、相手のことが好きかどうかは相手をよく知ってからでないとわからないものです。

もしかしたらあなた自身が相手に対する気持ちの自覚がないのかもしれません。

3回目のデートは、相手をよく知ることと同時に「自分の気持ちを確認する」場でもあるのです。でも、自分の気持ちを確認するのに、そう長く時間はかからないはずです。

簡単な質問を自問自答してみることです。それは「彼が他の女の子と会っていたらどう思うだろう」と想像してみることです。それは、相手にとっても同じことが言えます。

お互いが自分の気持ちを再確認したところで、今度は「相手が自分をどう思っているのか」を確認するのが3回目のデートなのです。

3回目のデートで男性に告白させる4つの方法

告白を男性に迫る男性

最近では告白なしで付き合うカップルもいますが、けじめとして告白は必要と考える人がほとんどです。しかし「女性から告白するのはちょっと気が引ける」という人は結構多いです。

やはり理想は男性から告白してもらいたいですよね。そんなときは、男性に告白させる4つの方法でアプローチをしてみましょう。

相手に対する気持ちを他の言葉や態度で間接的に伝えれば男性から告白をしやすい雰囲気づくりを演出することができます。

そうすれば、二人の距離感はぐっと縮まり、告白される可能性が上がります。

好きな気持ちを伝える

斜めがかったハートの箱

好きな気持ちを伝えるといっても、告白するのではありません。あくまでも、遠回しに気持ちを伝えることが大事です。

まずは「今日は一緒にデートができてうれしい」。「すごく楽しみにしていた」というような、デートを心待ちにしていたことを伝えてみましょう。

相手も同じ気持ちだったかもしれませんし、仮に片思いだとしてもそんな風に人が思ってくれていることはとても嬉しいことです。

中には、社交辞令で言っていると思う人もいるかもしれません。そんな人には、「〇〇さんは私にとって特別である」「そう思ったのは〇〇さんが初めて」ということを伝えることがポイントです。

直接的な表現で少し恥ずかしいかもしれません。しかし、言葉で伝えないと人の気持ちはわかりません。また、恥ずかしがっている姿も可愛いと思ってくれるかもしれませんよ。

手をつなぐ

丘の上で手をつなぐ男女

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。