デートDVとは?

配偶者やパートナーに暴力を受けたという被害報告は2015年の段階で5万件を上回り、今も増え続けています。

このような家庭内で起きる全ての暴力をドメスティックバイオレンス(通称:DV)と言います。

そして最近では、このDVという言葉は、配偶者やパートナーから暴力を受けた時に使用するのが一般的になっています。

DVは身体的な暴力のみならず、精神的、性的、経済的など色んな種類の暴力全てを指します。これは人権侵害であり犯罪です。

そのためDV防止法という法律も制定され、保護措置をとることも可能となりました。世間でDV防止の動きが強まっているのです。

しかし、大人だけでなく高校生や大学生などの若いカップルにも、交際相手から暴力を受けている人が増えてきています。これはデートDVと呼ばれ、DVと同じく大変深刻な社会問題の1つです。

デートDVは多感な時期の若いカップルの間で起こるため、恋人に嫌われたくない、離れたくないという思いが一層強いのです。そして、暴力を受け入れてしまう被害者がとても多いです。

そこで今回はこのデートDVとは具体的にどんな暴力のことを指すのか、そしてそこから抜け出すためにはどうしたらいいかについて解説していきます。

デートDVとは?

暗がりにある椅子

DVをする人間は暴力を振るった後、異常に優しくなったり自虐的になったりする傾向があります。もう二度としない、愛している、許してくれなどと言って情に訴えかけてくるのです。

大切な人にそんな風にされると、多くの人は次こそはやめてくれると期待し、この人には自分しかいないのだと許してしまうのです。しかし、DVによる暴力はそれでは終わりません。

反省したかと思いきや、その後も事あるごとにイライラし始め、また暴力を振るいどんどんエスカレートしていくのです。

そんなサイクルを繰り返していくうちに、被害者は暴力後の優しい健気な相手に依存するようになります。そして自分が気を付ければ良い関係でいられると暴力を受け入れ関係を続けてしまうのです。

DVは愛情ではありません。相手を支配しコントロールする手段でしかないのです。

特に若いカップルの間で起こるデートDVは、好きな気持ちが先行して喧嘩の延長線上だと我慢してしまう人が非常に多いです。

好きだけど怖い
辛いけど一緒にいたいから我慢している

交際している上でそう感じているのであればそれはデートDVです。殴られたり蹴られたりするだけが暴力ではなく、嫌な思いや怖い思いをさせられていたらそれは暴力なのです。

『自分はDVを受けている』という自覚を持たなければ、そこからはなかなか抜け出せません。まずどんなことがデートDVになるのか、そこから見ていきましょう。

身体的暴力

女性に暴力をふるう男性

暴力と聞くと、多くの人が想像するのがこの身体的暴力です。殴ったり蹴ったりするのはもちろんのこと、髪を引っ張ったり胸ぐらを掴んだりするのも立派な身体的暴力です。

また物を投げつけたり、引きずり回したりするのもこの身体的暴力にあたります。

他にもタバコの火を身体に押し付ける、無理やりアルコールを飲ませる、刃物で傷つける、熱湯や水をかけるなどもそうです。このように加害者が被害者に身体的苦痛を与えるもの全てが身体的暴力となります。

ゆえに傷や跡が残っていなかったとしても、本人が痛みを感じそれに苦痛や恐怖を感じたのであれば、それは身体的暴力なのです。

精神的暴力

女性に暴言を吐く男性

精神的暴力については特に本人も相手も暴力として認識していない場合が多いですが、これもれっきとした暴力の1つです。悪口を言われたり罵声を浴びせられたりして傷ついたことはありませんか?

また怒鳴られたり、無視されたり、命令されたりしたら誰だって嫌な思いをします。これも精神的暴力の1つです。他にも大きな音を立てて威嚇したり、SNS等で誹謗中傷したりするのもそうです。

そして精神的暴力となるのは、このようにあからさまなものだけではありません。行動を逐一チェックしたり、携帯を毎回確認したり、人間関係を制限したりすることも本人が苦痛だと感じれば精神的暴力です。

これらは悪気なく当たり前のようにしてしまう人が多いので注意が必要です。たとえ自分が苦痛を感じない行為であっても、相手が嫌がっていればそれは暴力なのです。

これらは愛しているからこその行為と受け取られやすいため、愛されているのだから我慢しようと思ってしまう人も多い暴力の1つです。

性的暴力

ベッドで横たわる女性

愛する人との性行為は本来であればとても幸せなものです。しかし相手を思いやり、大切にする気持ちを持っていなければ暴力になりうるのです。

例えば相手の気持ちや体調を考慮せず性行為を強要したり、性行為中に傷つけたり嫌がることをさせたりするのは性的暴力です。

また無理やりいやらしい本や映像を見せたり、カメラ等を使って性行為を撮影したりするのもそうです。そして避妊をしなかったり、中絶をさせたり、売春をさせたりするのも間違いなく性的暴力です。

特に女性にとって妊娠、出産はとてもデリケートでな問題です。にもかかわらずそれを弄ぶように性的な暴力をふるうことは決して許されることではありません。

性的暴力は女性にとってものすごい苦痛であり、大きな精神的ダメージも与えるものなのです。

経済的暴力

無造作に置かれた万札の束

2人が交際をしていくにあたり、お金が必要になる場面は多々あります。その時にいつも自分だけがお金を払っていることはありませんか?

またお金を貸したのに全く返す気配が感じられなかったりしませんか?

そのような金銭的ダメージを負わせるのも暴力の1つです。また2人で生計を立てているのに自分は働かなかったり、あなたを無理に働かせたりするのも同じように経済的暴力です。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。