平日のブライダルフェアの7つの特徴とは?

平日でも試着会をしている場合は、かなり有意義な試着会となります。土日は多数のカップルがいるので、試着できるドレスにも限りがあります。

しかし平日であれば、数組のカップルしかいないので試着会もほぼ無制限です。ウエディングドレスにカラードレスも試着が可能です。

また男性もタキシードを着て、二人で記念撮影もすることができます。これも平日の試着会だからこそできるメリットです。

希望によっては和装も試着できる可能性があります。和装の試着はドレスの倍ほど時間がかかります。平日だからこそ時間をかけられるので、試着可能としている場合もあるでしょう。

色んなスタッフと話せる

ブライダルフェアにいる専門スタッフとの相談

平日のブライダルフェアは、各スタッフにも余裕があります。土日は婚礼や多数のカップルの来場のため、手が空いていないスタッフも平日は対応ができるのです。

そのため、普段は話すことができない専門スタッフとも話す時間があります。より専門的な質問をすることができるので有意義な時間となるでしょう。

例えば、料理にこだわりのある人はプランナーではなくシェフに相談したいですよね。そんな時にはシェフが相談会に顔を出して話しをしてくれます。

具体的な食材やメニューの相談までできるので嬉しいですよね。またどこまで融通が利き、どれほどの対応をしてくれるのかも確認できるでしょう。

他にも、花にこだわりのある人は装花のスタッフ。ケーキにこだわりのある人はパティシエ。写真にこだわりのある人はカメラマン。

各専門のスタッフと濃密な相談ができます。これは土日ではできないことでしょう。平日という余裕のある時間だからこそ具体的な相談が可能なのです。

プランナーの熱意が増加する

ウエディングプランナーの本気の接客

平日は来場するカップルは少ないです。プランナーも1日1組しか対応しないことが多いでしょう。そうなると1組にかける熱意が増加する傾向があります。

結婚式場側は平日に来場してくれた数少ないお客様を逃したくはありません。時間をかけてでも成約してほしいと願います。

良くも悪くも情熱を注いで接客してくれます。最後の相談会にかかる時間は土日であれば1時間程度。しかし平日であれば2時間程度にもなるでしょう。

もしデート感覚でブライダルフェアに参加するのであれば、平日の参加はおすすめできません。しかし真剣に式場選びをしている人にとっては有意義な時間となるでしょう。

サンプルやお土産はないが割引が増える

ブライダルフェアのお土産

土日にはブライダルフェアの参加特典が多くあります。引菓子のサンプルやミニブーケがもらえることも多いです。

しかし、平日のブライダルフェアは規模が小さいため、あまりお土産はありません。提携店の出店もないので、指輪やハネムーンの割引券ももらえないことが多いでしょう。

その分、平日のブライダルフェアは成約特典が大きくつきます。ブライダルフェアに参加した日に成約すると、大きな割引がつきます。

「平日成約特典」という割引名で、見積もりから数十万円も割引になることがあるのです。またケーキやドレス1着プレゼントという特典などもつく場合があります。

成約特典は、成約前であれば調整できるものです。もし成約を検討しているのであれば「平日成約特典」についてあらかじめ詳細を聞いてみると良いでしょう。

平日だからこそ特別に対応してくれることは多いので、有効に平日利用をしてください。

平日のブライダルフェアは小規模なため濃密

小規模でも大満足なブライダルフェア

土日のブライダルフェアには、土日ならではのメリットがあります。大規模で盛大な体験会となっているので、結婚式のイメージもつきやすいでしょう。

しかし平日のブライダルフェアには、平日ならではのメリットがあります。小規模で少人数だからこそ、希望が通りやすいことも多いのです。

土日の参加が難しい人。また平日の参加が可能だという人。ぜひ一度平日のブライダルフェアに参加してみましょう。

今まで見えなかった結婚式場の詳細を見ることができ、有意義なブライダルフェアとなるでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。