片思いでやきもちを焼いてしまう理由と対処法とは?

片思い中には、いろいろな感情を抱くことがあってつらい思いをすることは多いでしょう。

特にやきもちを焼いてしまったときのつらい気持ちは耐えがたいですよね。片思いをやめたくなるくらい嫌な思いをすることも多いはずです。

ですが、やめようと思ってやめられるほど、片思いの気持ちは簡単なものでもないのも事実でしょう。

人はどうして、片思いでやきもちを焼いてしまうものなのでしょうか。そして、やきもちでつらい感情を抱いてしまったときにはどうすれば良いのでしょうか。

今回は、片思いでやきもちを焼いてしまう理由と対処法についてまとめてみました。

片思いでやきもちを焼いてしまう理由と対処法とは?

長い片思いで想いが強すぎる

長い片思いをする女性

まず、片思いでやきもちを焼いてしまう一つ目の理由としては、長い片思いで想いが強すぎることがあげられます。

片思いの気持ちは、日を増すごとに強くなっていくのが自然です。相手のことを長く想っているわけですから、楽しい感情もつらい感情もすべて上乗せされていきます。

楽しい感情だけであれば良いのかもしれませんが、やはり片思いは楽しいことばかりではありません。脈ありなのか、脈なしなのか、悩んできたつらい気持ちもあるでしょう。

そのため長く片思いの気持ちを抱えすぎると気持ちが強く、そして重くなります。するとささいなことでも過剰反応してしまって、やきもちを焼いてしまいやすくなるのです。

他の女性に取られたくない対抗心

他の女性へのライバル意識

他の女性に対して取られたくないという対抗心も影響している場合もかなりあります。片思い中は、当然恋人関係が成立しているわけではないので、彼は誰を想おうと自由です。

他の女性がアプローチをかけてきても、反則ではないのも事実です。だからこそ、他の女性に彼が取られてしまうのではないかといいう焦りに駆られてしまうのです。

特に彼の周りに女性の友達がたくさんいるときは大変ですよね。いつ他の女性が彼のことを好きになるのではないかと、常に焦ってしまうところはあるでしょう。

無意識に束縛している

彼を束縛する女性

彼のことを無意識のうちに束縛してしまっている人も多いでしょう。片思い中でも、その片思いの気持ちが強すぎたり、好きでいる時間が長すぎたりするときに起こりがちです。

片思いの気持ちをつのらせすぎると、無意識のうちに彼のことが自分のもののように錯覚してしまう場合があります。

また、脈ありで良い雰囲気になっていると、既に両思いだと思って独占欲が働いてしまうこともあるのです。

確かに明らかに自分のことを彼が意識しているだろうと分かっているときに、他の女性と話していたらもどかしいですよね。

恋人関係にはまだなっていなくても、やきもちを焼いてしまうことはかなりあるでしょう。片思い中でも無意識のうちに彼のことを束縛してしまうことは、意外にも結構あることなのです。

対処法とは?

自信があるならデートに誘う

デートの誘い

では、片思い中にやきもちを焼いてしまってつらいときはどうすれば良いのでしょうか。まず、やきもちを焼いてしまうのは、どこか自分に自信がないところが否めないからです。

確かに片思い中は、恋人関係ではないので、彼の気持ちが自分に向いてくれないという不安はあります。

でも、「両思いかも」という思いを少しでも持っていて、自信があるのなら、行動を起こすことで不安を消すのが一番です。

自信があるなら、彼をデートに誘ってみましょう。デートを通してお互いを意識し、付き合うことになるパターンは多いです。付き合うことができれば、たいていのやきもちは消えるものです。

彼の気持ちが自分に向いてくれないかもしれないとウジウジ悩んで、他にやきもちを焼くより、行動を起こすことが大切です。

やきもちは自分で生み出した嫌な気持ちなので、解消することができるのも、最終的には自分しかいないのです。

やきもちを焼いてつらいときは、まず彼が自分のことを好きでいるのかどうかをよく考えてみましょう。

冷静に判断してみて、彼があなたのことを好きかもしれないと思えるのなら、思い切って付き合うために一歩を進めみましょう。そのことでやきもちが消える可能性はかなり高いです。

彼女ではないことを言い聞かせる

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。