動物園デートの楽しみ方と注意点とは?

行楽シーズンのデートとして定番なのは、動物園と言っても過言ではありません。 動物達も活発になる時期です。

白熊、カピバラやレッサーパンダにコアラなど。可愛い動物達に触れ合える機会もあり、大人子供関係なく楽しめちゃいますよね。

今回は盛り上がる動物園デートの楽しみ方と注意点についてお届けします。可愛い動物たちには危険がいっぱいかも?

動物園デートの楽しみ方

2匹のレッサーパンダ

動物園の楽しみといえば、やっぱり可愛い動物達に会える事です。動物達と触れ合える事、えさをあげたりなどたくさんあります。

動物が好きな男性も多いので、動物を見て癒されたり、喜ぶ方も多いですよ。ただあなたが平気でも、相手が匂いに敏感で動物臭が苦手だという方もいます。

臭いの対策はバッチリして行く方が良いでしょう。気分をスッキリさせるミントガムや、タブレットなどを準備していくのをおすすめします。

好きな動物についておしゃべり!

立ち話をするカップル

男性は動物になんて興味ないのでは?と思われる方も多いでしょう。いいえ、それは違います。実は男性は大型動物が大好きなのです。

童心に返り、ゾウやライオン、キリンなどを見て目を輝かせる男性は少なくありません。デート前には興味なさそうにしていた彼も、実際に動物を見たら目を輝かせるはず。

もちろん、あなた自身が楽しむ事も大切です。自分の好きな動物を相手に話す事で、一緒に楽しむ事が出来ますよ。動物園とはそういう場所なのです。

動物にえさをあげたり、実際に触る

カラフルなインコ

動物園の一番の目玉と言えば何だと思いますか?普段TVでしか見る事が出来ない動物のえさやりや、実際に触る事が出来るのです。

動物にえさをあげる時、緊張してドキドキした経験ってありませんか?大型動物も可愛い動物も、食べる時ってとっても迫力があるんですよね。

大人しいイメージのあるキリンはエサを与える時、紫色の長い舌が伸びて来たりとか。のんびり屋な印象の強いカバなんて、えさを早くくれと言わんばかりの大きく開けた口が迫力満点です。

動物に触れるコーナーは各動物園によって異なります。フクロウなどのかっこいい猛禽類や、可愛らしいうさぎやモルモットなどに触れる事でとても癒されます。

NG行動は動物に怯えてしまう、香水をつけることです。動物の嗅覚は人間よりとても優れています。香りの強い香水を付けてしまうと動物から嫌煙されてしまうかも。

嗅覚同様、動物の感覚は人間のよりもとても鋭く敏感なのです。動物と接する時は臆せず接する事を心がけて下さいね。

彼と一緒にえさやりや動物と触れ合う事で、一緒に楽しむ事が出来ますし良い刺激にもなります。是非とも積極的に体験してみましょう。

併設のアトラクションを楽しむ

動物の観覧車

動物園によって子供向けなどの小さな遊園地があります。大人向けではありませんが、観覧車などカップル向けに設置されているものもありますよ。

実は男性は女性と違って、絶叫系が苦手な方が多いという事実はご存知でしたか?絶叫系が苦手な方でもいける乗り物は多いので、気軽にOKしてもらえるはず。

子供の頃を思い出して、彼に楽しんでもらえる事間違いありません。あなたも彼と一緒に子供の頃の気持ちに戻って、時間を忘れてはしゃいでも良いかも。

動物園グルメを楽しむ

パンダのラテアートがされたカプチーノ

動物園ならではのパンダ弁当など、園にいる動物をモチーフにした食べ物が売っています。食べるも良し、写真に撮るのも良し、ブログに掲載するも良しです。

持ち込み可能な動物園もあるので、手作り弁当を持っていくのもありです。連休だと子供連れで混雑して、レストランに入れないという事はよくあります。

動物園ではゆっくり出来ない可能性を想定し、ハンバーガーやサンドイッチなど手軽な食べ物が喜ばれますよ。食べ物が痛まない様に、保冷剤を準備しておいた方が良いでしょう。

お土産屋さんで盛り上がる

動物園のお土産

デートの記念として、帰る前にお土産屋さんに行く事をおすすめします。家族や友人、職場の人にお土産を買って行くのも良いでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。