振られた片思いの男性への連絡はやめるべき?

振られた片想いの男性へ連絡すべきかどうかというのは、自分ではなかなか判断がつかないものです。諦めたくない気持ちが強ければ、我慢できずに変わらず送り続けてしまう人もいるでしょう。

しかし、連絡の仕方によっては、振られた片思いの男性に余計嫌われてしまう場合もあります。この先も彼と良い関係を築いていきたいなら、どうすべきか慎重に考える必要があるのです。

まずは、振られた片思いの男性へ連絡をやめるべきか否かを考えてみましょう。続けたいのであれば、ぜひこれから紹介することを参考にしてみてください。

振られた片思いの男性への連絡はやめるべき?

冷却期間を置いて連絡

冷却期間

今後どうするかに関わらず、振られたのならすぐの連絡はNGであり、最低でも最初の1ヶ月はすべきではありません。自分のためにも相手のためにも、冷却期間をとるようにしましょう。

冷却期間をとることは、何より自分にメリットがあります。

自分の気持ちと向き合い、整理する時間をとらなければ、前に進むことができず、後悔する原因にもなるからです。まずは、冷静になることを何よりも優先してください。

振られたからといって全てが終わったわけではありません。この先も片思いの男性を想い続けるか、新しい恋を探すか、自分で答えを見つけて一歩を踏み出さなければなりません。

冷静になることができなければ、正しい選択ができず後悔することになります。片思いの男性にさらに悪い印象を与えたり、嫌な思いをさせてしまったりすることもあるでしょう。

振られた直後というのは誰だって冷静な判断はできないものです。後悔しない選択をするためにも、彼とは連絡をとらずに自分の気持ちとと向き合う時間を作りましょう。

彼から連絡がくるのがベスト

彼からの連絡

振られた片思いの男性との連絡は、彼の方からくるのを待つのがベストです。相手が今後も連絡を取りたいと思っているかどうか、確認できてからにするということです。

連絡がくるということは、今後も連絡してOKの意思表示になります。関わりたくない相手に自発的にコンタクトをとってくることはまずないからです。

彼が連絡をとりたいと思っているのなら、拒む必要はありません。今後は自分から送っても問題はないでしょう。少しずつ関係を修復し、新たな絆を築けるはずです。

しかし、彼が連絡を取りたくないと思っているのに、自分から送ってしまえば、嫌悪感を強めてしまう可能性もあります。嫌われるリスクが伴うということです。

これ以上、マイナスな印象を持たれたくないのであれば、まずは様子見をするのが安全です。今後どう行動するかは別として、しばらくは彼から連絡が来るのを信じて待つことをおすすめします。

彼からの連絡の場合は内容に注意

彼からの連絡

振られた片思いの男性から連絡が来たら、誰だって嬉しいはずです。諦めずに恋人になるチャンスを掴むためには、彼からの自発的なコンタクトはプラスと捉えていいでしょう。

しかし、安心してはいけません。彼から連絡が来たとしても、恋愛対象として見てない可能性もあります。

ただ彼から連絡がきたというだけでは、遊び相手として見ているだけかもしれないからです。妙に馴れ馴れしくしてくる場合は、おそらく遊び相手として連絡しているだけでしょう。

一度遊び相手として認識されてしまえば、交際に発展する可能性は余計低くなります。連絡を取り合えても、望んだ結果にはならず、さらに心の傷が深くなるだけです。

振られた後に彼から連絡があったからといって、安易に喜んではいけません。幸せな恋愛を望んでいるのなら、内容に注意してください。

最初は当たり障りのない連絡をする

当たり障りのない連絡

振られた片思いの男性との連絡は、最初が肝心です。重すぎる返信をしてしまえば相手を困らせてしまい、余計に気まずくなってしまうからです。

最初は重すぎず、返信に困らない当たり障りのない内容で連絡にするようにしましょう。

たとえば、「最近どう?」などの問いかけは返答に困ります。誰でも振った相手というだけで、受け答えには気を遣うため、重みや幅のある内容には頭を抱えてしまうからです。

まずは、テレビ番組についてなど、誰でも気軽に答えられるような無難な内容で会話をしましょう。

仲を深めるための濃い内容の会話は、振ったばかりでは重すぎて相手の負担になってしまうのです。

返信がこないときなどは潔く諦める

来ない連絡

振られたにもかかわらず、いつまでも好きでい続けることは、自分にとっても相手にとっても良いことではありません。見切りをつけて潔く諦める強さを持ちましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。