【イルミネーションデート】冬の定番デートの楽しみ方とは?

短い夏は「あっ」という間に過ぎ去り、秋から冬にかけて寒くなるにつれて、気づけば人肌恋しい季節。枯れた木々を揺らす冷たい北風に心まで凍えてしまいそうです。

そんな中、世間ではクリスマスからバレンタインにかけて恋人たちのイベントが盛り沢山です。見慣れた街並みも輝くLEDで美しく彩られる。冬はまさに恋人たちのシーズンなのです。

しかし、落ち込むのはまだ早いのです。チャンスは自ら作り出すものですよね!寒くなるにつれ恋人が欲しいと思う気持ちは、シングルの男女ともに共通の想いです。

輝く街並みを、冬の寒さを、きっかけにして気になる彼・彼女と急接近できるかもしれません!冬の定番と言っても過言ではない「イルミネーションデート」で恋人Getのチャンスを掴みましょう。

イルミネーションデートを成功させるために押さえておきたいポイントをチェックしていきます。

イルミネーションデートを成功させたい?

イルミネーションデートを成功に導く

イルミネーションデートは、女の子が喜ぶ冬の趣味デートの定番!

イルミネーションデートを成功させたいですか?
もちろん成功させたいですよね!相手が喜ぶ顔を見たいですよね!

では実際、どんなデートにしますか?
イルミネーションデートを成功させるために、まずどんな失敗の可能性があるのかを考えてみましょう。

「寒すぎる…早く帰りたい…」
「人が多すぎる…イルミネーションどころじゃない…」
「こんなはずじゃ…イルミネーションが終わっていた…」
「あれ!?これだけ?…思ったより規模が小さかった…」
「レストランが満席だった…ディナー難民に…」
「セクシーな服を選んだあまり、寒さに耐えられない…」
「朝からずっとデートしているので、もうクタクタ…」
「思わぬハプニングで、予定が狂ってプランがグダグダになってしまった…」

ハプニングはつきものですが、こんな失敗を回避するためには、どうすればよいのでしょうか?

イルミネーションデートを成功させるには?

最初に最も大切なポイントをお伝えします。イルミネーションデートというと、屋外でイルミネーションを眺める時間がメインのように思われるかもしれません。

しかし、その考えは失敗の元です。ご存知のように冬の夜、屋外は非常に寒いです。凍えるような寒さに耐えるような状況では、ロマンチックな気分に浸ることは難しいのです。

料理で例えるならば、イルミネーションはメインディッシュではなく、非日常を演出するためのスパイスなのです。

そこを勘違いして、イルミネーションが見えるベンチに二人で座り、長々と話をするようなデートは計画しないでください。移動の出発地点から、目的地の途中にイルミネーションがあることが理想です。

例えば、レストランで食事をして会話が弾み、良い雰囲気になったとします。その後、イルミネーションを見ながら散歩するようなコースで考えてみましょう。

ポイントは二人の緊張がほぐれて「良い雰囲気になった後」というところです。良い雰囲気を引き継いだまま、ロマンチックな非日常の空間にはいりこんでほしいのです。

そうすれば二人の間に、恋人のような雰囲気が漂い、お互いの気分も高まることで、距離をグッと縮められるのです。

寒さで凍えてテンションが下がる前に、手をつなぐなり、告白するなり。それぞれの勝負に挑みましょう。

イルミネーションデートとは、まさに「短期決戦」なのです。
来る短期決戦に備え、幾つかの作戦をご用意しました。

イルミネーションデートの作戦

<初級編>

手をつなぐ作戦

人気のイルミネーションスポットが混雑している場合、さりげなく手を繋いで、エスコートしましょう。「さりげなく」というのが大切なポイントです。

<中級編>

ポケットの中で温め作戦

相手が寒そうな仕草を見せたら、手をとって「手が冷たいね!温めてあげる~」という流れで両手を使って手を温めてあげましょう。

この作戦の場合、あなたの手が相手の手より暖かいことが前提となります。二人とも手が冷たかった場合、手を繋いだ状態でコートのポケットに入れて温めるという作戦に移行してみるのはいかがでしょうか?

<上級編>

マフラーのカップル巻き作戦

長めのマフラーであれば、二人で巻いて仲良く温まることもできます。腰を引き寄せて密着して歩く、強引さが求められる作戦となります。

喫煙者のマフラーは、タバコの臭いが染み付いてしまっている場合が多いです。逆効果にもなりかねないので、ファブリーズするなどして防臭対策をお忘れなく。

バックハグ作戦

イルミネーションを見ている時、彼女が寒そうな仕草を見せたら「温めてあげる」という名目で、後ろから抱き締める作戦です。この作戦にも多少の強引さが求められます。

バックハグは、身長差があればあるほど包容力を演出できるので有効です。

イルミネーションデートの誘い方

「気になる人とイルミネーションデートしたい。けど、どうやって誘ったらいいんだろう?」
「断られたらどうしよう」

恋人のようなロマンチック内容を連想させるイルミネーションデート。断られて、この先気まずくなったらどうしよう…不安が募りますよね。

「イルミネーションを見に行こうよ」

ストレートに伝えた場合、相手にどんな印象を与えるのでしょうか二人?
おそらく、相手もロマンチックな雰囲気のデートを想像しますよね?

「友達のように打ち解けた関係」
「自分に好意を持っていそうな相手」
「断られる可能性が低そうな場合」

上記のような場合には、「イルミネーションを見に行こうよ」とストレートに誘ってもOKです。そのほうが、好意を持っていることを事前に相手に伝えることができるため、むしろ一石二鳥です。

「今回のデートがはじめてのデート」
「また知り合って間もないので、お互いのことをよく知らない」
「相手のテンションが低いので、断られる可能性が高い相手」

上記の場合には、「今度、ご飯食べに行こうよ」が一番安全な誘い方となります。
なぜかわかりますか?

「イルミネーションを見に行こうよ」では、相手への下心が見えすぎて警戒されてしまわないとも限りません。

「食事のお誘い」の方がイルミネーションデートへの誘いよりもデートへの意識が低いです。なので、断られる確率を自然と低くすることができます。

「食事のお誘い」にYesと言ってもらえたら、イルミネーションスポットの近くにあるレストランを予約しましょう。とても自然な流れでイルミネーションデートへ誘導することができますね。

イルミネーションデートの事前準備

イルミネーションデートの事前準備

ロマンチックな非日常を演出するスパイスは、イルミネーションだけではありません。相手への思いやりにあふれた事前準備こそが、ロマンチックな演出を成功させるのです。

では、具体的に何をすればいいのでしょうか?
はじめにお伝えした失敗の可能性を極力潰していくことが事前準備のカギとなります。

無理のないデートコース

午前中からデートをしているような場合には注意が必要です。「ずっと一緒にいたい」という気持ちはよくわかります。

しかし、夜遅くなることがあらかじめわかっているイルミネーションデートの場合、待ち合わせの時間は、遅めが無難です。

もし、長時間デートになる場合には、歩き回るコースは避けて、映画館やプラネタリウムなどの疲れにくいコースを選びたいですね。

混雑回避

イルミネーション特集で大々的に紹介されている人気スポットに行った場合、陥りがちな失敗です。特に週末の夜など混雑しそうなタイミングは避けた方が良いかもしれません。

混雑を逆手にとって、さりげなく手を繋ぎ、上手にエスコートする自信があるのであれば、全く問題ありません。

車デートの場合には、渋滞や駐車場の満車も予想されます。抜け道や駐車場の事前確認は必須ですね。

点灯時間の確認

噴水や音楽などとコラボレーションするような豪華な演出がある場合、上演スケジュールが決まっていることが多いものです。年末なので、うまくタイミングを合わせれば、サプライズ演出も可能です!

クリスマスシーズンなどは特別営業時間などが設定されている場合があります。正確な情報を集めて上手に利用しましょう。イルミネーションを見る場合には、消灯時間にも注意が必要です。

地方都市などで、早いところでは21時には消灯してしまうところも少なくありません。レストランの予約時間や移動時間、帰宅時間も計算してスケジュールを決めましょう。

会場の規模

写真では大規模に見えた景色も、実際に行ってみると想像より小さかったなんてことで、がっかりしたくないですよね。

使用されている電球の数を目安に開催の規模がどのくらいなのかを事前に確認しておきましょう。並木道などをイルミネーションで飾っている場合には、大体の距離を確認しておきましょう。

数10メートルの規模だと、ロマンチックな演出をする間もなく通過してしまうかもしれませんよ。

「使用電球数の数」
「会場全体の距離」
「見どころとなるメインのイルミネーション」
「座って話せそうな場所」
「寒すぎる場合の避難場所としてのカフェやレストラン」

上記のようなポイントとなる情報はあらかじめ押さえておきたいですね。

レストランの予約

特別なデートにしたいのであれば、レストランはあらかじめ予約しておくべきでしょう。夜景が綺麗なレストランなら、ロマンチックな雰囲気がさらに高まります。

人気のレストランは、事前の予約すらできないことも多いものですよ。デートの日程とイルミネーションスポットが決まったら、レストランの予約をしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。